« 「24時間~」の続き(オマケ) | トップページ | 労働時間が変わらなくても利潤を濃く搾る方法 »

2006年7月 6日 (木)

北朝鮮がミサイルを発射

昨日(5日)未明以来、北朝鮮が相次いで7発のミサイルを発射させ、さらに「続ける」姿勢を示しています。

「北朝鮮“ミサイル発射継続”」(NHKニュース)

 北朝鮮は、5日行った一連のミサイルの発射について、6日午後、初めて認めたうえで、「発射は成功し、今後も自衛的な抑止力を強化するためにミサイルの発射訓練を続ける」と主張しました。
これは、北朝鮮の外務省スポークスマンが国営の朝鮮中央通信に対して述べたもので、「ミサイルの発射は自衛的国防力の強化のために軍が行った訓練の一環だ」としたうえで、「発射は成功した」と評価しました。また、発射の理由について、▽アメリカが北朝鮮との対話を拒否したことや、▽アメリカが北朝鮮に対して実施している金融制裁などをあげ、「ミサイルの発射を自制する必要がなくなった」としています。そのうえで、「ミサイルの発射は主権国家としての合法的権利であり、日朝ピョンヤン宣言や6か国協議の共同声明など、いかなる合意にも拘束されない」と主張しました。さらに「今後も自衛的な抑止力強化のためにミサイルの発射訓練を続ける」と主張したうえで、「これに圧力を加えようとするならば、より強硬な措置を取らざるをえない」として、アメリカなどをけん制しました。北朝鮮が、1998年8月31日に「テポドン1号」を発射した際には、ミサイルの発射を事実として認めたのは発射から4日後で、「人工衛星の打ち上げに成功した」と伝えていました。これに対して、今回は翌日にミサイルとしての発射を認めたもので、異例の早さといえます。

………全く、無茶苦茶なことをやらかす国だなあ。しかも、人が忙しくてブログを更新する余裕が取れないって時に……。

北朝鮮のミサイル発射は、米朝共同コミュニケ(2000年10月)、日朝ピョンヤン宣言(02年9月)など、これまで北朝鮮自身が国際舞台でたびたび表明してきた「凍結」言明に反しています。また、仮にミサイル実験を行うとしても、事前に周辺諸国に通告することは、国際条約や国際機関の決議でも義務付けられており、今回のミサイル発射は、これらのルールにもそむくものです。

さて、ミサイル発射を受けて、日本政府は国連安保理事会に、制裁決議案を提出しました。

「安保理に制裁決議案提示 北朝鮮ミサイル発射で日本」(共同通信=埼玉新聞)

 【ニューヨーク5日共同=川北省吾】北朝鮮のミサイル発射を受け日本政府国連代表部は5日、安全保障理事会の理事国に対し、弾道ミサイル開発や実験などの即時中止を北朝鮮に義務付けるとともに、ミサイルや大量破壊兵器開発につながる恐れのある資金や物資、技術が同国に渡らないよう加盟国に強制する制裁決議案を提示した。
 安保理は同日の緊急協議で迅速かつ断固とした対応を目指すことで一致したが、安保理常任理事国として拒否権を持ち、北朝鮮の友好国である中国とロシアは制裁に反対。決議案と異なり法的拘束力のない議長声明が望ましいとの立場を示しており、妥協点をめぐる安保理内の攻防が本格化する。
(中略) 制裁に道を開く国連憲章7章に基づき、米英との緊密な協議を経て作成された決議案は北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難、発射凍結公約違反に深刻な憂慮を表明した上で〔1〕弾道ミサイルの開発や実験、配備、拡散の即時中止〔2〕核問題をめぐる6カ国協議への無条件、即時復帰〔3〕完全かつ検証可能、後戻りできない形での核計画放棄に向けて核関連活動に関する全作業を中止―などを北朝鮮に求めた。

国連安保理などでの協議や国際的な制裁措置が、具体的にどのようなものになっていくのかは、これからの問題ですが、いずれにせよ、日本を含む周辺各国や国連加盟各国が一致協力して、国際法にもとづいた措置を取ることが必要でしょう。

とくに、日本独自の対応として必要なのは、北朝鮮と懸案ないし“紛争”となる課題について直接交渉を行う公式の外交ルートを確立することだと思います。

こういう無法事件が起きると、「こんな国はつぶしてしまえ」という主張があちこちで出てきますが、私は、外国の体制打倒という内政干渉的な対応や、軍事力による「制裁」はすべきでないし、かえって国際的な協力の体制をつくるうえで障害になるものだと思うのです。

|

« 「24時間~」の続き(オマケ) | トップページ | 労働時間が変わらなくても利潤を濃く搾る方法 »

コメント

 はじめまして。今日和。
 今日、"Under the sun"に参加表明させていただいたばかりの@boh(Kyuichiro Akimoto)といいます。
 作家志望の中学生です。
 小泉総理の小恥ずかしい英語を全世界に披露した訪米や、軍事危機を煽るテポドン発射まで、この一週間激動の世界情勢でしたが、あなた方のしている活動がすこしでも世界にとって、そしてこの日本にとって光明となる事を祈っています。
 私は小説で、統一教会の霊感商法・政治癒着問題、731部隊問題、薬害問題、などについて扱っています。
 何かご存知のことありましたら、また現在書いている小説に間違いなどありましたら、私のサイトにコメントしていただけるとうれしいです。
 同志的連帯の挨拶を送ります。

 ---
 「正しい人のままで死なせてください」 
 http://d.hatena.ne.jp/beanguy/

投稿: @boh | 2006年7月 9日 (日) 午後 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/10813364

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮がミサイルを発射:

» 株吉ファンド [株吉ファンド]
伝説のファンドマネージャー「株吉」が株式市場の相場観から個人投資家のための戦略、外資系、証券ディーラー、ファンドマネーの動き、狙い銘柄、スイング(短期)での狙い所を惜しみなくリアルタイムに! [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 午後 10時19分

» 人はなぜ繋がりを求めるか――青年マルコの冒険(7)by華氏451度 [Under the Sun -HOME-]
 何処で時間のねじれが生じたのか、草原を歩いていたはずなのに弥生時代に迷い込んでしまった青年マルコ。櫂のない小舟に乗り、潮の流れに任せてひたすら太陽の方向へと進んだが、行けども行けども見えるのは空と海ばかり。いつのまにか、あたりは茜色に染まり、そしてゆるやかに薄墨色が広がっていった。ひとつ……そしてまたひとつ、星が瞬き始め、やがて闇の中に星ばかりが怖いほど満ちた。  今までは『旅の駅』や農夫ムラノの家に泊めてもらって、簡素だけれどもあたたかいベッドで休むことができた。深い森の奥でやむなく野宿した時... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 午前 12時30分

» おかしいと思う私たちの頭がおかしいのか? [とくらBlog]
 どう考えても、北朝鮮のミサイル発射の意味は、安倍擁護?!と思えてしまいます。また、Speak Easy日本さんが、金正日=朝鮮総連系のファンド、空売り失敗!逆に追証発生か? を紹介されていますが、そちらには、 前回もそうだけど、今回もそう。  前場始まる前に、大量の空売りがあった。ま、外国証券会社経由とかで、その片鱗はすこしみえるけど・・・。前回のミサイル発射では、暴落した。そこで、買い戻した。これ、「金正日の空売りボロ儲け」と以前はいわれた。ま、ある種の神話かもしれん。  しかし、今... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 午前 07時17分

» テポドン騒動が第二次朝鮮戦争に発展しない5つの理由 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
①祖国を分断された朝鮮民衆は民族統一の方向性を主体的に選択している ②東西冷戦の終結によりイデオロギー的人工的対立構造がすでに存在しない ③イラク戦争で失敗したブッシュ政権には新たな戦争を開発するパワーがない ④安保理で憲章第7章を含む制裁決議が成立したとしても国連軍を編成できない ⑤米軍はすでに韓国から撤収を開始している,日本軍は憲法上参戦できない 明朝未明の国連安全保障理事会で日本が英米仏を含む7カ国とともに提出した北朝鮮制裁決議案が採決に付される.ロシアは棄権ないし欠席に回ると想... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 午後 10時26分

» 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)元首の金正日総書記はこの国家存亡の秋にどこに雲隠れしたのか? [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
金正日が雲隠れして公式の場に姿を現さなくなるというのは今日に始まったことではない.North Korea Todayによると,1980年から2003年までの23年間に金正日が1ヶ月以上不在だった期間は62回もある.平均して1年のうち2.7回は雲隠れしていたことになる.最長は80年10月14日から81年5月18日までの217日間.80年10月の朝鮮労働党大会(この回を最後として以後開催されていない)で名実ともに金日成の後継者であると認められたはずの金正日はそれから217日間,新学期を恐れる不登校児のよ... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 午前 12時26分

» なぜ人は繋がりを求めるのか--マルコの冒険-エピローグ-by T.N.君の日記 [Under the Sun -HOME-]
 親愛なる お母さんへ  長いこと家を留守にし、連絡もせずに申し訳ありませんでした。  自分で何一つ出来ないマルコの一人旅を、お母さんはさぞ心配されていたことでしょう。僕は今アリラン峠を後にし、お家へ帰ろうと港までやってきました。しかしあいにくの大雨でなかなか船が出ず港で足止めをくらっている所です。    およそ一ヶ月前、「Under the Sun」という名の、みんなが幸せに過ごしているパラダイスがあると耳にし、自分の眼でそれを確かめたくて、書置き一枚残して、突然家を飛び出して来てしま... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 午前 01時29分

» <日本人が知らない 恐るべき真実 -研究メモ-:政府紙幣はなぜ発行できないか>へのコメント [エクソダス2005《脱米救国》国民運動 ]
あなたがサラ金から10万円を年利28%で借りたとしよう.あなたは多分毎月4000円を支払うことで3年後には完済できるだろう.この場合あなたはトータルで144000円支払ったことになるから,元本に対し44%の利息を支払ったことになる.もし,月々2300円しか入金できないとすると,あなたはほぼ永久に元本10万円に対する利息のみを払い続けることになるだろう.しかし,このような状態に陥ったとしてもあなたはサラ金業者から見て必ずしも「債務破綻者」ではない.実際,あなたに支払い能力がある限り,業者は借入元本が減... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 午前 02時55分

» 北の独裁者金正日の落日:孤立を深める北朝鮮,ARFでも北朝鮮ミサイル発射を批判する議長声明を発表 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
マレーシアのクアラルンプールで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)外相会議は北朝鮮のミサイル発射を批判し安保理決議を受け入れるよう促す議長声明を発表して28日閉幕した.北朝鮮はこの議長声明に強く反発しARF脱退をも辞さないとの強行姿勢を示した(ARFは全会一致を運営原則としている!).会議にはARFを構成するASEAN10カ国と域外の16カ国・機構の外相らが参加(北朝鮮は2000年から参加している).この会議に北朝鮮を代表して参加した白南淳(ペク・ナムスン)外相は「国連... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 午後 11時26分

« 「24時間~」の続き(オマケ) | トップページ | 労働時間が変わらなくても利潤を濃く搾る方法 »