« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月21日 (木)

「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決

ついさっき、NHKのTVで流れたニュースです。都立学校での「日の丸・君が代」強制をめぐる訴訟で、「懲戒処分をしてまで起立・斉唱をさせるのは思想・良心の自由の侵害」とする画期的な判決が出ました。

「君が代強制は思想の自由侵害」(NHKニュース)

入学式や卒業式で君が代を歌うことなどを強制するのは不当だと主張して400人余りの教職員らが東京都教育委員会を訴えた裁判で、東京地方裁判所は「懲戒処分をしてまでいやがる教職員を起立させ君が代を歌わせるのは思想・良心の自由の侵害だ」と指摘して、慰謝料として原告1人あたり3万円の支払いを都教委に命じました。
訴えていたのは、都立の高校や養護学校の現職や元の教職員あわせて401人です。教職員たちは、東京都教育委員会が平成15年に通達を出して入学式や卒業式で日の丸に向かって起立し君が代を歌うよう命じたのは不当だと主張していました。21日の判決で、東京地方裁判所の難波孝一裁判長は「日の丸や君が代は軍国主義思想の精神的な支柱として用いられたことがあるのは否定しがたい歴史的事実で、国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人も少なくない。いやがる教職員に対して、懲戒処分をしてまで、日の丸に向かって起立させ、君が代を斉唱させることは、思想・良心の自由を侵害し、行きすぎた措置だ」として、都教委の通達に従う義務はないと指摘しました。そのうえで、原告の教職員1人あたり3万円の慰謝料を払うよう都教委に命じました。判決は、都教委が入学式や卒業式で起立して君が代を歌うことなどを教職員に命じた通達やその後の都教委の対応について、思想の自由に対する侵害だという初めての判断を示しました。(15時6分)

国旗・国歌法には強制の規定はありませんし、同法を制定する過程でも、政府は“強制しない”旨の答弁を行っています。ところが、東京都教育委員会は起立・斉唱しない教職員に対して、度重なる懲戒処分を行ってきました。今回の判決は、法の趣旨に照らしてみても、あまりにも当然の判決だと思います。

【追記】オトモダチの「紙屋研究所」さんが、この問題について、ご自身が成人式の代表を無理やり降ろされた経験も交えて、詳しい考察を行っておられます。ご関心のおありの方はご覧ください。

紙屋研究所「『セタップ! 仮面ライダーX』を国歌に~ぼくの成人式代表事件にもふれて」

何で「仮面ライダーX」なのかは、よく分かりませんが^^;

| | コメント (1) | トラックバック (10)

2006年9月20日 (水)

「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com)

数日前のニュースですが、また言ったね、この人。

「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com)

 東京都の石原慎太郎知事は15日に都内であったシンポジウムで、国の治安対策を批判し、「不法入国の三国人、特に中国人ですよ。そういったものに対する対処が、入国管理も何にもできていない」と発言した。石原知事は00年にも「三国人」と発言して各方面から批判を浴び、「意図した意味と異なり、差別的に使われていた言葉だった」とした上で、「今後は、誤解を招きやすい不適切な言葉を使わない」と表明していた。
 シンポは、民間団体が主催し、テロなどに対する危機管理がテーマ。
 石原知事は00年4月の陸上自衛隊の式典で、「不法入国した三国人、外国人が凶悪な犯罪を繰り返しており、大きな災害では騒擾(そうじょう)事件すら想定される」と発言。その後、「辞書では『当事国以外の国の人』という意味で出ており、私もこの意味で使った」「在日韓国・朝鮮人をはじめとする一般の外国人の皆さんの心を傷つけたのは不本意で遺憾だ」などと説明していた。

続きを読む "「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com)"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月19日 (火)

「残業代が消える」

20060911132006毎日新聞社発行の『エコノミスト』9月19日号は、「残業代が消える 働けど働けど給料増えずの現実」という特集でした。

巻頭の「なくならない『偽装請負』 都合よく動かされる労働力」では、松下電器産業のプラズマディスプレーを製造する子会社「松下プラズマディスプレー(PDP)」で行われていた違法雇用契約の「偽装請負」の実態を詳しく紹介しました。「偽装請負」は、製造ラインに導入している請負社員に対し、本来彼らを指揮命令する権限のないユーザー企業の社員が、業務上の指示を行うもので、記事では、請負会社に働く男性が、松下PDP社員から、細かい作業指示や休日出勤の要請をはじめ業務上の指示を日常的に受けていたことが紹介されていました。

最近よく行われている「派遣」、つまり人材派遣会社から派遣社員を受け入れる労働者派遣と、この業務請負の違いは、派遣では労働者への指揮命令権限が派遣先企業にあるのに対し、業務請負ではユーザー企業は請負社員を指揮命令することができないという点にあります。ところが、この松下PDPは業務請負契約でありながら、請負労働者に指揮命令を行っていた、というわけで、昨年7月に大阪労働局から是正指導を受け、それまでの業務請負契約を労働者派遣契約に切り替えた、という次第なのです。

続きを読む "「残業代が消える」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年9月16日 (土)

米議会の場で「靖国」の歴史観に公然批判

日本の侵略戦争を「正しかった」と美化顕彰する歴史観をいまだに固持している靖国神社ですが、その展示にアメリカの議会でも公然と批判が出されました。

「米下院委員長、『遊就館』の展示内容見直し求める」(読売新聞)

 【ワシントン=五十嵐文】米下院国際関係委員会のヘンリー・ハイド委員長(共和党)は14日、日本と中韓両国など近隣諸国の関係に関する公聴会で、靖国神社に併設されている展示施設「遊就館」について、「ここで教えられている歴史は事実に基づいておらず、訂正されるべきだ」と述べ、展示内容の見直しを求めた。
 遊就館をめぐっては、旧日本軍の行為を正当化しているといった批判が日本国内でも出ているが、米議会有力者が公式に歴史観の見直しを求めるのは異例。
 ハイド委員長は「西洋の帝国主義からアジア、太平洋の人々を解放するために日本が戦争を始めたと若い世代に教えているのは困ったことだ。日本の植民地支配を受けた人々は、誰も日本を解放者とは見なしていない」と述べた。
 このほか、公聴会では、トム・ラントス議員(民主党)が日本の首相による靖国神社参拝について、「北東アジアの緊張を引き起こし、米国の安全保障上の利益を傷つけている」として、参拝中止を求めた。

別の報道によると、“中国による日米の離間策”を懸念する声も出たそうですが、首相の靖国参拝に対する批判が公の場で出されることは、初めてのことであるようです。

首相の靖国参拝は、「日本の侵略戦争を正当化する“靖国的歴史観”に日本政府が“お墨付き”を与えている」というメッセージを、世界中に発信することを意味していることに、首相も、次の首相も、肝に銘じるべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

消費税増税・憲法改定レース

自民党総裁選が告示され、安倍官房長官、谷垣財務相、麻生外相の3人が立候補しています。すでに事実上、安倍官房長官で決まっているといわれ、“出来レース”とも“消化試合”とも指摘されていますが、連日、マスメディアは大々的に取り上げています。11日には公開討論会が行われましたが、もともと基本的な政策は変わらないわけで(だからこそ自民党の総裁選に出ているわけでしょう)、せいぜい時期や手順、優先順位の違いしかないといっていいですね。

「自民総裁3候補が公開討論――安倍氏『来秋から税改革議論』」(NIKKEI NET)

続きを読む "消費税増税・憲法改定レース"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

「新キャラ登場!」「くっくっくっくっくっ…」

朝っぱらから同じニュースを何回も、いや何十回、何百回も延々と見せられて、聞かされて、辟易しています。いま目の前でついているNHKのテレビでは、「お祝いの踊りを踊った」とか、ケーキ屋さんがお祝いケーキをどうしたとか、街頭で乾杯したとか………。どっかの国とあまり変わらないんじゃないの?

もちろん、新しい命が誕生したことは、めでたいことだと思いますし、生まれた子どもがすくすくと育っていってほしいと思うのは、自然なことだと感じます。しかし、それは千代田区のど真ん中に住むあの夫妻であれ、私の家の近所に住む夫妻であれ、同じはずです(いや近所に最近子どもが生まれた夫妻が実在するかどうかは知りませんけどね。ちなみに私は、子どもどころか【以下略^^】)。この夫妻の子どもの誕生をことさら祝おうとか、ましてや「国民こぞって!」などとか、いわれなければならない筋合いなど、全くありません。

夕刊フジでは、これに関連して(News@Niftyはこちら)、

 誕生したお子さまの皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。「お世継ぎ候補」として特別な教育が施されるのか。家庭内でも2人の姉とは警備やお付きの人の数など、違いが出てくるのだろうか。
 皇室に詳しい京都産業大の所功教授(日本法制文化史)は、「皇太子さまが受けられたような教育が考えられるのではないか」と指摘する。早い時期から「お世継ぎ教育」が行われる可能性もある。

なんて書いていますけど、中国の古典だとか家族の歴史だとかいう以前に、日本国憲法の第1条に書かれているように、主権が国民にあるということ、継承第3位だという自分の地位がその主権者の「総意」あってこそのものだということ――、そちらをまず教えるべきなんじゃないんですかね。

それにしても商業メディアの報道洪水はウザい。アフォか。姉歯事件の公判とか堀江事件の検証とか、あらためて掘り下げるべきテーマがあるでしょうに。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年9月 4日 (月)

最近、更新が滞っています

最近、更新が滞っています。ちょいと心身ともに疲れ気味で、なかなかまとまったものを調べたり、書いたりする気力が今一つわかないのです。(「書いてたっけか」というツッコミは禁止)

そんな状態のなかですが、少しぐらい気分転換めいたことでもと思い、眼鏡を替えてみました。まあこれも、気分転換というよりは、10年近くにわたって使ってきた眼鏡が合わなくなってきたという実用的な理由が先行しているのですが。

で、選んでみたのはフチナシ。Before_1 After_1

左が今まで使っていた眼鏡。で、右が今回買った眼鏡。まあ、「劇的大改造」というほどではないですね。

遠くのものもハッキリ見えるようにはなりましたが、ちょっと見え過ぎて頭が痛いです。慣れるまでにはまだ一週間程度かかるそうで、かえって疲れるなあ。

それにしても、最近の眼鏡のフレームって、ずいぶん柔らかいものが多いんですね。私のもすぐ曲げられますよ。こんな風に。

Frame

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »