« 高尾山に行ってきました | トップページ | 増税なんて! &都議選 »

2005年6月13日 (月)

資本の「遊離」

ミハイロコフ…………。

いきなり外しますた。ごめんなさいm(__)m。(漫画『プラネテス』ネタ←ほんとヲタクやね)

さて(見なかったかのように)、「資本論講座」(第2巻)も、昨日(12日)でもう6回目、第2篇「資本の回転」も次回で終わりです。今回は「労働期間」と「生産期間」、「生産期間」と「通流期間」との関係、資本の回転と前貸し資本の運動との関係などについてです。資本が1回の回転を行う総時間は<生産時間>と<流通時間>に分かれますが、前者はさらに<労働時間>と<労働過程が中断する時間(ここで「中断」とは、自然的な発酵や乾燥など、生産過程に必要な中断を指します)>とに分かれます(図示できれば一目瞭然なんだけどな……)。

一定の時間(1年とか1月とか)に資本が回転する数を<回転速度>(3カ月で1回回転する資本は年4回の回転速度)といいます。回転速度は生産時間や流通時間の長さ、固定資本と流動資本の構成によって変わりますし、生産時間や流通時間が延長(短縮)されれば、回転速度は当然低下(上昇)します。機械設備の使用は生産時間を短縮させるとともに、固定資本の総量を増大させます。見方を変えれば、資本の集積や信用制度の発達は巨額の固定資本導入と、それによる生産時間の短縮を可能にし、それによって資本の回転時間の短縮(したがって回転速度の上昇)をも可能にします。

一方、流通時間は、その大部分がW’―G’(商品生産物の販売)の時間です。販売に要する時間が長くなれば回転速度は低下します。販売時間の差異は生産地と市場の距離、交通・輸送手段の発達程度によって生じますが、これらの発達は回転時間を短縮させ、一方で回転時間の短縮が生産と市場の集中を促します。こうして資本主義的生産の進歩は、商品流通時間の短縮を促し、それとともにますます遠い市場(さらには世界市場)を拓く必然性を作り出します。

マルクスはここで、資本の回転時間が価値増殖に及ぼす影響を考察し、資本の回転によって、資本の循環から貨幣資本が周期的に「遊離」(遊休)すると結論付けました。マルクスはこの「遊離」した貨幣資本が、前回登場した固定資本の補填準備金とともに、信用制度で利用される貨幣資本の源泉になると考えたのです。マルクスは資本の生産時間と流通時間の大きさをさまざまに変化させたモデルをいくつも検討し、いくつかの特定の場合を除いて「通例、資本の遊離が生じる。そしてその大きさは資本主義的生産の発展とともに増大する」という結論に達したのです。

マルクスの戦友エンゲルスは、マルクスが“すぐれた代数学者だったが、実務的計算、とくに商業実務的計算には不慣れだったあまり、あまり重要でない事情に過分な重要性を見出した”として、マルクスの計算を追跡し、“資本の遊離はいつでも生じるものだ”と訂正しました。とにかく、こうして資本の回転が(通例)貨幣資本を遊離させるというのが、大方の理解なわけです。

ところが最近になって、貨幣資本の「遊離」を「成り立たない議論だ」とする疑問が出されました。不破哲三氏の『「資本論」全3部を読む』④(新日本出版社)です。不破氏は、生産と流通が連続するモデルを示し、マルクスの考察は「資本の回転の特殊なタイプ」を事実上一般化する「錯覚」だと結論づけました。ライン化されて生産と流通が連続的に行われている現代的な工場の姿を想像すれば、確かに“生産を全部終えてから、まとめて流通に出る”というマルクスのモデルは無理があるかも……というわけで、面白い疑問提起だと思いました。

これに対し、この講座の講師を務めておられる辻岡靖仁氏は、不破氏の指摘について“歴史的経過を抜きに’錯覚’というのは言いすぎではないかと思うが、資本主義的生産の拡大という歴史的傾向としては、不破氏の指摘の方向にならざるをえないだろう”、つまり資本主義的生産の発展段階の違いとして理解すべきものという見解をのべておられました。(ここで紹介した辻岡氏の見解は、講義を聴いた私かわうそのまとめによるものです)

私自身は、マルクスが研究した当時も、例えば機関車製造資本と、糸製造資本とでは資本の回転の仕方も違っていたわけで、前者ではマルクスのモデルが、後者では不破氏のモデルがそれぞれ妥当だったろうと思うのです。もちろん資本主義的生産の拡大や集積、さらに信用制度の発達もありますから、発展段階の違いという面もあるとは思いますが、生産物の性格(分割できる商品体かどうかなど)や規模などによって区別する方が自然なのでは……という印象を持ちました。そうした意味では、“マルクスの’錯覚’”という不破氏の指摘は“言いすぎ”かな………と感じているのですが、ご興味とご関心がおありの方々は、どのようにお考えになるでしょうか?

またもや、果てしなく長くなってしまいましたね…………OTL

|

« 高尾山に行ってきました | トップページ | 増税なんて! &都議選 »

コメント

かわうそさん。
むずかしいこと考えすぎです。

脳みそにお花畑を。

投稿: ばぶ | 2005年6月15日 (水) 午後 08時09分

> ミハイロコフ…………。
すまん。たったいま気がついたよ。

アルバチャコフ…………。
とゆーことだね。

あるいは
アンドロポフ…………。
(以下略)

投稿: kiddy | 2005年6月22日 (水) 午前 05時14分

わぁ… キレイなお花畑だぁ!

最近、友達が「学習会で報告しなけりゃならないが、チンプンカンプン」というので、参考用に大雑把なメモをつくって渡しました。役に立っているとよいのですが。

ところで、アルバチャコフさんって、名前を聞いたのは短かったような気がしますが(無知なだけ)、最近はどうしておられるんでしょうかね?

投稿: かわうそ | 2005年6月22日 (水) 午前 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/4540460

この記事へのトラックバック一覧です: 資本の「遊離」:

« 高尾山に行ってきました | トップページ | 増税なんて! &都議選 »