« 「『日本は天皇中心の国』自民・武部幹事長が会合で発言」(asahi.com) | トップページ | 「“思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報) »

2005年12月 7日 (水)

NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」

米軍基地周辺自治体で総スカンを食っている米軍再編の「中間報告」ですが、アメリカは最終報告という認識でいるわけです。

NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」

 【ワシントン=秋田浩之】訪米中の前原誠司民主党代表は6日、エデルマン米国防次官(政策担当)と会談した。同次官は先に日米が合意した在日米軍再編に関する中間報告について「ほぼ最終報告と考えている」と述べ、修正には応じられないとの方針を表明した。
 日本政府が延長する方針である自衛隊のイラク派遣について同次官は、来年以降に新たな任務を要請することもあり得るとの認識を示した。
 同次官は米政府が自衛隊に新たな任務を要請したとの観測がでていることには「具体的には知らない」と説明。ただ「一般論としては活動が終わった部隊に別の駐留の可能性を提案することは当然、あり得る」とも指摘し、陸上自衛隊が駐留する南部サマワとは別の地域での活動などを要請する可能性を示唆した。
 米軍再編の中間報告に沖縄県など地元自治体が反発していることに関して「実行の可能性をつめるだけであり、この内容を変えることはない」と言明。日本政府に中間報告の履行を促した。

石原知事も「アメリカは、『これは最終報告だ』と言っている」とのべていましたね。ただ、あの方は、「報告」で「横田基地の軍民共用化が先送りされたのはけしからん」という立場からの発言で、米軍再編計画自体については容認していますが。7日付「赤旗」によると、防衛施設庁は、全国の自治体への「説明」のなかで、再編計画を容認したのは東京都知事だけだと答えたのことです。

「容認は都知事だけ 米軍再編 防衛施設庁が答弁 紙議員質問」(しんぶん赤旗)

しかし、全国各地の自治体が反発しているのに、「実行の可能性を詰めるだけで、内容を変えることはない」なんてのは、何様なんでしょうか。自治体が何を言っても、聞き入れるつもりはないということじゃないですか! 日本政府も、自治体の意向をふまえて、計画をいったん白紙に戻すことをアメリカに要求しないのでしょうか。全く属国の態度ですよ。

|

« 「『日本は天皇中心の国』自民・武部幹事長が会合で発言」(asahi.com) | トップページ | 「“思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報) »

コメント

Keep9ブロガーズリンクのご紹介、ありがとうございました。
さっそくサイトを閲覧。
ブログでリンクの“輪”をつくる拠点づくりが始まってたんですね。

投稿: Kyawa | 2005年12月 8日 (木) 午後 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/7508449

この記事へのトラックバック一覧です: NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」:

« 「『日本は天皇中心の国』自民・武部幹事長が会合で発言」(asahi.com) | トップページ | 「“思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報) »