« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

公務員のビラ配布と「政治的中立性」

休日に個人的に政治ビラを配った公務員を、「国家公務員法違反だ」として逮捕した事件で、罰金10万円、執行猶予2年という判決が出されました。

「ビラ配布:社保庁職員に罰金10万円の猶予刑 東京地裁」(MSN毎日インタラクティブ)

 03年11月の衆院選前に共産党機関紙などを配布したとして国家公務員法(政治的行為の制限)違反に問われた社会保険庁職員、堀越明男被告(52)に対し、東京地裁は29日、罰金10万円、執行猶予2年(求刑・罰金10万円)を言い渡した。毛利晴光裁判長は「公務員の政治的中立性を著しく損ねた」と指摘しつつ「休日に職務と関係なく行った行為で、直ちに行政の中立性や国民の信頼を侵害していない」と執行猶予の理由を説明した。
 公判で弁護側は「違法な捜査で公訴無効。公務員の政治的行為の制限は憲法違反」などと主張した。判決は、共産党事務所への被告の立ち入り状況のビデオ撮影は違法としたが、捜査全体としては適法と認定。同様の事例で有罪が確定した「猿払事件」の最高裁判決(74年)を踏襲し「行政の中立性と国民の信頼を確保するため公務員の政治的行為の禁止は正当」と判断した。
 判決によると、堀越被告は03年10~11月、東京都中央区のマンションなどの郵便受け計126カ所に「しんぶん赤旗号外」などを入れて政治的行為を行った。
 国家公務員の政治的行為を巡っては、厚生労働省課長補佐が05年9月に在宅起訴され、東京地裁で無罪を主張して公判中だ。【佐藤敬一】

しかし、報道で判決を知る限り、私にはどうにも解せない判決です。上の記事でも紹介されていますが、休日のビラ配布について、「公務員の政治的中立性を著しく損ねた」として罰金を命じながら、その一方で「行政の中立性を侵害していない」と、結局は執行猶予としたのは、全く矛盾しているとしかいいようがありません。どっちやのん? さらに、法律にかかわる業界にいる友人によると、罰金刑に執行猶予をつけるのは、きわめて異例なのだそうです。正面から違法だといいきれなかったという結果なのではないのでしょうか。

続きを読む "公務員のビラ配布と「政治的中立性」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月29日 (木)

漫画「夕凪の街 桜の国」が映画化!

原爆をテーマに描いて好評を博した、こうの史代さんの漫画「夕凪の街 桜の国」が映画化されるそうです。時々覗かせていただいているブログ「tamyレポート」さんで知りました。

「こうのさん作『夕凪の街』映画化 下関出身の佐々部監督 8月広島ロケ」(中国新聞)

 広島市西区出身の漫画家こうの史代(ふみよ)さん(37)=東京都中野区在住=の広島原爆をテーマにした話題のコミック「夕凪(なぎ)の街 桜の国」が、映画化される。下関市出身の佐々部清監督(48)がメガホンを取り、今夏に広島市内でロケがある。
 単行本は二〇〇四年十月に出版。文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞などを受賞した。広島で被爆した女性の十年後を描く「夕凪の街」、一九八七年と二〇〇四年の東京を舞台に被爆二世の姉弟らが主人公の「桜の国」の二部構成。日常を淡々と描く温かい筆致が、若い世代らに共感を呼び、現在約十七万部、韓国やフランスなどで翻訳版も出ている。
 佐々部監督は、「半落ち」で〇四年度日本アカデミー賞作品賞を受賞。監督が所属する東京の映像製作会社などが映画化に踏み切り、キャスティングを進めている。一九五五年の広島の街を再現したオープンセットを埼玉県内につくり、七月二十日にクランクイン。八月十日から広島ロケをする。来年夏に公開予定。
 ロケハンで今月、広島市を訪れた臼井正明プロデューサー(41)と佐々部監督は「被爆の記憶を引き継ぎ、明日に向かって希望を持って生きている主人公。現代の家族のきずなの物語として丹念に描きたい」と語る。
 こうのさんも「佐々部監督から漫画のキャラクターに何度も会いたい気持ちになるような映画を撮りたい、と聞いた。世界の人に一層親近感を持ってもらえれば嬉しい」と歓迎する。(円山文雄)

こうの氏の漫画は「こっこさん」「ぴっぴら帳」「長い道」「さんさん録」など、あたたかいほのぼの調と、そのなかに突如、足払いされるようにスコーン! とやってくるオチと、どれも好きなのですが、「夕凪の街 桜の国」は、いろいろと身につまされる(この用語法は誤用な気もする)思いをしながら読みました。(テーマとなった原爆については、こちらでも書きました)

来年夏公開予定かあ。見たい……。

原作漫画の「夕凪の街 桜の国」については、紙屋研究所さんによる論評もナカナカよいので、ご興味のおありの方はご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月28日 (水)

米軍基地騒音の賠償34億円、日本が肩代わりだって!

米軍再編で、米軍機がものすごい騒音を立てて飛び交う基地の移転が問題になっています。米軍基地をめぐっては、全国で騒音公害に対する周辺住民の訴訟が起こされてきて、巨額の賠償が命じる判決が出されてきています。昨年は東京の横田基地での判決がありました。

ところが、アメリカ政府は支払いを拒否していて、その分を日本政府が払っているんですって!

「横田・厚木・嘉手納基地/爆音賠償 米が拒否 34億円 日本肩代わり」(しんぶん赤旗)

続きを読む "米軍基地騒音の賠償34億円、日本が肩代わりだって!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

煮えくり返る教育長発言、その後

先日、埼玉・戸田市の教育長が卒業式・入学式で「日の丸・君が代」に起立しない来賓について「はらわたが煮えくり返る」と発言したニュースを紹介しましたが、この問題でその後のニュースです。

「再度照会の意向表明 来賓不起立で戸田市教育長」(埼玉新聞)

 戸田市の伊藤良一教育長は二十二日、記者会見し、市立小中学校の入学・卒業式の君が代斉唱で起立しない来賓を「腹が煮えくり返る」と市議会で批判したことについて「不適切な発言だった」とした上で、起立しなかった来賓の氏名や人数を各校長に照会する意向をあらためて表明。「事実確認をした上で、教育委員会に今後の対応を諮りたい」と述べた。
 二十二日開催された戸田市教育委員会(仙波憲一委員長)で、伊藤教育長が報告したという。
 同教育長によると、照会するのは市内十八小中学校全校で、この春の入学式、卒業式での来賓が対象。保護者は対象にしない。
 口頭で挙げてもらう予定で、「事実確認をした上で、教育委員会に諮って対応を慎重に検討してもらう」という。照会の実施時期は「早い時期」としながら「教育委員の意向も踏まえて実施していきたい」とした。
 同市教委によると、これまで、入学式や卒業式で来賓や保護者が君が代斉唱などで起立していないといった報告、市民からの指摘はなかったという。
 各学校長を通じて、来賓については控室、保護者については会場で式典の進行に協力をお願いしてきており、引き続き式典進行の協力要請を行っていく方針という。

「煮えくり返る」という発言は撤回したものの、調査はやるんですね。これについては、前回も書いたので繰り返しませんが、こういう調査自体が国旗・国歌法制定時の大臣答弁にも、根本的には憲法にも違反するものだということを、分からないのでしょうか? 「規律」をうんぬんしながら、保護者について調査対象にしないということも、調査の「正当性」を確信しきれないことの一つの証しであるような気もしますが(調査しろっていってるんじゃないっすよ)、保護者にも強制できないものを、来賓には強制しようというのはケシカラン話です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月22日 (木)

「ジャッパニーズ・ビジネスマーン」

東京学習会議『資本論』6月期講座「第8章 労働日」「第9章 剰余価値の率と総量」をめぐる話の続きです。

前回では、労働日(一日の労働時間。週あたりや月あたりの労働時間も全く同じです)が資本家と労働者との力関係で決まること、標準的な労働日が、両者の長い長いたたかいのなかで確立されてきたことを紹介しました。

続きを読む "「ジャッパニーズ・ビジネスマーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

「24時間タタカエマスカ?」

……なんていうドリンク剤のCMソングがバブル末期の90年ごろにありましたが、みなさん覚えておられるでしょうか? サヨな方々の間では、「そんなに働かされてたまるか」という批判が強くありましたが、イジョーな歌だったなあと改めて思いますねえ。

何で今ごろ、そんな一昔前の歌を持ち出してきたかというと、11日に開かれた東京学習会議の「資本論」6月期講座(私は残念ながら欠席したのですが)のレジメがこのほど、郵送されてきたんですよ。今回は第8章「労働日」と第9章「剰余価値の率と総量」という、労働時間をめぐる本格的な理論的・歴史的考察に入ってきたということで、書いてみたわけなのです。

実際、この問題は、マルクス以前の産業革命の時代から現代にいたる大問題です。とくに現代では歌にも出てくるような長時間労働や、労働させながら賃金を支払わない違法な「サービス残業」、さらには国際語にもなってしまっている「カローシ(過労死)」の問題があります。なかでも見過ごせないのは、日本経団連が導入を画策している「ホワイトカラー・エグゼンプション」(ホワイトカラーの労働時間規制を撤廃するもの=日本経団連の提言のPDFファイルはこちらで、それについての本ブログの記事はこっち)や、厚生労働省の審議会(分科会)で検討している「自律的労働時間」制度の創設などです。マルクスは『資本論』で、これらについて考えるうえで、きわめて重要な基礎を与えているんですね。

続きを読む "「24時間タタカエマスカ?」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

市教育長が「日の丸・君が代」不起立に「煮えくり返る」

埼玉・戸田市の教育長が、「日の丸・君が代」斉唱で起立しなかった来賓に「はらわたが煮えくり返る」と発言し、来賓の氏名、人数を調査すると発言したそうです。

Yahoo!ニュース(共同通信)「不起立に『煮えくり返る』君が代斉唱で戸田市教育長」

 埼玉県戸田市の伊藤良一教育長が市議会で、市立小中学校での入学、卒業式の君が代斉唱で起立しない来賓について「はらわたが煮えくり返る」と批判していたことが20日分かった。市教育委員会も起立しなかった来賓の氏名や人数の調査を検討しているという。
 君が代斉唱をめぐっては、東京都教委が地方公務員法に基づき、起立を拒否した教員を大量処分しているが、来賓に関しては教育委員会に指導権限がなく、調査することになれば極めて異例。
 市教委によると、今月13日の市議会で「保護者や来賓で起立しない人がいる」との一般質問に、伊藤教育長が「(事実であれば)はらわたが煮えくり返る」と答弁。「内心の自由という人がいるようだが、生徒たちの前で規律を乱すようなことがあってはならない」と述べた。

続きを読む "市教育長が「日の丸・君が代」不起立に「煮えくり返る」"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

“どこぞの沙汰も米次第”ってか?

古い知人の“つぶやき&ニュースブログ”で、こんなニュースが紹介されていたのを見つけました。彼のブログを見るまで全然気づきませんでした………orz

asahi.com:「米兵受刑者は毎日シャワー、デザートと優遇 政府答弁書」

 米軍関連の受刑者は刑務所内で毎日シャワーを浴び、食事に肉類やデザートが出る回数も日本人受刑者より多い――政府が16日に閣議決定した答弁書で、米軍への特別扱いの実態がわかった。「日米間の習慣の相違に適当な考慮を払う」とする日米合同委員会合意が根拠とされている。照屋寛徳衆院議員(社民)の質問主意書に答えた。
 懲役刑などが確定した米軍関係者は、男性は横須賀、女性は栃木の各刑務所に収容され、15日現在で14人が横須賀に収容されている。
 一般の受刑者が入浴できるのは、夏は週3回、それ以外は週2回。だが、米軍関係者は、土日を含めて毎日シャワーを使用させている。
 食事も、米軍から定期的に肉などが「補充食料」として現物支給。デザートは、アップルパイやチェリーケーキなどで、コーヒーや牛乳は毎日支給される。軍に属さない米国人には適用されない。

続きを読む "“どこぞの沙汰も米次第”ってか?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

サッカーの“外野”が……

さっきまでやってたサッカーの試合、日本は引き分けだったそうですね。私は今回はちょうど仕事中だったので、結果しか知りません(川口さんは今回もすごいプレーをされたと聞きましたが)。日本を応援している方々は、さぞ悔しいことでしょう。私は別にどこも応援しているわけではないので、特段の感慨も憤慨もないのですが。

それにしても、私もちょくちょく覗いている「コングロマリット橿渕」さんの「TRIAL AND ERROR」でも書かれていましたが、今回のW杯も“外野”がどうにもうるさ過ぎて、たまりません。日本の試合の実況や解説は、相手についての解説なんてそっちのけ、とにかく“ニッポン!ニッポン!ニッポン!”みたいな感じで、いわせてもらえば正直ウザいっす。

もっと(゜Д゜)ハア?な気にさせられているのが、某発泡酒のCM。テレビを前に「勝てますかねえ」と不安を口にした人(度忘れした! えーと誰だったっけ…)に対して、前に座っていた男がキッとにらみつけるように「勝つに決まってんでしょ!!」って返すやつ。アナタが試合するんじゃないダロっての! 「絶対勝ってくれぇぇ~~!!」って叫ぶ方が、まだ分かりますね。

続きを読む "サッカーの“外野”が……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

国会終わって“ポスト小泉”へ?~~4大キケン法案と消費税増税

通常国会が18日(実質的には16日ですが)、閉幕しました。教育基本法の「改正」案や「共謀罪」法案などは、この国会での強行を食い止めることができました。とはいえ、「継続審議」となりましたから、おそらく秋に開かれるでしょう臨時国会では、引き続いてキケンな問題として残っています。加えて、会期延長の見通しもなくなった段階でわざわざ提出してきた改憲手続き法案や、防衛庁の「省」昇格法案も合わせて焦点になりますね。こういった4大キケン法案をやめさせる運動も、やはり引き続いて大事ですね。

メディアの関心は、もうさっそく“ポスト小泉”争いに移っています。小泉内閣が誕生した時は、メディアは小泉首相を天まで持ち上げましたが(発足直後と、昨年総選挙の時は本当にひどいものでした)、今年に入って耐震偽装やライブドアなどの事件をめぐって、やっと少しだけ冷静な、批判的な検証が出てきましたが、“ポスト小泉”争いでは、全く無反省に同様の愚行を繰り返しています。このブログでも以前書きましたが、“ポスト小泉”が誰になろうと、「改革」なるものの実態を冷静に点検するよう、メディアにはあらためて強くのぞみたいし、このブログでもほんのちょびっとでも資することができるようにしていきたいと思います。(何か大きく出ちゃったぞ……^^;)

そんな“ポスト”の課題のなかで、冒頭の4大キケン法案のほか、もう一つ重大な問題として、消費税の増税に踏み出すのかどうか、という件があります。

「消費税上げの具体化、08年度改正以降になる見通し」(Reuters)

続きを読む "国会終わって“ポスト小泉”へ?~~4大キケン法案と消費税増税"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ドイツ!

今、「ドイツ」というと、まわりでの話題は、いわずもがな、ですね。昨日(12日)は、日本とオーストラリアのサッカーの試合がありました。私は普段スポーツはほとんど見ないのですが、昨夜はたまたま職場の宿直で、テレビがついていたこともあり、後半だけ見ました。

まあ、その話題は後でまた。ドイツでは、ワールドカップで注目されているだけでなく、フランスなどとともに、EU(ヨーロッパ連合)で中心的な役割を果たしている国の一つとしても注目されています。政治的には保守政党のCDU・CSUと、社民党との「大連立」のもとで、雇用政策がどうなるか、なんて問題も大きく騒がれてからしばらくたちますが、一方で左翼党をはじめ、社会政策の縮小に反対する運動も広がっています。

そういうドイツの現状について、ドイツから学者の方がお見えになり、語ってくれます。

6月27日(火)午後6時半~、全労連会館
(文京区湯島2の4の4、JR御茶ノ水駅下車徒歩5分、ここです)

です。お話ししてくれるのは、ベルリン・ブランデンブルクアカデミー研究員の、ロルフ・ヘッカーさんという方です(もちろん通訳つき)。ドイツを含めヨーロッパの現状について知りたい方は、ぜひどうぞ。(問い合わせは東京学習会議まで)

それにしてもまあ、昨夜の試合の結果はみなさんご存知の通りで、オーストラリアの勝ち、と。サッカー好きな知人は落胆し、悔しがっていた方が多いですな。

続きを読む "ドイツ!"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年6月13日 (火)

SFU、「赤旗まつり」に登場!

「しんぶん赤旗」12日付に、11月に都立夢の島公園(JR・地下鉄新木場駅前)で開く日本共産党主催のイベント「赤旗まつり」の出演者が決まったというお知らせ記事が出ていました。「共産党の『赤旗まつり』」なんて聞くと、「えー? 眉間にシワつくって政治の話を聞く集会でしょ? そんなのわざわざ行くようなものなの?」とヒく人も少なくないでしょうが、実は政治の話(もちろんありますが)だけでなく、名前に聞き覚えのある歌手が登場したり、全国のうまいものや名物の露店が並んだりする、文字通りの一大「まつり」でもあるわけです。3日間で20万人ぐらいの人出があって、休日に行くと、食べ歩いている人やお土産を手に下げた人なんかで、駅がやたら大混雑になっていたりするわけです。

「第39回赤旗まつり 文化プログラム決まる」(しんぶん赤旗)

まあ、主催者側からすれば、共産党の志位委員長や市田書記局長、不破前議長が話をするというのがメイン企画なわけではありますが(3~4年前、不破氏が『資本論』の話をした話について、政治評論家の岩見隆夫氏が「毎日」のコラム「近聞遠見」で紹介していました)、その辺のお話はとりあえずさて置いておくと、私としては、中央舞台にロックバンド「ソウルフラワー・ユニオン」が初登場するのが、楽しみなのであります。ゲロリ。

続きを読む "SFU、「赤旗まつり」に登場!"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年6月11日 (日)

NEWS@nifty:「難病の11カ月女児、米で手術成功=心機能回復、移植不要の可能性」(時事通信)

以前、このブログでも紹介した、心臓の難病を持つ女の子まなちゃん。手術が成功したとのことです。よかった! 現在は経過観察中とのことですが、快方に向かうことを祈ります。

NEWS@nifty:「難病の11カ月女児、米で手術成功=心機能回復、移植不要の可能性」(時事通信)

 心臓が肥大して機能不全に陥る難病の拡張型心筋症で余命半年とされ、移植手術のため渡米していた東京都多摩市の会社員石榑光一さん(39)の長女愛ちゃん(11カ月)が10日、入院先のカリフォルニア州の病院で、心機能を回復する手術を受け、無事成功した。順調に行けば、移植の必要がなくなるという。
 拡張心筋症は移植しか助かる道がないが、日本では乳幼児の脳死下での臓器移植は不可能なため、愛ちゃんは両親とともに4月に渡米。その後の検査で、本来は大動脈とつながる心臓の冠動脈が肺動脈につながっていることが分かり、正常に戻す手術を受けた。
 4時間にわたる手術を受けた愛ちゃんは集中治療室に戻り、現在、経過観察中だという。(時事通信社:2006年06月11日00時10分)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 4日 (日)

生産過程の分析②

さて、東京学習会議『資本論講座』ですが、29日に、補講のお手伝いをしてきました。私はあくまでお手伝いで、メインの報告は別の方がされ、私はちょろっとコメントしただけなのですが。いつの間にやら月は変わり、11日には6月期の学習会です(私は仕事で欠席しますが)し、前回途中で打ち切った記事をいちおう完結させておかねば。(とはいえ、まさかこんなところを見ている受講者の方はまずいないでしょーがww)

で、続き。資本主義(資本制)的労働過程では、労働者は資本家に自分の労働力を販売し、資本家の指揮下で、資本家の生産手段を使って労働するわけですが、資本家はこの過程で、単に生産物(使用価値)を生産するだけでなく、交換価値を持つ(つまり商品市場で販売されうる)生産物、さらに販売によって「自分が前貸しした価値より大きい価値」(剰余価値)を得るために生産を行います。

【念のために、以前にも書いたことですが2つほど繰り返します。①ここで「価値を持つ」というのは、経済学の概念としての価値であって、日常語で「あの壷はいいものだ!」といわれるような意味での「価値がある」ではありません! 実は補講でも出された疑問なので………。それから、②“資本家の生産の目的は使用価値ではなく剰余価値である”というと、「ナットクいかねえ」と思う方がいるかもしれませんが、ここで考察の対象にしているのは、資本の客観的な運動であって、個々の資本家のアタマの中ではない、ということに注意が必要です】

続きを読む "生産過程の分析②"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年6月 2日 (金)

“凶暴”罪、継続とのことですが…

のどと目の痛みとだるさは、軽くはなったものの、まだ続いていますorz

それはさておき、今日のニュースによると、国会で審議中の「共謀罪」法案は、自民党が民主党の「修正案」を「丸呑み」すると表明したことで、一転成立が危ぶまれたものの、“二転三転”し、当面の採決は見送りとなったとのことです。

「『共謀罪』継続審議へ 民主反発で採決見送り」(岩手日報=共同通信)

 「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法などの改正案をめぐり衆院法務委員会は2日午後、理事会を断続的に開き与野党が対応を協議した。1日の理事会で民主党の修正案を全面的に受け入れる方針を表明した与党は、委員会質疑と採決を実施するよう求めたが、民主党はこれを拒否して折り合わず、2日中の採決は見送られた。
 自民、公明の与党は同日午後の幹事長、国対委員長会談で、民主党の姿勢が変わらない限り、継続審議はやむを得ないとの認識で一致。政府、与党間の調整不足も露呈し、法案の行方は次期国会以降に持ち越される見通しとなった。

しかし、国会の日程が残っている以上、“継続審議だ”と断言するわけにもいかないでしょう.。「火種」が消えたわけでは全くないのですから。

続きを読む "“凶暴”罪、継続とのことですが…"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »