« 北朝鮮が「核実験」宣言 | トップページ | 北朝鮮の「核実験」に批判が強まる »

2006年10月 6日 (金)

靖国神社遊就館が米批判の記述を「修正」。でも、アジア関連は変えず(毎日新聞)

毎日新聞によると、靖国神社の“軍事博物館”の「遊就館」が、第2次世界大戦の記述を対米関係については(!)修正することにしたそうです。“偉大なるアメリカ様”との関係は慮って記述を変えても、アジアへの侵略については、全く変えようともしないそうですから、ご都合的ですねえ。

「<靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず」(Yahoo!ニュース- 毎日新聞)

 靖国神社の最高意思決定機関である崇敬者総代会が5日開かれ、神社内の戦史博物館「遊就館」の展示のうち、米国から批判が出ていた第二次世界大戦の米国関係の記述を見直すことを決めた。10月中に修正文を作成し、年内をめどに展示を変更する。一方、中国や韓国などアジアの国々から「侵略戦争の認識が欠けており、アジアの独立を促したと正当化している」などと批判されている展示については、今のところ見直さない方針だ。
 変更するのは、大戦時の世界情勢に関する「ルーズベルト(米大統領)の大戦略/(不況下の)ルーズベルトに残された道は資源に乏しい日本を禁輸で追い詰めて開戦を強要することだった。(日本の)参戦によって米経済は完全に復興した」との記述。米側が反発し、7月にはシーファー駐日大使やアーミテージ元国務副長官もこうした歴史観を公然と非難した。
 国内でも首相参拝支持の代表的論客である岡崎久彦・元駐タイ大使が8月24日付産経新聞に「遊就館から未熟な反米史観を廃せ」と寄稿。南部利昭宮司らは即日、岡崎氏を招いて意見を聞いた。
 神社は軍事史専門家らと協議。タイトルを「ルーズベルトとアメリカの大戦参加」と改め、「開戦の強要」「米経済の復興」の表現を削るほか、日本を侵略的と非難したルーズベルト演説を新たに盛り込むなど、米側に配慮した変更案をまとめ、5日の総代会に報告。「なぜ国内から批判が出るのか」などの疑問も出たが、了承された。
 総代からの「中国関係の記述も見直しを検討するのか」という質問に、神社側は「今のところ具体的な指摘がない」と回答。実際は昨年11月、劉建超・中国外務省報道官が同館を「軍国主義を美化する靖国史観の中心施設」などと批判している。
 神社側は「来年7月の開館5周年に向け、英霊顕彰の観点からの見直しも検討する」と説明。関係者は「今回の変更は誤解を与えかねない表現の修正だが、侵略行為を認めるのは英霊顕彰にふさわしくない」としている。【田所柳子、野口武則】
 ■ことば(遊就館) 1882年に軍事博物館として開館。戦後は民間企業の事務所だったが、A級戦犯を合祀(ごうし)した松平永芳宮司が再開した。02年の増改築でビデオやパネルなど視聴覚展示を拡充。歴史の記述も大幅に書き直された。(10月6日3時8分更新)

|

« 北朝鮮が「核実験」宣言 | トップページ | 北朝鮮の「核実験」に批判が強まる »

コメント

やはり鬼畜米英は誤りだった!
ABCD包囲網のうち、ABDには勝てなかった!霞ヶ関とホワイトハウスの緊密なホットネットワークをつくり、おじい様の夢に向かって再チャレンジしようっと!

投稿: 愛国者 | 2006年10月 6日 (金) 午後 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/12170813

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社遊就館が米批判の記述を「修正」。でも、アジア関連は変えず(毎日新聞):

» 使い捨てられた政治感応度の低いおばさん [関係性]
 結局、小泉政治の支持率を維持した要因は何であったのかを考えなければならない。これだけヒドイ政治をしておきながら、何故、支持率だけは高かったのだろうか、という疑問は普通持つ筈である。  「経済格差」の拡大、「地域間格差」の拡大、「大手・下請の格差」拡大、「医療費」改悪、「生活保護」の拒否・・。この現状と小泉支持率の高位安定は何だったのだろうか。ブログで扱ってきた「格差」は幻想だったのか。  みずほ総合研究所発行の『Fole』10月号で、杉浦哲郎チーフエコノミストは「メディア報道で増幅された“幻想... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 午後 05時17分

» アメリカの言うことなら聞くのにアジアは無視する遊就館 [ぴーひょろのぼやき]
毎日新聞によれば、以下のとおり「遊就館」の展示物を見直すそうだ。靖国神社の最高 [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 午前 10時10分

» [毎日新聞]靖国神社遊就館:米が批判の記述修正 アジア関連は変えず [+++ PPFV BLOG +++]
靖国神社遊就館:米が批判の記述修正 アジア関連は変えず(毎日新聞2006/10/6) http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061006k0000m040143000c.html ↓修正される箇所 「ルーズベルト(米大統領)の大戦略/(不況下の)ルーズベルトに残された道は資源に乏しい日本..... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 午前 12時42分

» 地域で頑張る [関係性]
 「経済格差」の拡大の中で多数の被害者を作り出してきたが、このような中で自然を大事にし、安全食品を提供し、悩んでいる人たちと共に生き、省エネに熱中し、零細企業の下請け脱却と相互ネットワーク作りに邁進している人達がいる。  「地域に生きて 源流」(朝日新聞8月21日付け朝刊)で、「源流の自然や文化を生かした村づくりを進めるシンクタンクとして多摩川源流研究所を設立」したことを記事にしている。  山梨県小菅村は首都圏をうるおす多摩川の源流域にある。村の人口は減り続け、65歳以上が40%、平成の大合併か... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 午後 04時01分

« 北朝鮮が「核実験」宣言 | トップページ | 北朝鮮の「核実験」に批判が強まる »