« 「資本」の登場② | トップページ | 姪っこの襲来 »

2006年5月 2日 (火)

米軍再編で「最終報告」

在日米軍の再編協議で“2プラス2”(日米安全保障協議委員会)が1日深夜、「最終報告」をまとめ、自衛隊と米軍の一体化を進めることを明確にしました。

「米軍再編が最終合意 普天間移設、2014年目標」(asahi.com)

 日米両政府は1日午前(日本時間同日夜)、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を米国務省で開き、在日米軍再編に最終合意した。司令部間の連携など自衛隊と米軍との一体化を進めると同時に、沖縄の普天間飛行場(宜野湾市)移設先の建設や海兵隊グアム移転を14年までに実現するなど、今後の再編日程を定めた「ロードマップ(行程表)」を発表し、同盟関係での協力が「新たな段階に入る」と宣言した。実現すれば、沖縄の海兵隊8000人削減など負担軽減につながる。ただ、普天間移設やグアム移転での日本側の対応が前提とされ、費用負担の法的根拠づくりなどの課題も残されたまま。合意通りに再編計画が進むのか、不透明な面もある。
(中略) 協議のなかで額賀長官は、日米防衛協力の指針(ガイドライン)に代わる新たな枠組みに関する協議を提案した。関係者によると、ライス長官が「今の発言は特に重要だ」と応じたという。
 協議後の会見でラムズフェルド長官は「これで満足するわけにはいかない。言葉を行動で裏付ける必要がある。望ましい日米同盟に至るまで、まだ作業がある」とした。
 共同発表は「再編案の実施により、同盟関係における協力は新たな段階に入る」とうたい、世界規模で変革・再編を目指す米軍と自衛隊が一体化を進める方向を示した。
 日米同盟を「グローバルな課題」に対応するものと位置づけ、協力拡大を確認した。

「最終報告」(ロードマップ)はこちらから読むことができます。

「2プラス2」の「共同発表」では、

「これらの再編案の実施により、同盟関係における協力は新たな段階に入るものであり、また、地域における同盟関係の能力強化につながるものであることを確認した」

としたうえで、「ロードマップ」では、

「これらの再編を実施することにより、同盟関係にとって死活的に重要な在日米軍のプレゼンスが確保される」

と、今回の再編案が日米同盟を地球規模で拡大するためのものであることを明確にしています。

最終報告は、再編が一方で、「沖縄の負担を軽減」するものなどと書いていますが、「ロードマップ」では、「個別の再編案は統一的なパッケージとなっている」としたうえで、

「沖縄からグアムへの第3海兵機動展開部隊の移転は、(1)普天間飛行場代替施設の完成に向けた具体的な進展、(2)グアムにおける所要の施設及びインフラ整備のための日本の資金的貢献にかかっている」

と、「負担軽減」も再編全体の進展次第であることを示しています。

しかも、沖縄の「負担軽減」も、多くが部隊や訓練を他県に移転するだけで、要は米軍基地の負担を全国に拡大するわけです。また、沖縄からグアムに移転する海兵隊の8000人も、司令部・指揮部隊が中心で、沖縄に負担を強いる中心の戦闘部隊は多くが沖縄に居続けるようです。

各地の多くの自治体ので、反対・批判の態度を示した首長がいますが、首長からは「中間報告からまともに説明もなく、疑問も解消されていない」という声も出ています。国はこうした批判や疑問に、きちんと耳を傾けるのでしょうか。

|

« 「資本」の登場② | トップページ | 姪っこの襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/9872055

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編で「最終報告」:

« 「資本」の登場② | トップページ | 姪っこの襲来 »