« 明けましておめでとうございます | トップページ | なぜ今『資本論』講座か――今年も参加 »

2006年1月 6日 (金)

米兵犯罪続いても地位協定改定求めない首相

この年末年始、在日米軍の軍人による犯罪が、首都圏で相次ぎました。

年末には八王子市で空母「キティホーク」の乗員が児童3人をひき逃げし、年が明けてこの3日には、やはり同艦の乗員が横須賀市で女性を殺したということです。ひき逃げ事件では、容疑者が一度逮捕されながら、米軍側が「公務中」との証明書を発行したため、日米地位協定とその関連法にもとづき即日釈放されました。殺人事件では、米軍が調べを行っているようです。

地位協定では、「公務中」の米兵による犯罪はアメリカが一次裁判権を行使するとしているだけでなく、「公務」外の犯罪でも、「身柄が合衆国の手中にあるとき」は日本側が起訴するまでは米側が身柄を確保するとしています。凶悪事件を起こしても日本側で逮捕、捜査できないという、こうした米軍の特権に対して、1995年の沖縄で起きた少女暴行事件を機に批判が広がり、地位協定の改定を求める声が高まりましたが、日米両政府は「殺人または強姦」に限って、日本側からの身柄引き渡し要求に米側が「好意的な配慮を払う」という、「運用改善」にとどまりました。実際には凶悪事件でも日本側の引き渡し要求に米側が拒否した事例もあります。

そこへ今回の事件が起きたわけです。これについて、沖縄県の稲嶺知事は「沖縄県民にとって看過できない」として、地位協定の改定を求めるコメントを出しました。

「沖縄知事、女性殺害に憤り/地位協定の全面改定求める」(四国新聞=共同通信)

 沖縄県の稲嶺恵一知事は6日の記者会見で、米兵が犯行を認めた神奈川県横須賀市の女性殺害事件について「基地から派生する事件、事故に悩まされている沖縄県民にとって看過できず、憤りを禁じ得ない」と遺憾の意を表明した。
 その上で、起訴前の容疑者の身柄拘束を米側に認める日米地位協定に関し「見直し問題が大きく前進するよう努力したい」と述べ、神奈川県などと協力して全面改定を求めていく考えを示した。
 稲嶺知事は「基地問題は沖縄だけでなく全国的な問題だという実感を、なかなか持ってもらえない。これを契機に(全国の)皆さんが注目するようになってほしい」と述べた。

地元・八王子市の黒須市長も地位協定の「見直し」などを防衛施設庁に要請したそうです。

ところが、小泉首相の方は早々と、地位協定の改定は「考えていない」と表明しました。

Yahoo!ニュース(毎日新聞)「<横須賀女性殺害>『米軍は規律保持を厳正に』小泉首相」

 小泉純一郎首相は5日、神奈川県横須賀市で派遣会社員の女性が殺害された事件で、米空母乗組員の男が米軍側に身柄を拘束されたことについて「極めて遺憾だ。こういう犯罪行為が起こらないよう米軍は規律の保持を厳正にしていただきたい」と述べた。日米地位協定の改定に関しては「今は考えておりません」と語った。(1月5日19時46分更新)

厳正な規律保持を求めるのはもちろん当然なのですが、1次裁判権がないだけでなく、「公務」だと米軍が主張すれば、本当に公務といえるものだったかどうかが日本側には分からないまま、米軍に身柄を引き渡さなければいけません。事実を究明し、しかるべき責任を取らせるうえで、非常にマイナスになるわけで、沖縄県知事だけでなく、米軍基地にかかわる各地の自治体首長が何年も前から地位協定の改定を要求しています。、政府は全くこたえようとしません。

以前書いた話ですが、小泉首相は昨年秋、「平和と安定のなかに日本の経済的発展がある。その恩恵を受けるためには、しかるべき負担、代価を払わなければならない」と発言しました。少女が暴行されても、児童がひき逃げされても、女性が殺害されても、容疑者の日本側による逮捕を妨げてきた地位協定の改定すら、なぜ求めないのか。別にこれ自体は安保条約を破棄せよとか、基地を撤去しろとかいう問題ではありません(私は破棄・撤去すべきだと思いますが、それはさておき)。容疑者の起訴前の引き渡しすら求めない――、これらすらも「対価」なのでしょうか? おそるべき属国の態度ではないでしょうか。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | なぜ今『資本論』講座か――今年も参加 »

コメント

まったくです。
本当にけしからん話。

駐留する外国の軍隊の軍人の扱いは、これが世界標準ってことなのか。。。
んなこたーないよね。

投稿: ばぶ | 2006年1月 6日 (金) 午後 10時31分

日常の通勤途中で財布に入る程度の紙幣のために内臓が破裂するほど殴られて殺される…。被害者の受けた身体的苦痛や無念さは想像するに余りあります。
56歳。定年まで約10年。どんな老後を考えていたのでしょう。
心から被害者のご冥福をお祈りいたします。

投稿: 平和のかけら | 2006年1月 7日 (土) 午前 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/8028086

この記事へのトラックバック一覧です: 米兵犯罪続いても地位協定改定求めない首相:

» どういう教育をしているのか [「ネルソンさんと語ろう」  2006年2/24講演!]
在日米軍の兵士が横須賀市で日本人女性(56)を殺害し、大きなニュースになっています。女性の死因は内臓破裂で、顔にも殴られた跡があったといいます。内臓が破裂するほどの暴力を加えられた被害者はどんな思いで亡くなっていったのでしょう…。 昨年12月22日には、厚木基地....... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 午前 12時14分

« 明けましておめでとうございます | トップページ | なぜ今『資本論』講座か――今年も参加 »