« 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 | トップページ | 「来週はサービスサービスっ!」? »

2006年10月 2日 (月)

安倍新首相、A級戦犯の責任を明言せず

安倍晋三・自民党総裁が臨時国会で首相に選出され、論戦が始まりました。このなかで、A級戦犯の責任について、「断定するのは適当でない」という態度を取りました。

「A級戦犯の責任断定せず  首相、衆院代表質問で」(岩手日報=共同通信)

 衆院は2日午後の本会議で、安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党の代表質問を行った。首相は極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯とされた国家指導者の責任について「政府として具体的に断定することは適当でない」と言及を避けた。
 小泉純一郎前首相は、A級戦犯を「戦争犯罪人」と答弁していたが、安倍首相は従来の政府見解の範囲にとどめた。
 歴史認識に関しては、「先の大戦をめぐる政府の認識」と前置きし、植民地支配と侵略を認めた1995年の村山富市首相談話を引用、談話を踏まえる考えを示した。ただ「踏襲する」と明言はしなかった。いずれも民主党の鳩山由紀夫幹事長への答弁。
 鳩山氏は靖国神社参拝について態度を明らかにするよう求めた。これに対し、首相は「行くか行かないか、参拝したかしていないかについて宣明するつもりはない」と述べ、明言しない考えをあらためて示した。
 首相は集団的自衛権について、憲法で禁止されている集団的自衛権の行使に該当するケースを具体的に研究するとしたが、「これまでの憲法解釈や国会における議論の積み重ねを十分に尊重」するとも述べ、慎重に検討する姿勢を強調した。中国、韓国との関係改善に取り組む考えも示した。
 自民党の中川秀直幹事長は、社会保険庁の解体的出直しを求め、首相は早期に新組織を実現すると述べた。
 民主党の松本剛明政調会長が消費税率引き上げの意思や時期を明言するよう迫ったのに対し、首相は「抜本的な税制改革の中で議論を行っていく必要がある。具体的な議論は来年秋以降になる」と明言を避けた。
 鳩山氏は、首相が掲げる「美しい国」について「国家主義、権威主義が幅を利かせ、政治が生活から遠ざかる国だ」と批判した。

小泉前首相は、侵略戦争を美化する靖国神社への参拝を毎年繰り返しましたが、それでも、国会などで追及されると、「靖国神社の戦争観は政府とは違う」と答弁し、毎年8月15日の談話では、戦争と植民地支配への「反省」や「おわび」の意を表明していました。

安倍首相が、日本の侵略戦争の指導者であったA級戦犯の責任について、具体的な「断定」を避ければ、小泉前政権(実際の行動では靖国神社に“お墨付き”を与えていたわけですが)と比べても、日本の侵略戦争に対する認識を後退させた、ということを意味することになるのではないでしょうか。

また、ポツダム宣言や国連憲章、サンフランシスコ講和条約など、戦後の日本と国際社会とのかかわりは、日本の侵略戦争を間違いだったとした上に成り立っています。日本の戦争が侵略戦争であったことを否定すれば、国際社会に占める位置を失うことにもなります。

「読売」「毎日」などによると、安倍首相は東京裁判について、「我が国はサンフランシスコ講和条約により、裁判を受諾しており、国と国との関係において、この裁判に異議を述べる立場にはない」と答弁したとのことです。「異議を述べる立場にない」のであれば、A級戦犯の責任について「具体的な断定」を避けることは全く筋が通りません。

この点では、安倍首相は1997年には「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」を結成し、侵略戦争への反省を「自虐史観」だと非難する立場に身をおいてきました。また、昨年7月31日にはテレビ朝日「サンデープロジェクト」で、日本共産党・志位和夫委員長とガチ討論し、日本の侵略戦争への評価を問われて、何を思ったのか「ハンニバルは象まで連れてローマを侵略したが、戦争犯罪ではない」「ナポレオン戦争だってフランス側とイギリス側では評価が違う」という発言まで行ったこともありました。(これについては、「しんぶん赤旗」日曜版8月7日号が詳しく紹介しています)

安倍首相は来週には中国、韓国を訪問し、首脳会談を行うとのことですが、日本の侵略戦争とその責任を認めない態度では、“安倍外交”はすぐにでも行き詰まることになるでしょう。

|

« 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 | トップページ | 「来週はサービスサービスっ!」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/12132272

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍新首相、A級戦犯の責任を明言せず:

» 安倍内閣の矛盾 [怒りのブログ]
安倍内閣が誕生して所信表明演説、各党代表質問などが始まっているが、安倍首相はわが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。と述べた1995に政府が公式に表明した「村山談話」について「政府の立場」だと言いつつ、相変わらず自分自身の歴史認識については「政治家はそのような問題への発言は謙虚でなけ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 午前 03時09分

» 「あきれた社会保険庁の実態」・・・自民党作成 [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
TBさせていただきます。自民党が、自治労・民主党を狙いうちしたパンフ作成配布。官僚の天下りを避けているところが痛い? [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 午前 11時12分

« 「日の丸・君が代」強制めぐる訴訟で、画期的判決 | トップページ | 「来週はサービスサービスっ!」? »