« NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」 | トップページ | “ブログ9条の会”の趣旨に賛同します »

2005年12月 8日 (木)

「“思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報)

国外に駐留する米軍経費を世界で一番多く負担しているのは、昔からアメリカへの追随ぶりで有名な日本なのですが、それにしても、ここまでとはねえ………。(呆)

“「思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報)

 【ワシントン6日=滝本匠本紙特派員】米国防総省はこのほど、米国外に駐留させている米軍の駐留経費で、世界中の同盟国による2002年度の負担額をまとめた。それによると、同盟国全体での負担合計額約85億ドルに対し、日本の負担額は44億1134万ドルと50%以上を占め、世界的に見ても在日米軍の存在に突出した費用を負担している現状が明らかになっている。
 国防総省がまとめた報告書「共通の防衛に対する同盟の貢献」によると、日本は在日米軍駐留経費全体の74.5%を負担しており、米軍駐留経費の負担額の比率で見ても、他同盟国の中で最も高い割合となっている。
 世界全体で見ると、各同盟国が拠出した総負担額85億ドルは、米国外の米軍駐留経費総額の50%以上に当たるといい、そのうちの半分以上を担う日本は世界の米軍の他国駐留費用の約4分の1を負担していることになる。
 同報告書によると、在日米軍駐留経費で日本は、直接経費負担が約32億2800万ドル、税金や各種手数料の権利放棄などによる間接経費負担が約11億8300万ドルとなっている。

1ドル=120円とすると、44億ドルというのは、5280億円ですよ(1ドル=100円なら4400億円)! 駐留経費の負担額は世界中の半分以上(つまり日本だけで、他の諸国の総額を上回る負担額)、駐留経費全体に対する負担率でもトップ、というずば抜けた負担をしているわけです【紹介した記事の見出しでは「“思いやり予算”突出」となっていますが、防衛庁の資料では、日米地位協定で日本側負担となっていない「思いやり予算」は、ここ数年、2500億円前後で推移しているので、もしかしたら、地位協定上の日本側負担分も含まれているのかもしれません】。しかし、どちらにしても大変な額ですよね。これを日本政府は唯々諾々と支払ってきたわけです。

「思いやり予算」の中には隊舎や家族の住宅から、学校、教会、診療所などの施設、果ては野球場や体育館、劇場までの整備費も含まれていることは、有名な話です。

これだけのアメリカ追随をいつまでも続けていては、国民の批判から逃れることはできないという声が政府・与党内でもあがったのでしょうか。最近、「思いやり予算」の削減に向けた動きがあったようですが、結局は先送りになったようです。

思いやり予算、2年延長へ 米軍再編遅れ、次回抜本見直し狙う(産経新聞11月18日付)

 政府は十七日、来年三月に期限切れとなる在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)に関する日米特別協定について、現行協定を二年間延長する方針を固めた。日本以外の米軍駐留国が負担していない光熱水料の大幅削減を検討したが、米側の反発と在日米軍再編協議の遅れで、二年後に抜本的に見直す方針に転換した。年明けの通常国会で延長の承認を求める。
 (中略)この(日米両政府の協議の――かわうそ)中で日本側は「財政状況は厳しく、大ナタをふるうべきだ」という財務省の意向を受け、光熱水料の全廃も視野に大幅削減を要求。一方、米側は「在日米軍は日本の平和と安定に寄与している」(米国防総省筋)として猛反発し、折り合わなかった。
 (中略)米軍再編では沖縄海兵隊のグアム移転をはじめ、計画の実行費用は日本側が負担。経費を捻出(ねんしゆつ)するため、一般の防衛予算とは別枠の「米軍再編枠」の新設も検討中だ。しかし与党には「米側の言いなりでは国民の理解は得られない」(自民党国防筋)との批判も根強く、政府は二年後の改定作業で思いやり予算の縮小を進める方針だ。

今度の米軍再編でも、日米同盟を地球規模に拡大することをはっきりさせたように、米軍の駐留は「日本防衛」のためではありません。私は、米軍にはお帰りいただくべきだと思っています。しかし、少なくとも――譲りに譲ったとしても――、協定上でも日本が負担する義務のない経費を、こんな巨額の費用を負担する必要が何ゆえあるのでしょうか?

|

« NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」 | トップページ | “ブログ9条の会”の趣旨に賛同します »

コメント

もったいない。
そんなことに金を使うなんて。
どうせなら、私に下さい。


安定と共存と対話を。。

軍拡しなくて済むように。

投稿: ばぶ | 2005年12月 9日 (金) 午後 09時37分

なんでも使い道も日本の汚職官僚並らしいですね。パーティのネクタイから家の水道代まで。
アメリカ政府も日本に置いておいた方が安上がりだとホクホク顔で・・・。
お前等帰れよっ!

投稿: 結局 | 2005年12月10日 (土) 午前 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/7523667

この記事へのトラックバック一覧です: 「“思いやり予算”日本突出 負担率、世界の50%超」(琉球新報):

» 「Keep9 ブロガーズリンク」 ブロガー版9条の会に賛同します [Keep the Red Flag]
 戦後60周年の太平洋戦争開戦日(12月8日)にあたる今日、憲法9条改定に反対するブロガーによるブロガー版「9条の会」-「Keep9 9条守ろう! ブロガーズ・リンク」が結成された(実際には、数日前から稼動してたけど・・・)。  著名人9氏(井上ひさし、梅原猛、大江健三郎、奥平康弘、小田実、加藤周一、澤地久枝、鶴見俊輔、三木睦子)からなる「9条の会」は昨年六月、発表したアピールで、「日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとり... [続きを読む]

受信: 2005年12月 9日 (金) 午前 01時37分

» 米軍鹿屋基地移転問題 [世相春秋]
前回の記事に触れまして、防衛問題を書き記してみたいと思います。賀防衛庁長官が、鹿児島県を訪れ、同県内の鹿屋市にある海上自衛隊基地に沖縄米軍普天間基地飛行場の、空中空輸機17機移転を巡って、伊藤県知事と鹿屋市長の山下市長の元を訪問し、その計画を説明しました。 額賀長官は、鹿児島県庁にて、重ねて移転に関する説明をしましたが、ここに至って、伊藤知事は反対を表明し、「沖縄知事が反対している以上、賛成できない」と発言しました。 ちなみに、この現在の鹿児島県知事のことを記述しますと。 かねてからこ... [続きを読む]

受信: 2005年12月18日 (日) 午後 05時39分

« NIKKEI NET:「米、米軍再編の中間報告修正には応じず・民主代表に表明」 | トップページ | “ブログ9条の会”の趣旨に賛同します »