« 「残業代が消える」 | トップページ | 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 »

2006年9月20日 (水)

「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com)

数日前のニュースですが、また言ったね、この人。

「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com)

 東京都の石原慎太郎知事は15日に都内であったシンポジウムで、国の治安対策を批判し、「不法入国の三国人、特に中国人ですよ。そういったものに対する対処が、入国管理も何にもできていない」と発言した。石原知事は00年にも「三国人」と発言して各方面から批判を浴び、「意図した意味と異なり、差別的に使われていた言葉だった」とした上で、「今後は、誤解を招きやすい不適切な言葉を使わない」と表明していた。
 シンポは、民間団体が主催し、テロなどに対する危機管理がテーマ。
 石原知事は00年4月の陸上自衛隊の式典で、「不法入国した三国人、外国人が凶悪な犯罪を繰り返しており、大きな災害では騒擾(そうじょう)事件すら想定される」と発言。その後、「辞書では『当事国以外の国の人』という意味で出ており、私もこの意味で使った」「在日韓国・朝鮮人をはじめとする一般の外国人の皆さんの心を傷つけたのは不本意で遺憾だ」などと説明していた。

この人は、上の記事にもあるように、6年前にもこの発言を行い、マスメディアなどで批判されると、「『当事国以外の国の人』という意味で使った」と弁明していました。この文脈では、この言葉をこの意味で使うと全く意味不明なものになるので、知事の弁明は全く通用しないものでしたが、ともかく「不本意で遺憾」と表明したわけです。当時の別の報道では「もう使わない」とものべていました。

ふだん憲法を“意味不明な日本語”と言うなど、石原都知事はときどき、他者を非難するさいに、その言葉遣いを槍玉にあげることがあります。6年前にあれだけ大問題になり、「不本意で遺憾」とのべざるをえなかったこの言葉を、再び使うとは、日本語に対する感覚も知れようというものですし、それ以上に、この言葉で非難された中国や韓国・朝鮮の人たちの痛みに思いをはせるという“情念”はないのか薄いのか、と改めて思わざるを得ません。

|

« 「残業代が消える」 | トップページ | 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/11965946

この記事へのトラックバック一覧です: 「石原知事、また『三国人』治安対策めぐり発言」(asahi.com):

» SAY NO TO RACISM again and again:東京都バージョン [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.20:01:00ころ (2006.9.20:01:50ころ、関連記 [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 午前 11時54分

» 国旗国歌 [国旗国歌の強制は違憲]
強制は違憲 [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 午後 05時55分

» 「三国人発言」を繰り返した石原東京都知事に公開質問状を送付(「外国人人権法連絡会」) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.28.01:50ころ 「外国人人権法連絡会」が、「三国人発言」を繰 [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 午前 01時45分

« 「残業代が消える」 | トップページ | 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 »