« 寝違えた…… | トップページ | イタイ話 »

2005年10月17日 (月)

NEWS@nifty:小泉首相、靖国神社を参拝…昇殿・記帳せず(読売新聞)

小泉首相が今日、靖国神社を参拝しました。

NEWS@nifty:小泉首相、靖国神社を参拝…昇殿・記帳せず(読売新聞)

 小泉首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。首相は就任以来、年1回の参拝を事実上の公約としており、今回が5回目。内閣の最重要課題である郵政民営化関連法が14日に成立したことを踏まえ、17日からの靖国神社の秋季例大祭に合わせて参拝に踏み切った。
 首相は、本殿には昇らずに拝殿前の参拝にとどめ、記帳もしなかった。国内外の批判などに配慮し、「私的参拝」の色彩を強めたと見られる。
 しかし、靖国参拝中止を求めてきた中国、韓国は強く反発しており、今後の外交日程にも影響が出そうだ。
 グレーの背広姿の小泉首相は午前10時過ぎ、公用車で靖国神社に到着した。同12分ごろ、拝殿の前で一礼した後、さい銭箱にお金を入れ、30秒間ほど手を合わせた後、再び一礼した。献花料や玉ぐし料は出さなかった。
 過去4回の参拝は、モーニングか羽織はかま姿で、本殿に昇って祭壇に一礼していた。「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳し、私費で献花料も納めていた。
 従来の参拝形式を変更したのは、「公式参拝」との批判をかわす狙いなどがあると見られる。
(中略) 小泉首相は17日昼の政府・与党連絡会議で、「内閣総理大臣・小泉純一郎としてではなく、一国民として心を込めて参拝した。二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で祈った。今日の日本があるのは、心ならずも戦場で散られた皆さんのお陰だという気持ちだ」と語った。中韓両国との関係に関しては「アジア諸国との関係は未来志向で進めたい」と述べた。

首相の靖国参拝に対して、内外から批判があがっているほか、経済界やアメリカからも懸念の声が出ています。

NEWS@nifty:近隣諸国との関係悪化、経済界に懸念も…首相靖国参拝(読売新聞)

 経済同友会の北城恪太郎代表幹事は「我が国の国益を損なう恐れがあることを認識し、近隣諸国に理解を得るための外交努力が行われることを望みたい」とし、日本商工会議所の山口信夫会頭も「日中、日韓関係は極めて重要なので、外交ルート等を通じて改善に全力を挙げて欲しい」とするコメントを発表した。

NEWS@nifty:参拝に困惑深める米政府(共同通信)

 【ワシントン共同】米政権内には、日本と近隣諸国との関係悪化は米国の利益にならないとの認識が定着しつつあり、日中、日韓関係の一段の冷却化を招く小泉純一郎首相の靖国神社参拝強行に困惑を深めることは必至だ。ヒル国務次官補は先月、「日中、日韓の良好な関係が米国の国益に根本的にかなう」と議会で証言。小泉首相に対し、外交の優先課題として中韓両国との関係改善に取り組むよう促した。[2005年10月17日16時50分]

しかもこの日は、高裁としては初めて参拝について憲法判断した大阪高裁の判決が確定しています。

NEWS@nifty:靖国参拝の「違憲」確定へ(共同通信)

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝をめぐる損害賠償請求訴訟で、高裁段階で初めて「参拝は違憲」と判断した9月30日の大阪高裁判決が18日午前零時、台湾先住民らの原告、国側の双方とも上告せず確定。小泉首相の靖国参拝を違憲とする判決の確定は昨年4月の福岡地裁に続き2例目。上告期限は、原告と被告の国、靖国神社は14日だったが、判決文の受け取りが遅れた小泉首相は17日になっていた。[2005年10月17日 16時25分]

首相は参拝のさい、記帳も、昇殿もせず、献花料・玉串料も出さなかったとのことですが、これは内外の批判・懸念を「考慮」したためでしょうか。しかし、問題は昇殿するかしないか、記帳するかしないかではなく、どんな形であれ参拝自体にあると思います。

あの神社の目的は、首相が言った「不戦の決意」を示すことにあるのではなく、日本の戦争を“自存自衛、アジア解放の正しい戦争だった”として、「殉国の英霊を慰霊顕彰する」(遊就館パンフレット)ことにあります。

小泉首相は今年6月の衆議院予算委員会で、「(靖国神社の考え方は)政府と同じものではない」「戦争責任は日本にある」と答えました(この時の一問一答を報じた「しんぶん赤旗」6月3日付)。であれば、やはり日本国を代表する立場の首相が靖国神社に参拝すべきではないと思います。

|

« 寝違えた…… | トップページ | イタイ話 »

コメント

靖国神社参拝については、違憲判決はされていません。
先の大阪高裁の場合も、首相の靖国参拝に関する賠償請求は棄却しました。よって、違憲判決はだされていません。
ただそのあと、大谷正治裁判長が傍論で、違憲であると判断しただけです。マスコミは、違憲判決が出されたと、イメージ操作していますが。
判決と判断は違うものです。

投稿: あおい | 2005年10月18日 (火) 午後 03時03分

TBありがとうございます。

確かに最高裁は憲法判断に踏み込んでいません(司法消極主義)。
しかし、「傍論」とはいえ、違憲性を指摘せざる終えない問題、異例のやり方でも訴えざるを得ないものと判断する裁判官がいるというのは確かであり、そのイメージ以上にその重要性が伺われますね。
小泉総理とそれを押す自民党の靖国に対する
対応は「憲法」という「装置」そのものに対する挑戦だと思います。9条、平和の問題に矮小化できないなぁと感じています。

アジア諸国の反応に対して、反発を覚える方がいるのはわかりますが、靖国(だけじゃありませんが)の先にある「闇」を冷静に見る必要があると思うのですが。

投稿: まなぶ | 2005年10月18日 (火) 午後 07時07分

んんん。
>まなーぶ。

裁判所はいつも政治家や行政の行動に違憲とは言わないので、今回も違憲とは言わなかったけど、それでも、あえて苦言を言いたくなるほど目に余る行動だったということですか?

投稿: ばぶ | 2005年10月19日 (水) 午前 12時49分

言うべきではないけど、言わざるを得ないって感じかなと。

投稿: まなぶ | 2005年10月19日 (水) 午前 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/6444204

この記事へのトラックバック一覧です: NEWS@nifty:小泉首相、靖国神社を参拝…昇殿・記帳せず(読売新聞):

» 小泉首相が靖国参拝にこだわる理由 [◆木偶の妄言◆]
小泉首相が靖国神社を参拝した。 公人にあたる人物の靖国神社参拝についての僕の考えは、「未来に続く靖国問題」、「靖国参拝の不思議(上)」、「靖国参拝をどうするのか? 」「(補稿)靖国参拝をどうするのか?」などで縷々語ってきたので、繰り返さない。ここでは小泉首相が靖国神社参拝にこだわる理由を考えてみる。 僕はもともと小泉首相自身には靖国参拝に対する思い入れはないのであろうと推測する。 2001年の総裁選で票田である遺族会向けに8月15日の参拝を「公約」。国会答弁で靖国参拝を何度も明言し... [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 午前 10時51分

» 「平和願う」小泉首相の意識と行動… [暁を撃て!]
というわけで本日小泉首相はいきなり靖国神社を参拝しましたね。前回曲がりなりにも靖国関係のコラム書いたんですから、これにも触れなきゃいけないでしょうとやる気エンジン空ふかし。しかし靖国問題について総合... [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 午後 01時06分

» 遺族として靖国参拝反対 [アッテンボロー]
 実は私の叔父が戦没者である。叔父の魂は靖国にはないというのが親族の多数意見だ。 [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 午後 09時26分

» 小泉首相 靖国参拝 [Keep the Red Flag]
小泉首相が今日、靖国神社に参拝した。今までと違って本殿には上がらず、お賽銭投げて頭下げるだけで帰った(神道形式はとらなかった)らしいが、いくら参拝の形を変えても靖国神社を参拝したことの意味はいささかも変わるものではない。 むしろ、九月に大阪高裁で出された違憲判決が確定したあとだけに、「公式参拝」への批判を免れようと表面だけをつくろったとの印象を与えるが、それは邪推だろうか。いずれにしても、靖国神社の宗教行事である秋の例大祭をわざわざ選んで参拝したのだから、その政治的宗教的意味あいは、八月十五日の参... [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 午後 10時41分

» 続・靖国参拝) 小泉に外交ビジョンはあるのか [Keep the Red Flag]
小泉総理の靖国参拝により、いまや日韓関係、日中関係は最悪の状況になった。 中国が日中外相会談を取り消したのに続き、韓国の潘基文外相は十九日、自らの訪日について「現在の状況では、適切でない」と表明。十二月に予定されていた日韓首脳会談についても潘外相は「推進することが適切かどうかすこし考えなければならない」と述べ、再考する考えを示した。日本では、中韓両国もいずれおとしどころを探らざるを得ないだろう、との楽観的見通しも出ているが、青瓦台(韓国大統領府)がこの問題をどれだけ重視しているかは、ウェブサイ... [続きを読む]

受信: 2005年10月19日 (水) 午後 08時38分

» 隣人が不愉快だと言っている。 [“WHEREABOUTS”  by E.Sugawara]
小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005101701001061 ※参考  「靖国神社問題」(Wikipedia)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%80%8...... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 午後 10時38分

« 寝違えた…… | トップページ | イタイ話 »