« 消費税増税・憲法改定レース | トップページ | 「残業代が消える」 »

2006年9月16日 (土)

米議会の場で「靖国」の歴史観に公然批判

日本の侵略戦争を「正しかった」と美化顕彰する歴史観をいまだに固持している靖国神社ですが、その展示にアメリカの議会でも公然と批判が出されました。

「米下院委員長、『遊就館』の展示内容見直し求める」(読売新聞)

 【ワシントン=五十嵐文】米下院国際関係委員会のヘンリー・ハイド委員長(共和党)は14日、日本と中韓両国など近隣諸国の関係に関する公聴会で、靖国神社に併設されている展示施設「遊就館」について、「ここで教えられている歴史は事実に基づいておらず、訂正されるべきだ」と述べ、展示内容の見直しを求めた。
 遊就館をめぐっては、旧日本軍の行為を正当化しているといった批判が日本国内でも出ているが、米議会有力者が公式に歴史観の見直しを求めるのは異例。
 ハイド委員長は「西洋の帝国主義からアジア、太平洋の人々を解放するために日本が戦争を始めたと若い世代に教えているのは困ったことだ。日本の植民地支配を受けた人々は、誰も日本を解放者とは見なしていない」と述べた。
 このほか、公聴会では、トム・ラントス議員(民主党)が日本の首相による靖国神社参拝について、「北東アジアの緊張を引き起こし、米国の安全保障上の利益を傷つけている」として、参拝中止を求めた。

別の報道によると、“中国による日米の離間策”を懸念する声も出たそうですが、首相の靖国参拝に対する批判が公の場で出されることは、初めてのことであるようです。

首相の靖国参拝は、「日本の侵略戦争を正当化する“靖国的歴史観”に日本政府が“お墨付き”を与えている」というメッセージを、世界中に発信することを意味していることに、首相も、次の首相も、肝に銘じるべきではないでしょうか。

|

« 消費税増税・憲法改定レース | トップページ | 「残業代が消える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/11913437

この記事へのトラックバック一覧です: 米議会の場で「靖国」の歴史観に公然批判:

« 消費税増税・憲法改定レース | トップページ | 「残業代が消える」 »