« 教育基本法改定案、与党が衆院通過を強行 | トップページ | 石原慎太郎氏の優雅な出張 »

2006年11月17日 (金)

「おとりさま」で食べ歩く

今日(すでに「昨日」ですが)は「おとりさま」(酉の市)だったので、仕事の後、新宿の花園神社の「おとりさま」に行ってきました。

4日の「一の酉」には行けませんでしたが、「二の酉」も相変わらずの賑わいぶりで、境内に建ち並んだ熊手の露店では、あちこちで手締めの音が拍子木とともに聞こえるし、境内に詰めかけたみなさんは楽しそうに飲んで盛り上がっているしで、毎度のことながらいるだけで楽しくなってきます。

Photoあ、私は別に飲んでおらず、シラフです。行く時はいつも食べ歩きと射的が目的です。(ええ、どーせいつも独りで行っていますが、それが何か?

新宿3丁目(伊勢丹)方向から神社に入った今日はまず、串焼きが目に入る。串で並んだ鶏、豚、牛から豚カルビ塩を選ぶ(やっぱ塩でしょ塩)。しかし、頼んでしばらくしてから隣にタン塩があることに気づき、激しく狼狽。今さら変更はきかないので、おとなしく豚カルビが焼きあがるのを待って食す。冷静に考えれば、両方頼めばいいだけのことだけど、この時は激しく狼狽していたので負けorz。

まあ、豚カルビ塩はそれはそれでうまかったのでヨシ、と自分に言い聞かせて、すぐそばで店開きしていた次のターゲット「射的」へ。500円で弾は5発。タン塩を逃したことは、もう黒歴史。弾を銃に込め、慎重に、そして冷静に、冷酷に標的を見定める。ここで欲をかいて大物を狙う奴は生き残れない。銃の性能の違いが戦力の決定的な差ではないことを教えてやる!

バシッ! 非情な音とともに、標的が崩れ、谷底へ落ちていく。私の勝ちだ!(誰と戦ってるんだか) 5発の弾で3個を沈める戦果(うち2個はイチゴ味)をあげる! 異名は「赤い梅星」。(調子に乗ってますが、大目に見てやってください)

Photo_1

……って別に誰も賞賛してくれるわけもないので独り悦に入って店を後に。熊手やらお面やらの店を覗いたり、お囃子を聴いたりしながら、広島焼きの店へ。注文したものの待っても待っても全然できあがる気配がなく、そのうちに客も込んできたので、買わずにキャンセル。お店のキレイなおねいさんごめんなさい。(まあ後ろに並んでた人が買っただろうから、いいよね?)

代わりに、近くの店ですでにできあがっていた「おやき」を買って食う。ナス味噌味と野菜味。そしてその近くにあった、さっきの店とは別の射的店を通ると、酔ったオニイサンがお連れの彼女にイイトコ見せようと(?)、銃を構えるものの、酔って焦点が定まらないし、欲張って大物を狙うから当たっても落ちないし、で苦労していた。「当てないと家に入れてもらえない」って、何やねんそれ。最後の弾でやっと小物に当てて落としたので、彼氏は家に入れてもらえるのでしょう。よかったね。……なんてのや、小さい子どもが何とか的に当てようとお父さんといっしょに躍起になっているのを見ていると(小さい子をこんな夜中まで寝かせないのはどうかと思うけど)、私もまた挑戦したくなって、ここでも挑む。とはいえ、この店は的を台の奥ではなく少し手前に置いていたので、戦果は期待できず、ほとんど余興。結果は5発撃って1個だけなので、結果的にはさっきのカレシとあまり変わらず。

Photo_3Photo_2トータルで10発中4発、戦果は菓子4個。ま、「4割打者」ってことで。そろそろ終電が近い時間になってきたので、最後にあまり日ごろ食べないようなものを食べて帰ることにした。そんな時にチャプチェ(韓国の春雨)が出ていたので、食う。

………とまあ、こんな感じでした。食べ歩きも楽しいもんですが、腹に脂肪がたまらなきゃいいけど^^;。

|

« 教育基本法改定案、与党が衆院通過を強行 | トップページ | 石原慎太郎氏の優雅な出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/12716030

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとりさま」で食べ歩く:

» はじめまして [ミホ]
いつも拝見させてもらってます☆ぜひ、見にきてくださいな~☆ [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 午前 03時03分

» 眠り猫「平和ブロガーの連帯」の成功のため [関係性]
 「教育基本法改正案」が衆院を野党の欠席の中で強行通過を果たした。  この怒りを早くから感じ取り、それへの対抗手段は選挙による与野党逆転である、とする眠り猫さんの行動力に敬意を評し、尚且つ、私の行動力のなさに批判と刺激を与えていることをこの記事で表明したい。  それぞれの立場で、連帯や共同行動を取ることになると思うが、先ず私のスタンスを明確にしておきたい。言うまでもなく、眠り猫さんは野党共闘の先頭に立つためにも、自らの主義主張はまず背後に置いておき、共同政策で合意させる責任がある。要するに、各政党... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 午後 01時57分

» 野党共闘を後退させるな [関係性]
 昨日の沖縄知事選で、反自民党・公明党の野党共闘の糸数慶子氏が敗北した。  この結果に対して、各新聞等での論調は様々であるが、自己主張の強い政党の「寄り合い所帯」(11月20日付け朝日新聞朝刊)連合は、足並みをそろえるのが難しい。という評論もあった。  しかし、今回の選挙戦で、基地か経済かと問われたら、選挙民は困惑をするだろう。基地もいらないし、沖縄経済も何とかしてもらいたい、という庶民の意識に誤りがあるわけではない。  「経済格差」の拡大は沖縄では本土以上で、失業率の高さは平均をはるかに上回る。... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 午後 03時09分

« 教育基本法改定案、与党が衆院通過を強行 | トップページ | 石原慎太郎氏の優雅な出張 »