« 「憂うつには結婚が効果的=米研究」(Reuters) | トップページ | 8年ぶりに泳いでみた »

2006年8月15日 (火)

小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信)

小泉首相がやはり靖国神社を参拝しました。

「小泉首相が靖国参拝 中韓、強く反発」(東京新聞=共同通信)

 小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。首相は2001年の就任以来、年に1回の参拝を続け、今回が6回目だが、終戦記念日の参拝は初めてで、現職首相としては1985年の中曽根康弘氏以来21年ぶり。モーニング姿で本殿に上がる「昇殿参拝」で、「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳した。
 9月退陣を前に、01年の自民党総裁選で宣言した「公約」を果たす狙いがある。昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされる元宮内庁長官のメモ判明後の参拝だけに、党総裁選や次期首相の政権運営で靖国問題が大きな焦点になるのは確実。中韓両国はあらためて反発を強めており、関係改善はポスト小泉に委ねられる。
 首相は15日午前7時40分に秘書官を伴い、公用車で靖国神社に到着。本殿に上がり、神道方式ではなく一礼した。私費で献花料3万円を納めた。

これまでは終戦記念日を外したり、初詣を“装った”りしてきましたが、“もう来月で任期切れだから中国や韓国から批判を受けても知ったことではない”と、いわば“最後っ屁”とばかりに、この日にあえて参拝した、ということなのでしょうか?

首相はまた、終戦記念日の参拝を「01年総裁選での公約」といいましたが、日本の侵略戦争と植民地支配を美化・顕彰する靖国神社を参拝すれば、「戦争への反省」という“国際公約”をふみにじる形になるということに、なぜ目を向けようとしないのでしょうか? このことは“外国の批判に屈する”かどうか以前に、日本自身の過去に向き合う姿勢として問われるべきことだと思います。

|

« 「憂うつには結婚が効果的=米研究」(Reuters) | トップページ | 8年ぶりに泳いでみた »

コメント

初めまして。北海道の中年ケアマネnobです。
TBさせていただきました。

投稿: nob | 2006年8月15日 (火) 午後 11時44分

nobさん、初めまして。
ごていねいなごあいさつとTBをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: かわうそ | 2006年8月15日 (火) 午後 11時58分

とうとう。やらかした。

本当に。暴挙。

またもや。政教分離原則を侵した。

投稿: ばぶ | 2006年8月16日 (水) 午前 11時25分

靖国は政教分離に反しはしないってローマ法王が言ってるのですがねー

ttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid59.html


政教分離を言うならこれよりも公明に言うべきかとw

投稿: 久々 | 2006年8月16日 (水) 午後 07時27分

こんにちは。TBさせてもらいますね。
小泉氏の「最後っ屁」は、この政権の無責任さを象徴しているようにも思えます。

投稿: | 2006年8月16日 (水) 午後 09時53分

自分の真意を述べる必要があると思われるので、長い記述になって心苦しいが、ご容赦願いたい。


●ローマ法王の発言について
ローマ法王の発言が、どう評価されるべきか。私に蓄積がないので残念ながら何ともいえない。

推測的な感想で申し訳ないが、ローマ法王が政教分離という場合、自由な信仰を認めるという意味で用いると思われる。また、自らの出自からして、政治権力が、特定の宗教に関与すること自体を否定しているとは思えない。


●政教分離概念の使用にあたって
フランス、旧ソ連のような、かなり厳密な政教分離を強いている国は稀なケースということを踏まえて。

さらに、多党制と議会制を基本とする議会制民主主義の諸国でも、国教を指定している事実を踏まえて。

また、政治(国家)と宗教の関係について、ウェーバー以来の思索の蓄積があり、そう単純なものではないということも踏まえて。


●創価学会という存在について
確かに、ご指摘の通り、某政党が与党に参画していることが政教分離に反しているという議論は、厳格な政教分離を唱えれば、妥当である。(しかし、某政党の存在自体が政教分離に反している疑いがあるという議論は聞いたことがない。あれば教えて欲しい。)政教分離の原則に関する問題を俯瞰すれば、当然にご指摘の問題も遡上に上る。しかし、今の文脈からすれば、それは問題の拡張といえよう。議論の焦点が拡散してしまうので、別途議論した方が良いと思われる。

(私見では、宗教教団を支持母体にもつ政党が、議会内に議席を有していたとしても、それが議会制民主主義の転覆、又は特定宗教の特権化を主張しない限りにおいて、共存可能であるので、政教分離原則を適用して排除する必要なないと思われる。)

(また、私は敢えて、宗教教団を支持母体とする某政党を支持するか否かという点については回答をしない。また、敢えて、回答しないという記述をここに残しておく。また、しつこいようだが、敢えてその意味を述べておく。議論は公正に行うべきであるからだ。)


●政教分離 の歴史的経緯について
政教分離という概念が生まれてきた契機を考えるなら。
「異なる価値観の共存」を図るため「対立の激しい問題についての権力の不介入」とし「個人の生命・自由の保障」をし、「個人の幸福を追求並びに社会全体の保全」を意図したという整理が可能であろう。

その点からすると、靖国神社への参拝の是非は、国論を二分するような問題であり、行政府の長が関与を避けるべき問題であると言える。どうしても参拝をするならば、あらゆる側面において個人として行うべきである。
彼はかねてより、「総理大臣である某が個人として参拝した」と発言しているが、この発言は公私をあえて不鮮明にした点で言い逃れである。
その意味で、政教分離原則を侵していると判断した。


●日本における政教分離原則の意味
日本では、神道の国教化と国家に他宗教の弾圧(大本教、創価学会など)、国家神道における神である天皇を否定した思想への弾圧(共産主義者など)、さらには国家神道における神である天皇の名をかりた各種思想の弾圧(自由主義者、社会民主主義者など)の事実。
それらの事件を正当化するイデオロギーであった国家神道における靖国神社の特異的位置を考慮すると、平和を祈念して靖国神社に参拝するという見解は、片手落ちな認識である。

あえて感覚的にいうならば、日本においては、歴史的経緯から、政教分離原則はローマ法王の感性よりもより厳格であるべきである。


●ナショナリズムと靖国神社について
また、靖国神社は、(原則として)戦死者を神として祭ったという点、また戦死者を顕彰するという点において、近代国家の要請に応えたものである。近代国家がナショナリズムを形成する上、整備、維持、活用されてきたのが靖国神社である。それゆえ、神道の側からも折口信夫に代表される神道教学上の逸脱行為が指摘されるのである。
神道教学上の問題はともかくとして、靖国神社をナショナリズムの問題としてみた場合、何が問題となるかは、近年の歴史学が明らかにしているので、文献を読まれることをお勧めしたい。
また、近代社会においてナショナリズムがどのような意味、役割を果たしたかという点については、歴史学だけでなく、諸学が語ってきたことである。
私が一点だけ強調しておきたいのは、ナショナリズム自体が必要か不必要かということではなく、近代日本においてナショナリズムが人間の自由を束縛し、多くの人を死に追いやったという事実である。

(我々の社会は国家という制度を必要としているという事実。それが、「まだ」なのか。「いつまでも」なのかを議論する力は私にはない。)


●なぜ、暴挙なのかという回答
この事実を鑑みる際、本来的に極めて個人的な問題と思われる人間の生と死を国家との関係で位置付け、特定の死のみ有意の死として顕彰するという行為の危険性を、一定理解できるのではないだろうか。近代日本のナショナリズムの負の側面を象徴する靖国神社に参拝するという行為は、以上の意味において暴挙といえる。

以上。

投稿: ばぶ | 2006年8月17日 (木) 午後 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/11443837

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信):

» トラバでつながる平和の願い [Keep9]
 日付が変わって8月15日になりました、いまさら言うまでもなく終戦記念日です。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 午後 06時10分

» 靖国と駒苫 [TRIAL AND ERROR(underwater mix)]
 小泉首相、「靖国派」の期待を背負って靖国神社を参拝。  「日程はいつでもよかった」「戦争でなくなった人々を追悼…」とか言うとったけど、寒いよ。オンエアバトルなら117KBだ。「心の問題」の一方で「公約を果たす... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 午後 11時08分

» 靖国神社参拝 …そのねらいは… [★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条]
 小泉首相が靖国神社を参拝しました。A級戦犯が「神」としてまつられている靖国神社。首相が終戦記念日に参拝するのは21年ぶりだそうです。中国や韓国をはじめ東南アジア諸国から強い非難を受けながらも、靖国参拝を強行した小泉首相のねらいは何だったのでしょう。  靖国神社は、「神社」と名乗っているものの、全国各地にある氏神様をまつった神社とは性格がまったく違います。かつては「東京招魂社」といい、戦死者を「神」としてまつりその武勲を讃える「戦争推進のための社」でした。  小泉首相の言うような「戦没者への哀悼... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 午後 11時43分

» 都内はすごかった [tsurezure-diary]
今日は用事で何と厳戒中の首都高を走ったよ!(しかも午前中) パトカー何台もみた。パトカーの中はおまわりさんでぎっしり。それと、この変な天気の中検問やってたね!もちろん検問されたりはしないよ、見た目だけは立派な市民だからね。 さすがは靖国だ。なんちゅうか、道すいてるのに制限速度でみんな走ってたのがほほえましかったなあ。 20年前なら靖国なんて何それ?って感じだったのに、今じゃすっかりメジャーだ�... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午前 09時17分

» 光復節にヤスクニ参拝 [薫のハムニダ日記]
韓国で今日、8月15日は“光復節”という祝日です。意味は読んで字のごとくです。 そんな祝日の朝っぱらから、みなさまのNHKは新興宗教、靖国神社の報道を垂れ流しておりました。(わかりきっていたことでしたが)「もうエェっちゅーねん」と思いながら韓国のテレビ局にチャンネルを変えて天気予報や国内ニュースなどを見ておりましたが、そこでも“速報で”ヤスクニのニュースが入ってきました。 そこでキャスターの一言。 「小泉首相は国内問題の公約に関しては守らなくても“たいしたことない”と発言したことが... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 01時02分

» 祝! 「われらの靖国」~生命より大切なモノ(再録) [Merge Voices]
約束を守る、ということを(ようやく)目にすることは、とても気持ちの良いものである。 小泉首相の靖国神社参拝、 じつに感慨深いものがあります。 でも、正直、 「いまごろ?」 という心の声がやみません。 「なんだよ、いまごろって…」 って、ついおもってしまう..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 01時28分

» 戦後最大のおぼっちゃまレース [tamyレポート]
 心の問題だから、よその国に反対されても関係ないと言いながら、その心の問題を公約 [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 09時00分

» 靖国参拝は、戦没者への追悼か? 心の問題か? [帆をたて海に出よう]
今朝から話題はこれ一色。小泉首相の靖国参拝。 言いたくなることはいろいろあるのですが、報道を見ながら感じた事は次の二つ。 一つは、「靖国神社への参拝が、戦没者への追悼を意味する」という言葉の虚構。 一般の参拝者が、そう思っているかどうかは問題ではありません..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 09時50分

» 小泉首相、靖国参拝 8/15 [オギノフの肖像]
小泉首相、靖国参拝決行。 俺は話題にするのはもう結構(笑) 彼が言うには「心の問題」なんだってさ。 「公務員」たる小泉氏が遵守しなきゃならないのは「日本国憲法」であるべきなのに、それを「ないがしろにする」ことを公言して憚らない馬鹿さ加減。 付き合う方も付き合わされる方も、いい加減目を醒した方がいい。 「靖国問題」とマスコミやメディアによって土俵が設定された時点でこんな話はお仕舞だ。 議論を尽くして行き着くところは「遺族... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 11時00分

» 「靖国の魔力」  加藤家放火、そして切腹 [平和志向法律屋 「DANZO」。]
 終戦記念日の今日、小泉首相は、靖国神社を参拝した。靖国神社の前では、「天皇陛下の元に結集せよ」などの幟が上がる不気味な雰囲気の中、反対の声を無視し、しかも「公約だから」と自分を選んだ国民へと責任を転嫁して、参拝を... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 11時01分

» 最後っ屁?-小泉靖国参拝に思う [そぞろ日記]
みなさま残暑お見舞い申し上げます。みなさまお元気でしょうか? 半月ぶりに思いつき [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 午後 12時25分

» 学生が考える小泉総理の靖国神社参拝と、最新映画。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
昨日のTVタックルでも論議されていた靖国神社参拝。いち大学生がエラそうに論じるつもりはないのだが、いわゆる小泉総理最後の使命の実現に、純粋に感動した。 [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 午後 01時50分

» 東京招魂社(靖国神社) [喜八ログ]
栗本慎一郎さんの「パンツをはいた純一郎」(『週刊現代』2005号12月24日号掲載)からの引用です。  靖国神社参拝問題で、小泉は中国、韓国の怒りを買っていますが、靖国神社に対して、彼は何も考えていないですよ。私はかつて国会議員として『靖国神社に参拝する会』に入っていた。そこで、小泉に『一...... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 午後 08時50分

» 安倍の地元で痛撃・追撃!とくら多香子の山口選挙区民主党公認立候補を祝し、断固支持する。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
(クリックすると拡大します) ※漫画ができたのでとりあえずのアップ。寝不足でふら [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 午前 04時34分

» NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて [ぴーひょろのぼやき]
今朝首相小泉は公約どおり靖国神社に参拝した。小泉は自らの行為の意味を理解してい [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 午前 07時12分

« 「憂うつには結婚が効果的=米研究」(Reuters) | トップページ | 8年ぶりに泳いでみた »