« 「愛国心」の指導だって? | トップページ | 生産過程の分析に入りました① »

2006年5月19日 (金)

“凶暴”罪

犯罪について「共謀」しただけでも、つまり実際の準備行為や実行行為が成立していなくても逮捕を可能とする「共謀罪」が大きな問題となっています。この問題については、多くのブログで取り上げられ、警鐘乱打されていますが、東京新聞18日付の「こちら特報部」がちょっと視角を変えた面白い記事を掲載しています。

「刑減免より犯罪組織が怖い 共謀罪 刑事が反対する理由」(東京新聞)

ここに登場する警察OB各氏によると、共謀罪の導入は、実際の組織犯罪の捜査にはほとんど役に立たず、むしろ市民運動などに対する拡大解釈・拡大適用の危険の方が大きいということです。

元刑事のお話――

 繁華街裏手の居酒屋。警察人事の話などで、ひとしきり盛り上がると、男はショートホープの燃えさしを灰皿にこすりつけて、「キャリアが考えそうな法律だわな」と唇をゆがめた。
 「いいか。暴力団やらテロ集団一味の中から、警察に密告するヤツが出てくると思うか。しっかりした犯罪組織ほど、それはあり得ないんじゃないのか」

■重大な事件の捜査が手薄に

でも、共謀罪法案には自首の減免規定があるから密告者も出るのでは?
 「坊や、あいかわらず、おりこうさんだねえ」と冷笑して、男は続けた。「それが甘いって言うのよ。刑が減免されたところで、組織の回し者に殺されたら何になる? 警察が一生、守ってくれるわけでもないのに。ヤクザとテロリストはな、警察より組織が怖いのよ。坊やの意見は、おりこうさんのキャリア官僚と同じ机上の空論ってやつよ」
(中略)
 「組織の一員と名乗るヤツが密告してきたら、警察は一応、捜査しなきゃならなくなる。で、とどのつまり犯罪じゃありませんでした、と。こんなヤツが次々に出てきたら、どうなんの? 本当に大事な事件の方は人手不足になっちまう」

元公安のお話――

 ある県警のノンキャリアとして公安捜査に従事してきた彼は「共謀罪が左翼、右翼やNGOを狙い撃ちした立法とは思わないが、将来的には、そういうツールになるでしょう」と言う。
 「例えば、外事警察の動きを見てください。破壊活動防止とか、本当の仕事に力を注ぐべきなのに、外国人のオーバーステイとか、簡単な事件ばかりやっているでしょ。警察はノルマ社会だから、事件数の統計を伸ばして予算を取りやすくしたいんです。犯罪組織が対象だという共謀罪だって、法施行から数年後、あれっと気づいた時には、犯罪組織よりも市民団体に矛先が向いているだろうことは想像に難くありません」
 「予算を削られたくないという役人根性も共謀罪が出てきた背景でしょうね。公安の中には、左翼取り締まり全盛時代に回帰したいと思う人々がいる。取り締まる事案がないなら、別の仕事をすればいいじゃないかって、普通は思いますよね。でも、彼らは違う。長年やってきたことの否定は、人格否定されるような気持ちになるんです」

■すでに公安は独自情報収集

 「それに公安は、対象の組織に潜り込んだり、人間関係をつくって情報収集する手法をやってますから、犯罪組織メンバーの密告を促すような共謀罪法案があらためて必要とは思えません」とも付け加えた。

最後の一言は、これはこれで怖いんですが、やはり共謀罪の創設が実際の犯罪組織の摘発より、拡大解釈・拡大適用の方に向かう危険性が大きいことを指摘しています。

特報記事では、事件記者として警察取材歴が長いジャーナリスト・大谷昭宏氏のコメントを最後に紹介しています。

「警察は『あんなに苦労して法案を通したのに、全然、共謀罪の摘発件数が上がらないじゃないか』との非難を恐れて、数字を上げるのに必死になる。そのために、住民団体を犯罪者集団に仕立て上げていくだろう。刑事警察は、プライドにかけて共謀罪を使わないと思うが、公安は別件逮捕に使うだろう

公安・警備警察が大きな比重を占めている日本の警察の現状では、別件逮捕に使うのは公安だけではないでしょうし、「数字を上げるのに必死になる」のは、それこそ全警察でしょうから、既存(?)の犯罪組織に限らず、あらゆる団体が警察の監視の対象とされていくことは間違いないと思います。日常生活のあらゆる局面が当局の監視下におかれる社会、言い方を変えれば当局が日常生活のあらゆる局面を監視できる社会というのは、本当に恐ろしいことです。

|

« 「愛国心」の指導だって? | トップページ | 生産過程の分析に入りました① »

コメント

TBありがとうございました。
今日お昼のニュースでも共謀罪が取り上げられてましたね。
これからもよろしく。

投稿: おこじょ | 2006年5月19日 (金) 午後 01時15分

いい記事のご紹介。ありがとうございます。

投稿: ばぶ | 2006年5月21日 (日) 午前 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/10137622

この記事へのトラックバック一覧です: “凶暴”罪:

» やるね東京新聞 [tsurezure-diary]
共謀罪関連のニュースで、この記事はなかなかよかった。刑減免より犯罪組織が怖い 共謀罪 刑事が反対する理由 このなかで、以下のくだりがすごい説得力あってよかった。 「いいか。暴力団やらテロ集団一味の中から、警察に密告するヤツが出てくると思うか。しっかりした犯罪組織ほど、それはあり得ないんじゃないのか」 〜中略〜 でも、共謀罪法案には自首の減免規定があるから密告者も出るのでは?  「坊や、あ�... [続きを読む]

受信: 2006年5月19日 (金) 午後 01時12分

» 共謀罪----取り締まられるのは一般市民だけ? [とりあえず]
 東京新聞とっててよかった、と思う。今朝「こちら特報部」で、かなりスペースをとって、 「共謀罪、刑事が反対する理由」という記事が書かれていた。 記事はwebにもあるようなので、そちらを見て頂ければよいが私なりに敷衍して述べておくと・・・・1. 本当に凶悪な犯罪組織からは仕返しをおそれ、密告は出ない 2. ノルマ、点数主義から、引っかけやすい一般市民がどんどん逮捕 3. 密告が増えて、警察本来の活動がかえってできなくなる 1.についていうと、密告で刑が軽くなるといっても、犯罪組織の場合組... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 午前 06時58分

» 「共謀罪、成立困難?」ブログには力がある2 [再出発日記]
四月の中ごろから、ブロガーの間で精力的に反対の論陣を張ってきた共謀罪であるが、今国会の成立は見送られる可能性が高くなってきた。朝日新聞20日付の記事である。共謀罪法案、成立は困難 議長仲裁、背後に首相の指示「自民、公明の与党は19日、「共謀罪」創設を含む...... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 午後 11時35分

» 共謀罪11 [喜八ログ]
 「私は愛国心とかが好きだし、左翼なんかは好きじゃないんですけどね。でも、共謀罪は五年、十年かけて拡大解釈されていき、きっと治安維持法みたいになりますね。え、この電話ですか? 盗聴されてるかもしれませんけど、構いませんよ。間違ったこと言ってるわけじゃないから」。受話器から、いかにも公安警察OBらしい...... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 午後 08時16分

» 共謀罪12 [喜八ログ]
ある方からいただいた情報を以下にコピーします。 ********************************************** (★引用開始★) 以下、海渡(かいど)弁護士から、転送です (21日受信分) 共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ (転送歓迎) 「共謀罪・5月19...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 午後 01時52分

» 共謀罪バナーの重要性に気がついてくれよ、同志諸君!!!腰のふらつく民主党をシャンとさせるためにも。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 井戸塀政治家=「昔の政治家は私財をなげうってでも民につくした。結果、井戸と塀ぐ [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 午後 09時07分

» 【転載歓迎】原爆の日一斉に鳴らそう 平和の鐘全国に広がる   札幌の若者が呼び掛け(北海道新聞) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「鐘」と聞くと私などはまず反射的に「鐘の鳴る丘」のメロディーが浮かんでしまう.平坦な関東平野の外れで育ったので,「丘」と言われても見たこともないし頭の中で空想するしかなかったので余計に強いイメージとして焼き付いているのかもしれない.そう言えば「谷間に3つの鐘が鳴る」なんてのもあったね.子どもの誕生を告げる鐘と結婚式のウエディングベルと葬礼の鐘だったかな? 上の画像↑は松本晴夫作品集 収録の原風景からお借りした. 大晦日紅白が終わった後の興奮がまだ冷めやらぬうちにそちこちから鳴り渡る除夜の鐘の厳... [続きを読む]

受信: 2006年5月26日 (金) 午前 11時51分

» 民主党案を丸のみ?密告条項の部分は一体どうなるんだ? [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 共謀罪の一番のポイントは密告条項の部分だと思っている。いわゆる、一番最初に自首 [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 午前 09時06分

« 「愛国心」の指導だって? | トップページ | 生産過程の分析に入りました① »