« またもや沖縄米兵の事件 | トップページ | ぼーっと…… »

2005年7月 5日 (火)

静岡空港の建設で土地強制収用へ

静岡空港の建設に向けて、国土交通省が土地を強制的に取り上げる(収用)ための「事業認定」を行ったそうです。

NEWS@nifty:静岡空港を強制収用へ(共同通信).

また収用ですか。成田、羽田、中部、関西に国際空港があって、伊丹、名古屋には国内線用の空港があるわけです。関西ではさらに神戸空港や、琵琶湖空港を造ろうとしているわけでしょう。そのうえ静岡に空港を造って、一体どうしようというんでしょうか? 利用のめどなんて立つんでしょうか? 空港の建設費なんて、はんぱな額じゃないんですよ?

土地の強制収用では先日書いた圏央道問題でも、あきる野市、八王子市で道路建設に抗議する住民の住宅や、トラスト運動地を取り上げて、問題になっています。こうした「公共事業」を推進する根拠となっている「経済効果が大きい」「利便性が大きい」という議論をきちんと吟味して、事業が本当に必要なのかただして、必要性がうすいもの、建設しなくても何らかの代替ができるもの、当面急ぐ必要がないものは、きちんと撤回あるいは延期して、住民と再検討すべきではないでしょうか。

|

« またもや沖縄米兵の事件 | トップページ | ぼーっと…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/4838747

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港の建設で土地強制収用へ:

« またもや沖縄米兵の事件 | トップページ | ぼーっと…… »