« ご無沙汰してしまいました&郵政問題をめぐって | トップページ | 「会社猫」 »

2005年8月28日 (日)

消費税率引き上げへ?

総選挙を前に、政策面では郵政民営化ばかりが取り上げられていますが、選ばれる衆院議員は任期が2009年夏までなのだし、税制のあり方とかいろいろあるでしょう……と思ってたら、このような発言が与党首脳から出ましたね。

NEWS@nifty:消費税率引き上げへ武部幹事長(共同通信).

 自民党の武部勤幹事長は28日午前、フジテレビの報道番組で、将来の社会保障費の財源を確保するため2007年度に消費税率を引き上げる方針を明言した。党のマニフェスト(政権公約)が「2007年度をめどに消費税を含む税体系の抜本的改革を実現する」としていることについて、司会者から「消費税を上げるということか」と問われ、「それはそうだ」と認めた。[2005年08月28日 16時00分]

自民党の政策には、

19年度(注:「平成」です=2007年度)を目途に、社会保障給付全般に要する費用の見通し等を踏まえつつ、あらゆる世代が広く公平に負担を分かち合う観点から、消費税を含む税体系の抜本的改革を実現する。

とあります。でも、なぜ消費税なんでしょうね。3年ぐらい前に減税した高額所得者の所得税とか、もういっぺん増税しないんでしょうか。その前に、「広く公平に負担を分かち合う」ってのが、「?」です。以前、このブログに移行する前のサイトの”つぶやき”コーナーに書いたんですが、消費税は所得が低い人ほど、負担が重くなる「逆進性」を持っています(平均消費性向や所得の関係など、マクロ経済学の公式を使えば、ごく簡単なモデルはすぐにできます)。例えば税込み年収350万円程度の私と、今度の選挙で広島あたりから出るという何たらモンとかいうオニイサンとの間で、どういう風に「負担を分かち合う」のが公平なんでしょうね。別に私と比べなくてもいいんですが^^;、ほぼ同世代で、年収300万円ない人もいっぱいいます。そして、前回の記事でふれた個人消費の担い手の大半は、こういう人たちなんですから、私は、高額所得者の負担を低所得者に比べてより大きくする(累進性を強化する)方向の方が、消費税を増税するより、ずっと公平なのではないかと思うのですが、どうなんでしょう?

|

« ご無沙汰してしまいました&郵政問題をめぐって | トップページ | 「会社猫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/5675458

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税率引き上げへ?:

« ご無沙汰してしまいました&郵政問題をめぐって | トップページ | 「会社猫」 »