« 国会終わって“ポスト小泉”へ?~~4大キケン法案と消費税増税 | トップページ | “どこぞの沙汰も米次第”ってか? »

2006年6月19日 (月)

サッカーの“外野”が……

さっきまでやってたサッカーの試合、日本は引き分けだったそうですね。私は今回はちょうど仕事中だったので、結果しか知りません(川口さんは今回もすごいプレーをされたと聞きましたが)。日本を応援している方々は、さぞ悔しいことでしょう。私は別にどこも応援しているわけではないので、特段の感慨も憤慨もないのですが。

それにしても、私もちょくちょく覗いている「コングロマリット橿渕」さんの「TRIAL AND ERROR」でも書かれていましたが、今回のW杯も“外野”がどうにもうるさ過ぎて、たまりません。日本の試合の実況や解説は、相手についての解説なんてそっちのけ、とにかく“ニッポン!ニッポン!ニッポン!”みたいな感じで、いわせてもらえば正直ウザいっす。

もっと(゜Д゜)ハア?な気にさせられているのが、某発泡酒のCM。テレビを前に「勝てますかねえ」と不安を口にした人(度忘れした! えーと誰だったっけ…)に対して、前に座っていた男がキッとにらみつけるように「勝つに決まってんでしょ!!」って返すやつ。アナタが試合するんじゃないダロっての! 「絶対勝ってくれぇぇ~~!!」って叫ぶ方が、まだ分かりますね。

せっかくの4年に1度の“お祭り”、世界の頂点の舞台なんだから、ファン(サポーター)も浮かれるだろうし、騒ぎたいのも分かるけど、“勝つのがアタリマエ”“自国代表を応援するのがアタリマエ”みたいな雰囲気を無理やり盛り立てられるのは、辟易します(まあ、それでもバレーボールの中継よりはかなりマシではありますがね)。これで勝てなかったら、手のひらを返すようにバッシングが始まるのかしらねえ?

……なんてことを思っているわけですが、そしたら、「しんぶん赤旗」17日付に、W杯ご当地ドイツの街の様子が紹介されていました。

「W杯 ライン通信/力みのない実況放送」(しんぶん赤旗)

 ドイツでのワールドカップ(W杯)のテレビ放映は、感心するほど落ち着いています。
 十四日夜のドイツ―ポーランド戦は、国営第一放送(ARD)が中継しました。実況放送はアナウンサーが一人で担当。試合中は解説者も登場しません。
 アナウンサーの実況はまるで政治・経済ニュースを読み上げるような淡々とした口ぶり。ボールがだれからだれに渡ったのかを伝え、状況の報告に徹します。シュートの場面でも、決してヒステリックに声を高ぶらせることはありません。
 もちろん、ロスタイムでドイツの決勝ゴールが決まった瞬間だけは例外でした。声がやや高くなり、口調も早口に。それでも絶叫しなかったのはさすがです。
 母国に極端な肩入れをしない点も特徴です。
 ドイツのクローゼ選手がポーランド選手に反則をした場面では、自国の選手が審判の判定に抗議しているというのに、アナウンサーは「審判が正しいですね」とさらり。
 ポーランドの猛攻が続くと、「(初戦の)エクアドル戦とは比べものにならないくらい良い攻めをしています」と冷静に評価していました。
 おかげで視聴者は、テレビの前で肩の力を抜いて観戦できるのでしょう。(フランクフルト=勝又秀人)

ドイツ人のサッカーへの熱狂ぶりも、よくいわれることですから、テレビ中継がこんな感じだと、意外というか、むしろ肩透かしを食らったような感じさえしてしまいそうですが、こういう落ち着いた雰囲気、いいっすね。日本もこんな感じでやってほしいよなあ。

|

« 国会終わって“ポスト小泉”へ?~~4大キケン法案と消費税増税 | トップページ | “どこぞの沙汰も米次第”ってか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/10588514

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーの“外野”が……:

« 国会終わって“ポスト小泉”へ?~~4大キケン法案と消費税増税 | トップページ | “どこぞの沙汰も米次第”ってか? »