« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

「違法状態の放置は法治国家として異常」

先日、米軍横田基地の包囲行動に参加した縁で、今日は東京高裁に行ってきました。基地周辺住民6千人の方々が、夜間・早朝の米軍機の飛行差し止めや損害賠償を求めた「新横田基地公害訴訟」の判決があったのです。

国に32億円賠償命令=差し止めは棄却-新横田基地訴訟・東京高裁(時事通信)

 米軍横田基地(東京都福生市など)の航空機騒音をめぐり、周辺住民約5500人が国を相手に夜間、早朝の飛行差し止めと損害賠償などを求めた「新横田基地訴訟」の控訴審判決で、東京高裁(江見弘武裁判長)は30日、1審判決を変更し、判決日までの損害を認め、国に総額約32億5000万円の支払いを命じた。差し止め請求は1審を支持し、請求を棄却した。
 江見裁判長は、補償制度がない点を指摘し「最高裁が騒音被害を違法と判断してから久しく、法治国家として異常な事態で、怠慢のそしりを免れない」と述べ、国を厳しく批判した。
 騒音被害はうるささ指数(W値)75以上を「受忍限度を超え違法」として1審を追認。「弁論終結時から判決日までの騒音程度には変化がない」として、通常は結審日までしか認めない賠償請求を判決日まで認めた。-11月30日14時1分更新

他メディアの報道から、「毎日」「産経」「赤旗」です。

「<新横田基地訴訟>32億5千万円支払い命令 控訴審判決」(毎日新聞)

「新横田基地訴訟控訴審、賠償額を32億円に増額判決」(産経新聞)

「新横田基地訴訟 国に32億円賠償命令 東京高裁 騒音、法治国家で異常」(しんぶん赤旗)

nov30_1009.jpgこれはケータイで撮った写真です。画像がすごく粗くて、ほとんど分かりませんね。

調べてみると、米軍機の差し止めについては、2002年4月の最高裁判決(アメリカ政府を相手取った訴訟)で「外国の主権的行為については民事裁判権が免除される」として、翌月の東京地裁判決(日本政府を相手取った訴訟)では「米軍の行為は日本の民事裁判権は及ばない」として却下したとのこと。これじゃ、飛行の差し止めは誰にも請求しようがなくなるわけで、メチャクチャだなあと思いました。

それはさておき、総額32億円の賠償命令は、基地の騒音被害についての訴訟では、過去最高額なのだそうです。横田基地では1970年代から、騒音被害の差し止めや賠償を求める訴訟が続き、騒音を違法だとして賠償の支払いを命じる判決が出てきました。最高裁の判決も2回あったとのことです。

ところが、基地の騒音については、被害補償制度がいまだにつくられていないんですね。今回の判決がこの状態を「法治国家として異常な事態で、怠慢のそしりを免れない」としたのは、異例のキツイ批判なのだそうです。そりゃ、国が自分で違法な状態をしておいて、それを解消しもせず、ずっと放置しているなんて、確かに異常としかいいようがないわな

以前書きましたが、横田基地では朝6時過ぎから激しい音がしたり、今月上旬には、深夜に突然、エンジンをふかす音が周辺一帯に響き渡ったそうです。その一方で、米軍基地を「再編」するということで、沖縄県や神奈川県をはじめ、全国規模で部隊の移動や再配置をやろうとしているわけですが、全国の自治体で総スカンを食らっています。

もういい加減、住民の方々を根本的に救済する措置を取らなきゃいけないんじゃないかしらね。横田基地自体なくしちゃうのが、一番いい解決になると、私は思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月25日 (金)

「定率減税、全廃方針を確認」(共同通信)

最近、仕事が忙しくて(処理速度以上に課題が次々と「テトリス」のように降りてくる)、まとまったものが書けません。(書こうとすると時間がかかるんよ^^;)

♪かーわうーそ様ー おー仕事ー しーなくてー こーまります~~~

なんてことではないですからね。(このネタをご存じない方は、安野モヨコ『監督不行届』祥伝社刊をご覧ください^^←ヲ、ヲタクだ……)

が、こんなニュースが!

NEWS@nifty:定率減税、全廃方針を確認(共同通信)

 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は24日、都内で幹部会議を開き、2006年度税制改正の焦点となっている所得税と個人住民税の定率減税について、07年に全廃する方向で議論を進めることを確認した。党内で浮上しているたばこ税の税率引き上げについても、自民党税調の場で検討する方向となった。企業向けの「情報技術(IT)投資促進税制」も来年3月末に打ち切る基本方針を確認。[2005年11月24日 22時35分]

をいをい。疲れているし、明日も早いので、一言だけします。

「安易な増税は許さない」んじゃなかったのかい? え? 武部さんよ。ふざけんじゃないよ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月18日 (金)

「日米同盟」地球規模で強化

小泉首相とブッシュ米大統領が16日に京都で会談し、「日米同盟」を強化していくことを確認しました。

「日米同盟強化で一致 首相、イラク派遣『延長』表明 京都で首脳会談」(東京新聞)

 小泉純一郎首相とブッシュ米大統領は十六日午前、京都市の京都迎賓館で会談した。首相は会談後の共同記者会見で、「世界の中の日米同盟という視点から話した」と述べ、両首脳が日米同盟強化で一致したことを明らかにするとともに、十二月十四日に期限切れを迎える自衛隊のイラク派遣について、派遣延長を事実上表明した。両首脳の会談は昨年十一月以来一年ぶり。 
 首相は会見で「日米関係が緊密であればあるほど、対中国、韓国、アジア諸国、国際社会でも良好な関係を築ける」と述べ、引き続き日米の連携強化に努める考えを強調。大統領は自衛隊のイラク派遣について、日本貢献を評価するとともに「最善の決断をしてほしい」と派遣延長を要請。これに対し、首相は「国際社会の一員としてしっかりとした支援をしていかねばならない。日米同盟の重要性を総合的に判断したい」と答えた。

会談で首相は「戦後の日本の繁栄は、日米関係が維持強化されたからこそ実現した。他の関係で補完すべきだとの議論があるが、私が取る立場ではない」とのべ、大統領も「日米関係はアジア、世界平和のアンカー(いかり)の役割だ」と応じたとのことです。

イラクで行っている自衛隊の派兵も、先月末の在日米軍再編についての日米合意も、この認識に立って行っているわけですが、国連安保理での支持も得られずにイラクを攻撃し、1年半たった今も、イラクでの米軍に対する反発が強まり、アメリカを支持してイラクに派兵した国々も相次いで撤退し、当初の38カ国から18カ国まで減りました。

一方で、地球環境の温暖化防止をめざす各国の取り組みを強めるため、ご当地・京都で締結した「京都議定書」(今年2月発効)については、話題にもならなかったようです(京都新聞の記事)

 16日の日米首脳会談で、地球温暖化防止に向けた京都議定書は話題とならなかった。議定書採択の地・京都で開催された会談だったが、日米の首脳は温暖化防止について何一つメッセージを発信しないまま終えた。
 会談内容を報道陣に説明した外務省幹部は、京都議定書を含む温暖化防止の問題に触れられたのかとの質問に「言及はなかった」と答えた。
 京都議定書は今年2月に発効したが、ブッシュ政権は2001年に離脱を表明し、02年の日米首脳会談では「議定書は米国経済に悪い影響を与える」と批判。一方で独自の温室効果ガス削減策をまとめ、今年7月には日米など6カ国で温暖化防止技術を協議する枠組みを新たに発足させた。

「国際社会の一員として」と何度も強調しましたが、要は日米関係を優先する、いや、それが絶対不動の枠組み、ということじゃないですか。

しかも、在日米軍再編では、基地や部隊の移転・再編で一番影響を受ける自治体の頭越しに計画を決め、全国の自治体から反発があがっています。会談後の記者会見で小泉首相は「平和と安定のなかに日本の経済的発展がある。その恩恵を受けるためには、しかるべき負担、代価を払わなければならない」とのべました。

ひっきりなしの騒音や、事故・事件の不安に悩まされながら暮らしている住民の苦しみは、日米同盟の「対価」として当然だとでもいうのでしょうか。先日たまたま、米軍基地のそばに住んでいる方とお話しする機会がありましたが、「朝6時になるとエンジンテストの金属音がけたたましく鳴るので寝ていられない」とおっしゃっていました。これは当然の対価なのでしょうか。負担の軽減をアメリカに求めることもせず、「対価」と言ってのけるとは。

他にも、BSEの危険性が指摘されている牛肉の輸入問題だって、「年内再開に向けて努力する」なんて言いましたし、いったいどこの国の首相なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

友達の結婚式

20年来の友達の結婚式に行ってきました。ただし、帝●ホテルではありません(笑)。日曜の話だし。私と友達とは、郷里にいた高校生のころ、いっしょに平和問題を考えるサークルに参加していたときからの付き合いなわけですが、友達は当時から温和な性格で、かつ行動力もあるし、ギターも弾けるし、サークルのみんなから愛されていました。長じて、たまたま私と同じ会社に勤めることになり、現在は、会社の役員の人を補佐する仕事をやっとります。

で、お相手は、同じ会社の本社で、私と同じような業務内容の部署におられる方で(私は、この方はお名前しか知らなかったんですが)、去年、出張したときに、出先でいっしょになったらしい………と以前聞いていたのですが、会場でのお2人の紹介によると、友達はお相手に対し「つくろわず、ありのままを出す人」という印象を持ち、お相手は「自分の言うことを受け止めてくれる人」という思いだったとのことですから、大変ウマが合って、この日に至ったようです。

このときの出張は、この役員氏が責任者を務めている地域で、ある事件が起こって緊急の対応が必要になったためのもので、お2人ともそれぞれの部署から現地に派遣されたわけなのですが、結婚式では、実はここにオソルベキ陰謀が隠されていたことがバクロされました!

まあ結婚式の余興的バクロ話ですから、8割方、いや93.5%ぐらい差っ引いて聞く必要があるわけですが、このとき、この役員氏や現地支社スタッフの方々は、この2人がどちらも恋人がいないという情報を入手し、「この際、この2人をくっつけよう」と、2人いっしょに仕事をする機会を必要以上に(それも大幅に)増やし、現地の郷土料理屋にも連れて歩き、しかも出張が終わり帰社させるときの交通便も、すでに予約していた便をキャンセルしてまで、同じ便にしたのだそうです(さすがに席まで隣にはできなかったとのことですが)。それが奏功して、お2人はよく語らい、いっしょに食事をしに行くようになり、やがてご結婚にまで至った――とまあ、こーゆーわけなのだそうです。

ま、ともかく、お2人からそれぞれのご両親への思いなども語られ、大変いい式でした。

T君とMさん、おめでたうございます。\(^o^)/

私は例によって、お手伝いをしておりました。今回はスライドの操作、といってもPCに取り込んだ画像をスライドショー機能に従い、次々送り出す、という簡単な仕事でしたが。

ところで、私や友達のサークル時代の仲間も、郷里からわざわざ駆けつけてきていたのですが、その1人は後で私にくれたメールで、「相変わらずのかわうそぶりで、楽しかった」と書いていました。「相変わらず」って、一体どのことを指すんだろう……………。胸に手をあててみると………………、多分アレかなあ、それともコレかなあ………、まあ、多分ロクデモナイことなんだろうなあ………。ま、いいや。こっちはどーせ脱却の展望もないヒトリモン(笑)だし、困るヤツはいやしないだろ^^;。

それから、私には全然カンケーない話なんですけど、某帝●ホテルで式をした新婦の人のドレスって、映画「ルパン三世カリオストロの城」のクラリス姫のドレスを参考にしたらしいですね。そんな説をネット上のあちこちで見かけますけど、ホントかいな? ホントだったとしたら面白いなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

おとりさま

9日は酉の市(一の酉)、いわゆる「おとりさま」でした。私は、この「おとりさま」のにぎやかな雰囲気が好きなんですが、自宅の近所の神社でやっている「おとりさま」は、何かちょっとさびしいので、大体毎年、新宿の花園神社に行っています。とはいえ、だいたいこの時期は仕事も忙しいので、終わって夜遅くに独りでふらっと一回りする程度ですが。周りを見るとカップルばっかり_| ̄|○

今年もにぎやかでしたねえ。露店がずらーーーっと並んで、ふだんのそこら辺の縁日ではなかなかお目にかかれないようなチャンジャとか、リンゴ丸ごとのリンゴ飴とか、ケバブ(最近は道端で売っていることもありますね)なんていったものも含めて、いろいろな食べ物が売られていて、あれこれ食べたいんですが、見てるだけでおなかがふくれてくるような感じです。(話題が第一に食べ物かよ^^)

で、肝心の境内はこんな感じ。tori1 熊手を買うと、お店の人たちが三本締めをしてくれるんですよね、拍子木つきで。大体、私と同じように仕事帰りで寄っている人が多いでしょうから、片手に持つ、ちょっとした花束ぐらいの大きさのを買って行く人が多いですけど、時々、大きいのを買って帰る人もいるんですよね。tori2 どうやって持って帰るんだろうとか、どこに飾るんだろうとか、激しく首を傾げてしまい、考え出すと夜も眠れなくなってしまいそうになるぐらいです(んなこたあない)。

私も一応、買ってきました。ただし、一番小さくて、片手どころか、胸ポケットに入る、吸盤でガラス窓なんかに貼り付けられるやつ。こんなのtori3。ほぼ実物大ですよ^^。まあ、私の家では、これぐらいがちょうどいいんですよ。それから、今年も食べ物を買ってきました。イイダコが丸々1匹入ったタコ焼き。tori4 これがコリコリした歯ごたえでうまいんだ。こっちもほぼ実物大ですが、タコの脚が分かりますか?

しかし、最初に書いたとおり、毎年、独りでふらっと覗いてそのまま帰ってくるぐらいで、「次はもう少しゆっくり、できれば友達あたりと来て、ついでに店で一杯飲んで行ければ、さぞ楽しかろうなあ」と思うんですが、大体、2回目は仕事で来れないんだよね--;。今年は21日が「二の酉」ですが、果たしてどうなるでしょうか………?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

増税キタ―――(`O´)―――!!

増税への動きがいよいよ本格化していますね。

毎日新聞「定率減税:07年全廃一致、景気回復と判断 政府税調小委」

 政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)の基礎問題小委員会は8日、99年に景気対策として導入した所得税と住民税の定率減税について、07年に全廃する考えで一致した。景気が回復軌道に乗ったとの判断で、今月末にまとめる06年度税制改正に向けた答申で全廃を求める方針だ。答申を受けて始まる与党の協議の場で最終決定するが、これまでに与党内から反対論は出ておらず、07年の全廃は確実な情勢となった。
 定率減税は、収入から各種控除を差し引いた後に税率をかけて算出した本来の納税額から、国税の所得税を20%(上限・年25万円)、地方税の住民税を15%(同4万円)それぞれ差し引く減税措置。年間の減税規模は、3兆3000億円(所得税2兆5000億円、住民税8000億円)に上る。
 政府・与党が昨年末にまとめた05年度税制改正では、定率減税の所得税分を06年1月から、個人住民税分を同6月から、それぞれ半減することが決まっており、06年度税制改正では、残り半分の扱いが焦点となっていた。石会長は会見で「景気についての心配はない」と述べ、定率減税を廃止した場合でも景気が失速する懸念は小さいとの考えを示した。【三沢耕平】

さて一方では、同じ日に日本経団連が06年の献金基準を発表したわけですが、……

Yahoo!ニュース-「07年度に消費税上げを 経団連が政党評価基準」(共同通信)

 日本経団連(奥田碩会長)は8日、会員企業が政治献金する際の政党政策評価の基準として「税・財政改革」など2006年の優先政策事項10項目を発表した。07年度をめどに、消費税率の引き上げを含む税体系の抜本改革を求めている。
 経団連は06年9月をめどにこれらの優先政策事項と照らし合わせて、自民党や民主党の政策の取り組み状況などを評価、公表し政治献金の判断材料とする。
 10項目の内容は05年とほぼ同じで「社会保障制度の一体的改革」や「規制改革・民間開放の実現と経済法制の整備」のほか「戦略的な外交・安全保障政策の推進」などを挙げている。(共同通信)11月8日20時12分更新

要するに、“消費税を上げる政党には献金しますよ”宣言なわけです。

前者の「毎日」によると、定率減税の廃止による影響額は3兆3000億円(所得税2兆5000億円、住民税8000億円)です。これに消費税の増税が加われば、国税庁資料では2003年度の消費税徴収決定額が13兆500億円ですから、仮に増税後の税率を10%とすれば、これと同額の増税になると考えられます。すると、合計16兆円余の増税になるわけですね。2000年度の国内最終需要が516兆円ですから、約3%分。その分だけ、需要が押し下げられることになるわけですから、大変ですよ。

法人税率の基本税率は1990年以前の40%から、その後減税を重ね、現在は30%です。企業収益が好調という指摘が各方面で出されていますが、そろそろ法人税率を引き上げたらいかがでしょうか。ところが、経団連は先ほどのように消費税増税を促して、それを献金の基準にする一方で、法人税減税は継続するよう求めています。このことは先日も紹介しましたが、個別企業が自らの利権を求めて個別の政治家(1人でも複数でも)に献金すると、買収と指弾されますが、自らの望む政策を実行するかどうかを基準に、政党に献金するだけでなく、それを“エサ”にして「2大政党」を競わせようってのは、これはいわば政党買収、政治買収ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

米軍再編反対、横田基地撤去で「包囲行動」

5日に米軍横田基地のそばで行われた「横田基地包囲行動」に参加してきました。先週の週間天気予報だと雨が降るかもなどといわれていたので、当日晴れてよかったです。yoko 写真は横田基地の西側で接する国道16号線を歩くパレード(というかデモ)のようすです。それから下は「共同」と「赤旗」の報道です。

Yahoo!ニュース-「基地再編反対訴え集会 東京・横田で3500人」(共同通信)

 在日米軍再編などに伴い、自衛隊の司令部機能を移設し、日米統合運用を強化する案が示された横田基地(東京都)を抱える福生市で5日、地元住民や労働組合、市民団体メンバーら約3500人が参加し集会を開き、基地機能強化反対や再編中止を訴えた。
 労働組合などが主催し、横田基地近くの公園で開かれた集会では、「憲法9条を生かし、基地も軍隊もない平和な日本をめざそう」とのアピールを採択。その後、参加者は「米軍は撤退を」などと主張しながら、基地の周囲をデモ行進した。(共同通信)-11月5日18時5分更新

「“基地なくせ”横田包む 米軍再編・強化反対 3500人が行動」(しんぶん赤旗)

先月末に日米両政府による「安全保障協議委員会」(2プラス2)が合意した「中間報告」によると、日米同盟の協力関係は「世界における課題に対処するうえで重要な役割を果たす」としたうえで、とくに「日本の防衛および周辺事態への対応」(この周辺事態というものが、単に日本周辺だけでなく、距離的には地球の裏側でもなりうるということが、国会審議で明らかになっています)や「国際的な安全保障環境の改善」のとりくみをはかると打ち出しています。

で、そのために日本は基地・施設の提供や有事法制など米軍を支援する、とくに「ミサイル防衛」をはじめとしたさまざまな課題で「部隊戦術レベルから戦略的な協議まで」あらゆる共同的な運用体制をつくっていく、兵力態勢もその観点から再編をはかり、横田基地では統合運用調整所をつくるとか、沖縄ではキャンプ・シュワブに普天間基地の代替基地をつくるとかいったことを進めていく、としています。

まあ、要するに地球規模で軍事協力をしよう、そのために、あらゆるレベルで共同運用・共同作戦を取り、部隊・基地の再編も行います、ということですわね。これでは、いよいよ日本はアメリカといっしょに、というかアメリカの指揮下で海外に打って出る、ということになりますね。

沖縄では稲嶺知事(自民・公明の推薦で当選している)が代替基地建設に反対していますし、神奈川でも松沢知事が陸軍第1軍団司令部の移転に反対を表明しています。東京では横田基地の地元・武蔵村山市の荒井市長が、基地の拡充は容認できないとコメントしています。瑞穂町の石塚町長も横田基地の軍民共用化に反対だとのべていますね。基地の地元にしてみれば、危険が持ち込まれることになるわけで、当然のコメントだと思います。

それにしても、大野防衛庁長官(月末の内閣改造で交代)は、「(再編には)相当な財政が必要だ。財務省には、私の名前のように『オー・ノー』ではなく、『オー・イエス』というようにしたい」と語って、再編経費を日本側で負担する考えをのべたそうですが(「しんぶん赤旗」10月31日付)、あきれましたね。もうね、アフォかと。どこの国の大臣だか。こんな売国的姿勢が放置されていいのか! ……とふだん「愛国」「憂国」を口にする人たちは、いわないのでしょうか………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »