« 久々に「資本論」講座の話 | トップページ | 出勤途中で鬱が出る »

2005年5月16日 (月)

友達の結婚

これもまた昨日の話ですが(またかよなんて言わないで^^;)、学生時代、サークルでいっしょにのたくってた同期の友達♂が7月に結婚することになり、結婚パーティーの実行委員会(正確には、そのための打ち合わせ会合)に行ってきました。

彼は学校を卒業後、教育関係のボランティアをしながら教師をめざし、苦節ウン年の末にやっと昨年、念願の教師になりました。お連れ合いは何でも、そのボランティア活動のなかで出会って、数年にわたるお付き合いを続けてきたそうです。←彼女が昨日、そう言ってました。彼は私たち学生時代の友人連中が集まった宴会でも、ずーーーーっとそ知らぬ顔をしていたくせに^^。

学生時代、サークルで会議をやったら、「来る」と言ったまま行方をくらまし、後で部室に「ごめんっ」とのみ――「のみ」だ!!――書き置きしてチーズ入りフランスパンを残していくは、学習会をやったらB4判わら半紙に3行だけ単語を書いて、「レジメ」だと抜かすは、腕相撲が強くて、後にさらに強い後輩が入ってきたときに、勝負して負けて落ち込むは、………と、さまざまな「伝説」に事欠かない友人です。みんなで呑んだ時などに「教師になりたい」という話をしていたものの、教員試験の倍率が極めて厳しいなか、しばらく団体職員の道に進みましたが、やがて、アルバイトをしながら受験をめざす道に戻っていきました。

教員に対し、行政が統制のための厳しい圧力を加えていて(最たる例が東京都)、「子どもたちの目線で、子どもたちと向き合う」という姿勢を貫くことは大変な昨今ですが(もちろん教員の一部に、資質に問題のある人々がいることは事実でしょうが、それは統制によって解決される性質のものではないのではないか、と私は思っています―本題から思いっ切り外れるのでこれだけにしますね)、彼は「子どもの目線で」という姿勢に努めていました。ボランティアでもそうだったようで、会合でもそんな話が出ていました。彼女もそういうところに魅かれたのでしょう、多分。

私自身、これから7月にかけて、仕事が忙しくなるので、準備過程でどこまで手伝えるかきわめて不安なのですが、できるだけのことをしたいと思っています。

それにしても、私が友人の「結婚を祝う会」などの準備に参加するのは、これで6組目か7組目になります。今から8年前、準備に初めて参加した時(前記の彼や私も参加していたサークルの同期同士による結婚)は、なぜか実行委員長まで務める羽目になり、もう大変でした。

………なのに! 私自身はな~~~~~~~~んも音沙汰がない!! 気配すらない!!! いやむしろフラレ続き!!!! 何ゆえ?

……………………まぁ、それは私のこの粗暴でエーカゲンで優柔不断な、そのくせコチコチに固い性格に起因するところが(泣)

まあ、いいんだ^^;。いいんですっ(ちょっと涙目)。とにかくH氏、おめでたう。

当日は、数々の「伝説」を全部バクロしてやる^^;。ふっふっふっふ(こういうところがイタイのやね^^;)

|

« 久々に「資本論」講座の話 | トップページ | 出勤途中で鬱が出る »

コメント

わたしの知る限り
「粗暴」…ではありませんよね。

それより、「おれは、こうだっ!」ぐらいの
部分がもう少しつけたされてもいいのかも! しれませんヨね。

投稿: osaka | 2005年5月17日 (火) 午前 12時50分

ども。
「こうだっ!」と言えるものがあればいいんですけどねぇ、それがなかなか………。
「ちょっといいかな」と思う相手がいても、お互いのタイミングが合わなくて(単に“空気が読めない”だけかもしれませんが^^;)、告った時には遅かったり、ひどいとすでに嫌われてたり……。
誰かいませんかしらね? あははは^^;。

投稿: かわうそ | 2005年5月19日 (木) 午前 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/4159722

この記事へのトラックバック一覧です: 友達の結婚:

« 久々に「資本論」講座の話 | トップページ | 出勤途中で鬱が出る »