« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

イタイ思い

今日、出勤途上、ターミナル駅でJR線に乗り換えようと階段を昇っていたら、足があがりきらなかったのか、昇りきったところで思いっきり転んでしまいました。

中学生のころ、交通事故で傷めたこともあって、あまり丈夫でない「左ひざ」を、思いっきりぶつけてしまいました。けがの程度は特段腫れたりしている様子はなく、2センチ四方をすりむいただけのようですが、ジワジワと痛みが続いております。

それにしても、まわりでみんな見ているなか、恥ずかしいやら、痛いやら。おまけに、せっかく修繕してもらったばかりのズボンに、また穴があいてしまいました。ある意味、こちらの方が痛いっす。
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

あ、そうそう。転んだ時、落っことした携帯を拾ってくれたおばさん、ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月27日 (日)

ロケット打ち上げ成功

昨日の話になりますが、H2Aロケットの打ち上げ、成功してよかったですね。

H2Aロケット7号機、打ち上げ成功…衛星を分離(読売新聞)

インターネットで中継してましたが、見ました? 私は宇宙話が結構好きなので、見ましたよ。リフトオフして、光がグイグイ上昇していく様を見て、興奮しましたねぇ^^。日本のロケット打ち上げは2003年6月に失敗して以来だそうです。これを機に日本の宇宙開発がまた進むといいなぁ。「情報収集衛星」なんて軍事衛星はいらんけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年2月21日 (月)

風邪その後…

金曜日に引いた風邪らしき症状ですが、結局、37度前後の微熱があり、土曜日は仕事を休み(とはいえ病休ではなく、翌日曜日に出勤するための代休)、一日中、家で寝ながら本を読んで過ごしていました。

そのおかげか、微熱は平熱に戻ったのですが、それと引き替えに今度は左耳の下(リンパ腺?)が痛み出してきました。

で日曜日、仕事で小金井市に行ったものの、その痛みがずーーーっと取れずじまいで、いやな感触を抱えながらのお仕事でした。

今日になって、その痛みもやっと取れましたが、おなかの具合だけは、元に戻らず。いつも大飯食らい(「無駄飯食らいダロ!」という声もあり)なのに、食欲も大してわかず、少し食べると、すぐ腹に来るんですよね。そんなわけで、しょっちゅうトイレに行っております。

あーやだやだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月18日 (金)

どうも朝から

お腹の調子が悪く、何度もトイレに行ってました
最近何か拾って食べたわけでもないしなあ、と思っていたら、昼過ぎになってさらに頭の奥がじわじわ痛み出してきました
どうやら風邪を引いたようです。風邪なんて滅多に引かないんだけどなあ。馬鹿だし^^;

ともかくやっと仕事が終わりつつあるので、さっさと帰っておとなしく寝ます
日曜は出勤することになったし、明日も一日寝て過ごすことになりますね。でも、洗たくしなきゃ着るものがないなあ。泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月16日 (水)

明け方の地震

夜中から今まで、友達と電話で長話をしていたんですが(ちょいと必要がありまして)、午前5時前になって急に大きな地震を感じました。

あわてて電話のこちらと向こうで、テレビをつけて、速報に見入ってしまい、「お互い反応が速いなあ」と電話口でうなずきあってしまいました(テレビ電話じゃないので顔が見えたわけじゃないんだけどさ)。ニュースによると、地震の震源は茨城県南部、最大震度は霞ケ浦の近くで震度5弱だったようです。私と友達が住んでいる地域は、震度3でした。

ニュースで見ると、コンビにでは商品が棚から落ちて散らばっているのが、映し出されています。うちも本棚から本があふれかかっているので、ちょっとアブナイです。

それにしても、明け方の地震って、普段以上に大きく思えて、こえぇなぁ。
((((((((゜Д゜;;))))))))ガクガクブルブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月13日 (日)

資本の循環

今日は「東京学習会議」の『資本論』第2巻講座の第2回でした。今日から本編に入るわけです。第1篇の講師は石原洋介氏(大学講師)、私と同い年の若手研究者で、ご専門は国際経済論だそうです。

『資本論』第2巻は副題が「資本の流通過程」といって、「資本」の運動全体の中で、生産過程とともに構成部分を占める「流通過程」を研究の対象にします。構成は3つの篇からなります。ある資本は、前貸しする貨幣で生産要素(生産手段と労働力=「労働」ではないことに注意)を購入し、これらを使って商品を生産し、その商品を売って貨幣(当初前貸ししたよりも大きい額の)貨幣を手に入れる――という運動を行うわけです。これを記号を使って表すと、

G(貨幣)―W(商品:生産手段Pmと労働力A)…P(生産過程)…W’(剰余価値を含む商品)―G’(剰余価値を含む貨幣)

となります(上の図で「―」は流通を表し、G―Wは貨幣が同価値の商品に交換されることを意味します)。そして資本は、これを繰り返して運動しています。記号で表すと、

G―W…P…W’―G’・G―W…P…W’―G’・G―W…P…W’―G’・G―W(以下略)

ですね。第1篇「資本の循環」は、この運動の過程を、流通の角度から研究するわけです。(生産過程の分析は、すでに第1巻で行っています)

これに対して第2篇「資本の回転」は、資本が循環を繰り返して利潤(厳密には、この段階では「剰余価値」なわけですが)を生産し続ける過程(これを回転といいます)を研究します。そして第3篇では、これまで個別の資本の運動だけだった研究の対象を、社会全体の資本の「総体としての運動」に広げて、それが生産を繰り返す(再生産)条件を研究するわけです。

今日は、その第1篇のうち、第1章「貨幣資本の循環」を勉強してきました。貨幣資本の循環過程は、ある一定額の貨幣を循環させることで、W(=Pm+A)、P、W’という段階を次々に経過して(ここで資本が運動のなかで経過していく段階としてのPを「生産資本」、W’を「商品資本」と呼びます)、より大きな価値に増殖する、という資本の循環の目的と結果を表します。それによって、この「ある一定額の貨幣」は「資本」という性格を持っているわけです。この一連の過程を次々に経過して運動する資本を「産業資本」と呼びます。

第1章は、大雑把にいうとこういう内容です。ところで、資本の循環過程は、繰り返しを通して見ると、
  貨幣資本の循環G―W…P…W’―G’ 【これを「G…G’循環」と呼びます】
  生産資本の循環P…W’―G’・G―W…P 【同様に、「P…P循環」】
  商品資本の循環W’―G’・G―W…P…W’ 【同様に、「W’…W’循環」】

という、3つの側面を併せ持っていることが分かります。これを分析するのが第2章「生産資本の循環」、第3章「商品資本の循環」です。長くなるので(ていうかすでに長い)省略しますが、この2つの循環過程は、再生産の過程を前提条件として含んでいます(「G…G’循環」は含んでいません。つまり循環が終わったところで撤退してもよいわけです)。ここで再生産のためにはW’はGに転化しなければなりませんが、この資本が無事再生産を行うためには、W’が必ずしも最終消費者に購入される必要はありません(別の資本家でも、商人でもよい)。言葉を変えれば、”商品が自分の手から売れれば、後はとりあえずよい”わけです。こうして商品に対する「現実の需要」から「外観上の需要」が乖離していくのですが、実は、ここに恐慌の重要な基礎があるのです。

「商品資本の循環」は、生産された商品が出発点となり、さらに流通過程をへて次の生産過程を準備するため、社会的に見た場合は商品の資本家と労働者への分配と消費(による労働力の再生産)を循環の内部に包含することになるので、どうしたら次の循環過程が無事に開始できるか、という問題を含むことになります。そのため、「W’…W’循環」は社会的総資本の考察に適した形態となります。経済学の歴史では、古典派経済学の初期の学者、フランソワ=ケネーの「経済表」がこの循環を考察しており、マルクスはこのことをケネーの「偉大な真の見識を示す」ものだと評価しています。ちなみに、マルクスの「再生産表式」も、この視点を受け継いでいますね。(その話はそのうち^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月12日 (土)

「最近ハマった本」

左側を見てお分かりのように、「最近ハマった本」のコーナーを設けてみました。本を買うのは好きだけど、あまり読み進めない(したがって本棚は未読の本がたまっていく…)私がのめりこんだ本を、ちょろちょろと紹介していきます。まぁ、グータラでテキトーな私のやることなので、かなり分野は狭く、追加ペースもかなり遅いと思いますが。

興味を持った方は、表紙をクリックしてみてください。

はぁ、それにしても最近、漫画ばかり読んでいるなぁ。_| ̄|○
いかんいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月 9日 (水)

サッカー

見てた方、楽しかったですか? それとも悔しかったですか?
最終予選の第1戦、終わりましたね。

私の職場の友達でも「日本が勝ってよかったね」と言う方がいましたが、私は別にどちらが勝とうが構わないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 5日 (土)

合コンの振興に関する特別措置法

「ごうこん」と打ったら、「合コン」としっかり変換されるんだね。驚き。

先週は休日が吹っ飛んで、そのまま遠い所に出張で出かけていたので、週休と代休を連続して取って、自宅で留守中に届いていたメールを読んだり、ぼーっとしたりしております。「いつものことダロ」ってゆーな^^!!

そしたら、加奈さんとおっしゃる方から、「合コンしませんかぁ?」というお誘いのメールをいただきました。(文面は下のリンク先とまーーーーーったく同じなので、そちらをご覧ください^^)

そんな頃、私の知らない間に、「合コン特措法」なる法案が通常国会で緊急上程⇒可決⇒成立する見通しとなっていたことが判明しました!! ヤヴァイ!!

詳しくは、こちらをどうぞ。

「合コン」って、学生時代、サークル(合唱団)で「設定したから参加するように」と言われたことがありましたが、何故かあーゆー雰囲気って苦手なんですよね。当時、異性と話すのがものすごーく苦手で(今もどちらかというと苦手ですが)、1,2回参加したことはありますが、その後は「用事がある」と言って、逃げ回っておりました。まわりから見れば、「異性と知り合うチャンスなのに、逃げるなんて、お前は何なんだ?」と思われたでしょうが。

そしたらいつの間にか、参加の通達は来なくなりました。まぁ、そんなもんだ。

「2次元か?」と思われる方が、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません、多分^^;。

注:上の「合コン特措法」は、リンク先の方による妄想なので、よい子は絶対真に受けちゃダメだぞぉっ^^!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらすぞーの日々

えー。2月に入って、しばらく遠い所へ出張していたため、ご無沙汰していました。(「もともと更新ペース遅いんだから同じじゃん」というツッコミは禁止します^^)

さて、そんな間に、たくさんメールが来ていたんですが、そのなかにまたSPAMがありました。独り暮らしを始めたばかりの里奈さんからです。

Received: from hoge (FNAfa-02p5-203.ppp11.odn.ad.jp [219.66.84.203]) by ums517.nifty.ne.jp with SMTP id j0VHDAFw007001 To: 【注:私のアドレス】 X-Mailer: Easy DM free Message-ID: <20050131.1632380109@rina_mail_kiss-yahoo.co.jp> Date: Tue, 01 Feb 2005 01:32:38 +0900 From: Subject: 書き込み見てメールしました。

先月、引っ越ししたばかりで初めての一人暮らしだし
寂しい&怖い(・Θ・;)毎日を過ごしてます。
今、友達と里奈のどっちが早く彼氏見つけられるか競ってるから
今日だけでもいいから里奈の彼氏になって欲しい。。。場所は何処でもいいから☆
今からこのサイトに来て欲しいんだけど無理ですか?
もちろん登録に費用かからないから心配ないよ☆
http://jellybean.hosting-geomax.jp/secret.php?pr=123456
掲示板にいるから連絡先の交換してね♪会いに行くよぉ~☆

IPアドレス検索によると、送信元は
>日本
とだけ分かりました。どーやら、

海外割当のIPアドレス範囲のうち、日本国内で使用されている事が弊社の調査で判明しているIPアドレスについては、「日本」と判定されます。

ということのようです。
それにしても
>今、友達と里奈のどっちが早く彼氏見つけられるか競ってるから
そんな理由で彼氏探すなっての^^!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »