« 04年度、不払い残業226億(共同通信) | トップページ | 石原知事の国連発言、都議会は「不問」に…… »

2005年10月 5日 (水)

コンパクトフラッシュ賛歌(というほどでもないわな…)

デジカメやPCなど、さまざまな場面でお世話になっている、メモリーカード。今一番、枚数が売れているのは、SDカードなんですって。へぇ~~。

NEWS@nifty:[市況]SD連合がシェア65%で圧勝、メモリーカード規格対決、買い得なのは?(BCN)

 まず、規格別販売枚数シェアではSDカードの圧勝だ。「SDメモリーカード」と「mini SDカード」の合計で実に64.9%。現在の日本で最も売れているメモリーカードはSDカードという結果になった。
 SD カードは、SanDisk、松下、東芝の3社が共同開発したメモリーカード規格。小型で薄く著作権保護機能もあり、デジカメや携帯オーディオをはじめとするさまざまな分野で対応製品が多い。大容量化が進むと同時に高速転送の製品なども増え、ムービーカメラの記憶媒体としても使われ始めている。miniSD カードはSDカードをさらに小型化したもの。その小ささを生かして携帯電話の外部メモリーとして多く使われている。また、カードアダプタを装着することで SDメモリーカードとして使用することができるため、「普段は携帯で、必要になったらデジカメで」などの使い方も可能だ。

で、2位はメモリースティックでシェアは14.4%、3位はxDピクチャーカードの11.2%………なんですって。私がデジカメ(ニコンD100)で使っているのはコンパクトフラッシュなんですが、こちらは4位でシェアは6.8%しかないそうです。意外。

機器の小型化が著しい昨今、今となっては大ぶりのサイズはかなりのハンディキャップになっているようだ。

………とのこと。まあ、確かに小型化している機器には大き過ぎるという点はありますけど、コンパクトフラッシュって厚くて丈夫で、ちょっと落としたくらいなら大丈夫と、私には大変使い勝手がいいんですよね。
だって、SDカードにしても、メモリースティックにしても、薄くて、何かの拍子にパキッ!と折れちゃいそうなんだもの。そう考えると、どうも安心できないんですが………。そう思いません? 私だけですかしらね?

|

« 04年度、不払い残業226億(共同通信) | トップページ | 石原知事の国連発言、都議会は「不問」に…… »

コメント

わたしもCFカードが一番売れていると思っていました。

投稿: osaka | 2005年10月 5日 (水) 午後 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/6255301

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトフラッシュ賛歌(というほどでもないわな…):

« 04年度、不払い残業226億(共同通信) | トップページ | 石原知事の国連発言、都議会は「不問」に…… »