« 「再チャレンジ」でもヤラセ質問!? | トップページ | 「おとりさま」で食べ歩く »

2006年11月16日 (木)

教育基本法改定案、与党が衆院通過を強行

教育基本法の改定をめぐり、タウンミーティングでの「やらせ」質問や、高校での科目未履修、いじめ自殺など、問題が噴出しているなかで、安倍政権の与党が今日の衆院本会議で、教育基本法改定案を単独採決で通過させました。

「教基法改正案が衆院通過 与党の賛成で可決、野党は欠席」(中日新聞)

 衆院は16日午後の本会議で、政府と与党が今国会の最重要法案と位置付けている教育基本法改正案の採決を行い、自民、公明の与党などの賛成多数で可決した。民主、共産、社民、国民新の野党4党は、与党が15日の衆院教育基本法特別委員会で野党欠席のまま改正案を単独採決したことに反発し、本会議採決も欠席した。
 同改正案は参院に送付され、与党は12月15日までの会期内成立に全力を挙げる。参院でも特別委を設置し審議促進を図る方針で、今国会成立の可能性が強まっているが、野党は成立阻止に向け対決姿勢を強めていることから、予断を許さない状況が続きそうだ。
 教基法改正案は、前文と18条からなり、1947年の法制定以来、約60年ぶりに全面改定した。前文で「公共の精神を尊び」と明記したほか、教育の目標として「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことなどを掲げ、「愛国心」重視の姿勢をにじませた。また新たに「生涯学習の理念」「家庭教育」などの条項も盛り込んでいる。
 参院審議でも、教育現場での「愛国心」をめぐる評価の在り方などが焦点になりそうだ。さらに、相次ぐいじめ自殺を踏まえた国と地方自治体の役割についても十分な議論が求められるが、野党の審議復帰の見通しは立っていない。政府は前通常国会に同改正案を提出したが、継続審議となっていた。
 衆院での改正案審議が100時間を超え、これ以上審議が長引くと会期延長が不可避となるため与党は15日、特別委で採決に踏み切った。これに対し、野党は政府の教育改革タウンミーティングにおける「やらせ質問」、高校の必修科目未履修問題などを受け審議継続を求めていた。

「愛国心」教育を基本法に盛り込むことの是非、なかでも、何をどのように教えるのか、そして誰がどんな基準にもとづき、どのように評価するのか、いやそもそもできるのか、といった点が先の通常国会でも大問題になりました。

この点は解決も合意もされていないどころか、9月には、国が「愛国心」の中心としている「日の丸・君が代」の学校現場での強制が、憲法と教育基本法に違反していると、東京地裁で明確に批判されました。判決は、要旨(「予防訴訟をすすめる会」サイトから)を見れば分かるように、「日の丸・君が代」自体を否定したものではなく、その「意義を教えること」、掲揚・斉唱は「有意義なもの」としています。そういう立場の判決でさえ、“だからといって、処分をかざしてまで強制することは許されない”として、行政が通達で義務付けることを教育への不当な介入を禁じた教育基本法10条に違反すると指摘したのです。

今回の改定案は、この10条の趣旨を180度転換させ、行政の教育への介入を無制限にできるようにするものですが、臨時国会での審議では、判決で指摘された論点との関係がまだ十分なされていません。

さらに、やらせ質問問題では、「賛成」の立場での発言者に対して謝礼を払っていたという、法案を提出する資格さえ疑わせる事実まで判明しました。いじめの問題では、いま子どもの自殺が相次いでいるなかで、いじめの実態を明らかにしたうえで、教育の現状とあり方、打開の方向について、これからもっと議論する必要があるようのではないかと感じます。未履修問題も同様でしょう。

先ほどのテレビのニュースを見ると、与党側は、委員会と本会議を欠席した野党を「審議拒否は議会制民主主義を否定するものだ」と批判していますが、まだ論議を深めるべき問題が多く残されているなかで、採決を急ぐことこそ、議会制民主主義に対する姿勢が問われるものだと思います。

|

« 「再チャレンジ」でもヤラセ質問!? | トップページ | 「おとりさま」で食べ歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/12711735

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改定案、与党が衆院通過を強行:

» [JANJAN]「愛国」は伝統や文化ではない・教育基本法改正案(政府案)について [+++ PPFV BLOG +++]
教育基本法改正案を単独採決 衆院特別委(朝日新聞2006/11/15) http://www.asahi.com/politics/update/1115/009.html 河野洋平議長は単独採決について「円満ではなかったが運営に瑕疵(かし)があったとは思わない」との見解を示した。 ついにやりやがった・・・今の自民党..... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 午前 01時02分

» 教育基本法改正案、きょう参院審議入り…野党は拒否 [http://abeshinzou.jugem.jp/?mode=rss]
教育基本法改正案、きょう参院審議入り…野党は拒否 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 午前 01時19分

» 【緊急回覧】教育を金で買えると思うなよ!(美しい国の住人) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
本日午後の衆議院本会議で何をトチ狂ったか?与党(自民・公明)は教育基本法改定案の単独採決を強行し,国会は未曾有の混迷に突入した!野党四党の審議ボイコットの結束は固く,参議院に送付される同議案が今会期中に可決成立する可能性はほとんどゼロに等しいとみられる.当初から短命政権と噂されてきた安倍政権ではあるが,まさか,まさかここまで華々しいことをやってくれるとは夢想だにしなかった.あぁぁぁ,おらー知らね! ←野党四党の結束を崩すな!と思われる方はクリックしてください 政治家に金品を贈与して利... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 午後 03時57分

« 「再チャレンジ」でもヤラセ質問!? | トップページ | 「おとりさま」で食べ歩く »