« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

石原都知事の高級料亭での公費飲食に、一部「違法」判決

石原慎太郎・東京都知事が公費を使って行っていた、高級料亭などでの飲み食いが、一部ではありますが、違法だと認定されました。

asahi.com「高級料亭での支出は『単なる接待』、都知事に返還命じる」

 石原慎太郎・東京都知事の交際費支出を巡り、「職務に関連しない私的な飲食に使ったのは違法だ」などとして、石原知事に78件、総額約1194万円の返還を求めた住民訴訟の判決が30日、東京地裁であった。鶴岡稔彦裁判長は2件について原告側の主張を認め、石原知事らに計約40万円の返還を求めるよう都に命じた。67件は住民監査請求の期限を過ぎているとして訴えを却下。残る9件は「社会通念を逸脱した接待とは言えない」として請求を退けた。原告、被告ともに控訴する方針だ。
(中略) 判決は、03年5月に東京・築地の高級料亭で航空関係者ら計8人が会食して約34万円が支出された件で、都側に航空政策担当の都市計画局職員が含まれていなかったことから「老舗(しにせ)料亭での単なる接待と疑われてもやむを得ない」と判断。都が接待相手の肩書や会談内容の詳細を明らかにしなかったため、「1人当たり4万円を超える高額接待を正当化するのは困難だ」とし、石原知事に全額を返還する責任があるとした。
 また、同年2月、銀座の高級飲食店に民放テレビ番組のプロデューサーを招いて1人当たり約2万円の飲食をした件についても、「プロデューサーは都の広報番組の担当で、接待してまで話し合う内容ではなかった」と判断、石原知事と高井特別秘書が計約5万8000円を返還すべきだと認定した。

1人あたり4万円って、どんな会食なんですかねえ………。

続きを読む "石原都知事の高級料亭での公費飲食に、一部「違法」判決"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月28日 (日)

四角い頭をマルクスる?

Marxkgr …って何かどこかの進学塾の宣伝みたいですね。半月ほど前、いつもよく拝見させていただいているブログ「Internet Zone::WordPressでBlog生活」さんで紹介されていた本を見つけて、面白そうだったので、買って読んでいました。小暮太一著『マルクスる?』(マトマ商事)。タイトルの横には“世界一簡単なマルクス経済学の本”、帯には“3時間でマルクス経済学の基礎が身につく超入門本”というだけあって、会話調の文章で、なかなか手際よく(もちろん、かなり省略していますが)、まとめています。

この本は著者の小暮氏(何と1977年生まれ! 私より7歳も若い○| ̄|_)が『落ちこぼれでもわかるマクロ経済学の本』『~~ミクロ経済学の本』に続けて出版したものですが、面白いのは、「はじめに」で、

出版するのが最後になってしまいましたが、実はマルクス経済学編を一番最初に書きました。それは単純に、「一番面白かったから」。

と紹介していることです。

続きを読む "四角い頭をマルクスる?"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

「八雲会」記念演奏会のお知らせ

私が学生時代、合唱をしていたころ(諸般の事情で、具体的な名前はこの記事に書けません^^;)の関係者を中心とした方々が20日午後3時(開場は2時半)から、目黒区の「パーシモンホール」(目黒区八雲、東急東横線都立大学駅下車)で、演奏会を開きます。

名称は「八雲会記念演奏会」

演目は、

①男声合唱組曲「青春彷徨」=作詩:宮澤章二 作曲:溝上日出夫
指揮:金川明裕

②男声合唱組曲「雪国にて」=作詩:堀口大学 作曲:多田武彦
指揮:田中誠

③「富士山(川面)」「秋のピエロ」「雨(八木重吉作詩)」「いざ起て戦人よ」「大阪府立大学学生歌」「遥かな友に」「Freie Kunst(自由の歌)」「ヘッドライト・テールライト」など

④「ドヴォルザークのメロディ」
指揮:金川明裕

⑤男声合唱組曲「水のいのち」=作詩:高野喜久雄 作曲:高田三郎
指揮:森本昌充

⑥男声合唱とピアノのための「美術館へ」=作詩:大岡信 作曲:木下牧子(初演!)
指揮:金川明裕

です。明日の話ではありますが、よろしければぜひお越しください^^。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月18日 (木)

「月刊テーミス」が共産党に注目

Themis0701読者の7割が会社の部課長以上の役職者」という月刊誌「テーミス」1月号が、「共産党と『赤旗』のもの凄い情報&取材力」と題した記事を載せました。大メディアが“自民・民主の2大政党の対決”構図を描こうと必死になりながら、両党とも大本の政策がほとんど変わらないため、意図どおりに描けないなかで、「テーミス」の記事は“2大政党”とは別の軸が明確に存在していることを浮き彫りにした、面白い記事だと思います。

「テーミス」は、

いまやニュースは「しんぶん赤旗」を中心に回っているといっても過言ではない。『赤旗』が報じた数日後に、『朝日新聞』をはじめとする大新聞が後追い報道するというケースが目立っており、いまや政府関係者も『赤旗』チェックに余念がないのだという。

としています。

最近、閣僚や自民、民主両党の幹部や元閣僚らが、家賃が無料の議員会館に自分の政治団体事務所を置きながら、年間数千万円もの事務所費を支出していた問題が、大きくクローズアップされています。昨年末には、佐田・行革担当相が辞任に追い込まれましたが、その後、松岡・農水相が3000万円以上、伊吹・文部科学相が毎年4000万円以上、自民党の中川政調会長にいたっては毎年数千万円も支出したことが明らかになりました。

日刊ゲンダイ「『架空事務所費』疑惑 中川政調会長・伊吹文科相も発覚」

 安倍政権の醜聞が底ナシになってきた。松岡農水相の資金管理団体が家賃のいらない議員会館を事務所にしながら、年間3000万円以上の事務所費を支出していた問題が波紋を広げているが、それだけじゃなかった。伊吹文明文科相のほか、中川昭一政調会長まで同じ“手口”で多額の事務所費を計上していたことが発覚し、安倍政権は火ダルマ状態だ。

 政治資金収支報告書によると、中川氏の資金管理団体「昭友会」は03年に6332万円、04年に5021万円、05年に3096万円もの事務所費を支出していた。辞任に追い込まれた佐田玄一郎大臣の“付け替え事務所費”の数倍だ。

この問題、実は、「赤旗」が火をつけた問題だったのですね。

しんぶん赤旗3日付「家賃ゼロの衆参議員会館に 多額の『事務所費』支出 自民・民主議員ら 18人が年1千万円超」

続きを読む "「月刊テーミス」が共産党に注目"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

“ただ働き法案”、通常国会提出を断念

「一定年収以上」のホワイトカラーを労働時間規制の対象から外し、残業代も支払わずにすむようにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」法案は、政府・与党も通常国会への提出を断念しました。まずは、導入反対の世論の勝利といえませう。

東京新聞を見ると、厚生労働省はだいぶ悔しがっているようです。

「国民の理解得られず 残業代ゼロ法案見送り」(東京新聞)

 「残業代が出ないという点が独り歩きした。休みを確実に取れるようにするなどのメリットが十分に伝わっていない」
 法案提出を断念するとの報道を受け、厚生労働省の担当者は嘆いた。同時に「国民や国会議員の理解が得られるよう努力したい」と述べ、あくまで法案の国会提出を目指す考えを強調した。

続きを読む "“ただ働き法案”、通常国会提出を断念"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

ココログがメンテナンス

ココログが16日(火)午後3時~17日(水)午後3時の約24時間、メンテナンスをするそうです。この期間中は、サイトをご覧になることはできますが、コメントやTBをいただいても、反映されません。ご了承ください。

最近、ココログは「記事を書いても反映されない」「エラーばっかり」というトラブルが多いようで(私はあまり更新していませんが)、ユーザーからはかなり批判が出ています。そんななかで先月は、24時間以上かけてメンテナンスをしながら、失敗して、メンテナンスを中止するという失態を演じました。

ちまたの企業では“団塊”世代の大量退職や、正社員の解雇と派遣・請負など非正規雇用への置き換えなどで、職場で積み上げてきた技術が継承されなくなるという問題が起こっています。ニフティ、とくにココログ担当の場合は、どうなのでしょうか? こういう業種というか職種だと、高年齢の社員はあまりいないでしょうが、非正規雇用はバシバシ入っている、というか多くが非正規なのでは、という感じはします。まあ、ここ最近のココログのエラー続きに、こうした事情がどの程度、反映しているのかは、分かりませんが。

そんなわけで(どんなだ?)、メンテナンスの成り行きを、見て行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月10日 (水)

『週刊東洋経済』が「雇用破壊」で大特集!

H20070113 『週刊 東洋経済』1月13日号が特集「雇用破壊 もう安住の職場はどこにもない!」を組んでいます。記事の題名を見ると、

「正社員を襲う『ホワイトカラー・エグゼンプション』の衝撃 無給長時間残業への道」
「『正社員にはさせない!?』 大企業側の反撃」
「『個人請負』という名の悲惨」

などなど、衝撃的な言葉が並んでいます。

続きを読む "『週刊東洋経済』が「雇用破壊」で大特集!"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年1月 9日 (火)

公開講座「『資本論』とはどんな書物か」に参加しました

東京学習会議の『資本論』講座、8日の無料公開講座「『資本論』とはどんな書物か――序文・後書きを読む」(1部~3部講座の合同)に参加してきました。序文と後書きでは、マルクスが資本主義研究で取ったスタンスと『資本論』の研究対象などについて、簡潔にのべているわけですが、これらについて、宮川彰・首都大学東京(通称「クビ大」)教授が詳しく語ってくれました。

この公開講座では120人が参加して、当初用意した机では足りなくなり、人が増えるたびに、机といすを新たに用意するという、うれしい盛況ぶりでした。メールなどで案内を送らせていただいた方々、ご協力いただきありがとうございました。m(__)m

続きを読む "公開講座「『資本論』とはどんな書物か」に参加しました"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月 6日 (土)

残業代ゼロ、「少子化対策にも必要」なんて本気か!?

残業させても残業代を出さなくてもよいという、企業には実にオイシイ「ホワイトカラー・エグゼンプション」、昨年末の労政審答申で記述を強行したものの、政府・与党も参院選で大争点にされるのを恐れて、法案提出に対する異論が続出しています。

そんななかで、安倍首相がモノスゴイ見解を披露しました。「ホワイトカラー・エグゼンプション」が「少子化対策にも必要」というのですから、あいた口がふさがりません。

asahi.com:「残業代ゼロ 首相『少子化対策にも必要』」

 安倍首相は5日、一定条件下で会社員の残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを持っている方も多いのではないか」と述べ、労働時間短縮につながるとの見方を示した。さらに「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」とも述べ、出生率増加にも役立つという考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は「家で家族そろって食卓を囲む時間はもっと必要ではないかと思う」と指摘。長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。

続きを読む "残業代ゼロ、「少子化対策にも必要」なんて本気か!?"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年1月 5日 (金)

無料公開講座「『資本論』とはどんな書物か」のお知らせ

さて、今年も東京学習会議『資本論』講座に引き続きかかわっていく予定でおります。(受講の動機については、こちらをお読みください――去年のものですが)

てわけで、8日には第一弾として、公開講座「『資本論』とはどんな書物か――序文・後書きを読む」を行います。『資本論』の序文と後書きでは、マルクスが資本主義研究で取ったスタンスと『資本論』の研究対象などについて、簡潔にのべられています。

どなたでも受講できますので、通年講座の受講を申し込んでいない、“どんなものなのか、ちょっとのぞいてみようか”という“お試し”の方もぜひどうぞ。

講師は宮川彰・首都大学東京(通称「クビ大」)教授です。ただし、資料印刷の都合上、事前連絡が必要になるそうですので(実は昨年11月の講座は予想以上の人出で、レジメ・資料の増刷につぐ増刷に追われて大変だったのです)、できれば事前に主催者にご一報いただければ幸いです(なきゃダメってことはないと思いますが)。問い合わせは東京学習会議03(5842)5646まで。

【追記】そういえば、昨年の11月度と12月度の「講座」について、更新がとどこおっていた時期で、記事を全然書いていませんが、その時の「自主復習会」のレジメだけはアップしておきます。ご興味がおありの方は、ご覧ください。

11月度自主復習会(11月12日開催)「第6篇 労賃」レジメをダウンロード

12月度自主復習会(12月10日開催)「第7篇 資本の蓄積過程(上)」レジメをダウンロード

「第7篇(下)」のレジメがないのは、この日講義があった「第7篇(下)」について、単に自主復習会を開く機会がなかったからです。

ここでは資本が富を蓄積する対極で、労働者の側では貧困が蓄積されること(生活水準自体の低下もあれば、社会全体の生産力に比べて、という相対的な意味もあります。もちろんこれもどの程度に落ち着くかは、労資の階級闘争の動向によって変わってきます)、資本の蓄積に必要な分を上回る人口が「相対的過剰人口」として、労働者を全体としていっそう貧困に追い込んでいくこと(現代でいえば、フリーターなど非正規雇用の横行や「ワーキングプア」などの問題があります)、そしてこの過程全体を通して、やがては資本主義的な生産のあり方そのものを克服する方向に向かわざるを得ないこと、などが壮大な視野で明らかにされています。

が! 上のような理由で、レジメを作っていませんので、「見せてもらおうか。『壮大な視野』の復習レジメとやらを!」といわれても、アップしていません。最近は、まとめを書く余裕がないので、ごめんなさいm(__)m 今年も第1巻講座を再受講しますので、いずれまたふれることにしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月 4日 (木)

♪仕事は~じめ~の~ためし~とて~

「年のはじめ」ですね。その仕事始め、クリーニングに出していた仕事着に身を通したら、胴回りがきつくなっていました。10年前、これを買った時は胴回りはゆるいぐらいだったんだけどなあ………。

いま見ているテレビでは、“高齢者のトレーニングで若返りをはかる”というのをやっていますが、24歳の女性アナウンサーが体力年齢43歳と診断されて、トレーニングをしている74歳女性と同じだと苦笑いしていました。これは私も他人事ではないなあ。トレーニングとまではいかなくても、今年は少しはまじめに体を動かさないといけないなあ。

それから今年は社会的には憲法の問題やら雇用・労働をめぐる問題やら目白押しですが、勉強して声をあげていかねば、と思っております。あんまりサボっていては、いけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

2007年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

昨年は秋以降、なかなか更新できていませんが、今年は少しずつ再開していこうと思っています。よろしくご指導いただけますよう、お願いいたします。

末筆ながら、みなさまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »