« 消費税10%なんて冗談じゃない | トップページ | 増税キタ―――(`O´)―――!! »

2005年11月 6日 (日)

米軍再編反対、横田基地撤去で「包囲行動」

5日に米軍横田基地のそばで行われた「横田基地包囲行動」に参加してきました。先週の週間天気予報だと雨が降るかもなどといわれていたので、当日晴れてよかったです。yoko 写真は横田基地の西側で接する国道16号線を歩くパレード(というかデモ)のようすです。それから下は「共同」と「赤旗」の報道です。

Yahoo!ニュース-「基地再編反対訴え集会 東京・横田で3500人」(共同通信)

 在日米軍再編などに伴い、自衛隊の司令部機能を移設し、日米統合運用を強化する案が示された横田基地(東京都)を抱える福生市で5日、地元住民や労働組合、市民団体メンバーら約3500人が参加し集会を開き、基地機能強化反対や再編中止を訴えた。
 労働組合などが主催し、横田基地近くの公園で開かれた集会では、「憲法9条を生かし、基地も軍隊もない平和な日本をめざそう」とのアピールを採択。その後、参加者は「米軍は撤退を」などと主張しながら、基地の周囲をデモ行進した。(共同通信)-11月5日18時5分更新

「“基地なくせ”横田包む 米軍再編・強化反対 3500人が行動」(しんぶん赤旗)

先月末に日米両政府による「安全保障協議委員会」(2プラス2)が合意した「中間報告」によると、日米同盟の協力関係は「世界における課題に対処するうえで重要な役割を果たす」としたうえで、とくに「日本の防衛および周辺事態への対応」(この周辺事態というものが、単に日本周辺だけでなく、距離的には地球の裏側でもなりうるということが、国会審議で明らかになっています)や「国際的な安全保障環境の改善」のとりくみをはかると打ち出しています。

で、そのために日本は基地・施設の提供や有事法制など米軍を支援する、とくに「ミサイル防衛」をはじめとしたさまざまな課題で「部隊戦術レベルから戦略的な協議まで」あらゆる共同的な運用体制をつくっていく、兵力態勢もその観点から再編をはかり、横田基地では統合運用調整所をつくるとか、沖縄ではキャンプ・シュワブに普天間基地の代替基地をつくるとかいったことを進めていく、としています。

まあ、要するに地球規模で軍事協力をしよう、そのために、あらゆるレベルで共同運用・共同作戦を取り、部隊・基地の再編も行います、ということですわね。これでは、いよいよ日本はアメリカといっしょに、というかアメリカの指揮下で海外に打って出る、ということになりますね。

沖縄では稲嶺知事(自民・公明の推薦で当選している)が代替基地建設に反対していますし、神奈川でも松沢知事が陸軍第1軍団司令部の移転に反対を表明しています。東京では横田基地の地元・武蔵村山市の荒井市長が、基地の拡充は容認できないとコメントしています。瑞穂町の石塚町長も横田基地の軍民共用化に反対だとのべていますね。基地の地元にしてみれば、危険が持ち込まれることになるわけで、当然のコメントだと思います。

それにしても、大野防衛庁長官(月末の内閣改造で交代)は、「(再編には)相当な財政が必要だ。財務省には、私の名前のように『オー・ノー』ではなく、『オー・イエス』というようにしたい」と語って、再編経費を日本側で負担する考えをのべたそうですが(「しんぶん赤旗」10月31日付)、あきれましたね。もうね、アフォかと。どこの国の大臣だか。こんな売国的姿勢が放置されていいのか! ……とふだん「愛国」「憂国」を口にする人たちは、いわないのでしょうか………。

|

« 消費税10%なんて冗談じゃない | トップページ | 増税キタ―――(`O´)―――!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/6941721

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編反対、横田基地撤去で「包囲行動」:

« 消費税10%なんて冗談じゃない | トップページ | 増税キタ―――(`O´)―――!! »