« 「国連憲章信じてるバカはいない」だって? | トップページ | コンパクトフラッシュ賛歌(というほどでもないわな…) »

2005年10月 4日 (火)

04年度、不払い残業226億(共同通信)

労働者を残業させながら、残業代を払わない、いわゆる「サービス残業」というのが横行しています。昨年度、残業代が支払われた分だけでも、226億円にもなるんですね。

NEWS@nifty:04年度、不払い残業226億(共同通信)

 全国の労働基準監督署の是正指導で、2004年度に100万円以上の不払い残業代(割増賃金)を支払った企業は1437社で、支払総額は計約226億1000万円に上ったことが、30日、厚生労働省のまとめで分かった。前年度は1184社計239億円で、指導を受けた企業数は増えたが、金額はほぼ同水準だった。まとめによると、支払い対象となった労働者は約16万9000人で、1人当たりの平均支払額は約13万円。[2005年09月30日 17時25分]

「サービス残業」は労働基準法37条に違反する犯罪行為(6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金=同法119条)で、事業主が責を問われます。ですので、会社員の方々(男性も女性も老いも若きも)、安心して請求しましょう^^

…と、ここまではいいのですが、実は、その裏で、とんでもない構想が出ているのをご存じでしょうか。それは、日本経団連が6月にまとめた「ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言」(PDFファイル)で、これは要するに、ホワイトカラーについては、労働時間の規制を取り払うというものなんです。

提言でのべているのは、具体的には、①新商品等の研究開発、情報処理システムの分析設計など「現行の専門業務型裁量労働制の対象業務」に従事する人は、年収に関係なく全員②それ以外の「法令で定めた業務」か「裁量労働業務」に従事する人は、月給制で年収400万円以上――という人を労働時間の規制対象外にする、というものです。
こんなのが実際にやられたら、残業代どころか、ただでさえ欧米より長い総労働時間が、もっと大変なことになりますよ。過労で倒れる人、「過労死」させられる人も、今の水準じゃすまなくなるんじゃないでしょうか。経団連も、よーもまあ、こんなとんでもない「提言」を出すわなあ。

マルクスは『資本論』第1巻の第8章「労働日」で、資本家が労働者の(例えば1日分の)労働力を買った時、資本家ができるだけ長く働かせたいと求めること、労働者が労働時間を標準的な大きさに制限したいと求めることは、どちらも商品交換で確認された権利であり、そこから労働時間をめぐる資本家と労働者の闘争が現れる、そして標準労働日が両者の「内乱の産物」だと指摘しました。そのうえで、標準労働日(及びそれ以外の自分の自由時間)を守るためには、労働者が結集して、自分たちの生存を守る立法措置を勝ち取らなければならない、と強調しました。

こーゆー日本経団連の提言なんて、もう『資本論』の世界そのままですよ! これがどんな形で具体化されるかは、これからの問題ですが、その時に、それを拒んで「自分たちの時間」を守るのか、それとも易々と受け入れてしまうのか、問われることになると思います。

|

« 「国連憲章信じてるバカはいない」だって? | トップページ | コンパクトフラッシュ賛歌(というほどでもないわな…) »

コメント

かわうそさんも、お体お大事に。

ほどほどに。セーブしてください。

どの世界でも過労はありますから。

会社は一人ぬけてもたいしたことないんですよ。

自分の身は自分で守りましょう。お互いに。

投稿: かわうそ【編集注:実記筆者とは別人です】 | 2005年10月 5日 (水) 午前 01時50分

お気遣いいただき、ありがとうございます。
ほんとに、お互いに体調はセーブしましょう。それから残業代は出てますか?
「自分の裁量で働く」なんて名目で、実態は「仕事が終わらず、帰れない(ToT)」なんて目にあわないように。壊されちゃ、殺されちゃ、たまりませんからね。

ところで一つお願いです。
他人のページに来て、そのHNをかたるのは、やめてください。(もともと「かわうそ」というHNを使っている方だったら、ごめんなさい。でも、その場合は、その旨、記しておいてください)

投稿: かわうそ(実記筆者) | 2005年10月 5日 (水) 午前 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/6254398

この記事へのトラックバック一覧です: 04年度、不払い残業226億(共同通信):

» 平成16年度賃金不払残業は約226億円 [社会保険労務士 小島 博]
 厚生労働省は平成17年9月30日に、監督指導による賃金不払残業の是正結果を発表 [続きを読む]

受信: 2005年10月 5日 (水) 午前 08時29分

» 日本経団連がホワイトカラーエグゼンプションの早期導入を要求! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
日本経団連は、13日、「労働契約法制に対する使用者側の基本的考え方」を発表、この中で、ホワイトカラーエグゼンプションの早期導入を強く求めた。ホワイトカラーエグゼンプションについては、前にも書いたが、サービス残業を合法化するとんでもない政策だ。最近、サービス残業について、企業が厳しく取り締まられ、また、従業員への支払をさせられていることに対抗した動きだという見方もできよう。 日本経団連の�... [続きを読む]

受信: 2005年10月14日 (金) 午後 11時49分

» ホワイトエグゼプションって? [ささやかに大志を抱け]
『ワールド ビジネス サテライト』(TV TOKYO系/月~土23時) で、「残業代ゼロの時代が到来?!」という特集が放送されていました。 ホワイトカラーエグゼプションって? 日本経団連の「ホワイトカラーエグゼプションに関する提言」 がどうもことの発端... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 午前 09時21分

« 「国連憲章信じてるバカはいない」だって? | トップページ | コンパクトフラッシュ賛歌(というほどでもないわな…) »