« 「月刊テーミス」が共産党に注目 | トップページ | 四角い頭をマルクスる? »

2007年1月19日 (金)

「八雲会」記念演奏会のお知らせ

私が学生時代、合唱をしていたころ(諸般の事情で、具体的な名前はこの記事に書けません^^;)の関係者を中心とした方々が20日午後3時(開場は2時半)から、目黒区の「パーシモンホール」(目黒区八雲、東急東横線都立大学駅下車)で、演奏会を開きます。

名称は「八雲会記念演奏会」

演目は、

①男声合唱組曲「青春彷徨」=作詩:宮澤章二 作曲:溝上日出夫
指揮:金川明裕

②男声合唱組曲「雪国にて」=作詩:堀口大学 作曲:多田武彦
指揮:田中誠

③「富士山(川面)」「秋のピエロ」「雨(八木重吉作詩)」「いざ起て戦人よ」「大阪府立大学学生歌」「遥かな友に」「Freie Kunst(自由の歌)」「ヘッドライト・テールライト」など

④「ドヴォルザークのメロディ」
指揮:金川明裕

⑤男声合唱組曲「水のいのち」=作詩:高野喜久雄 作曲:高田三郎
指揮:森本昌充

⑥男声合唱とピアノのための「美術館へ」=作詩:大岡信 作曲:木下牧子(初演!)
指揮:金川明裕

です。明日の話ではありますが、よろしければぜひお越しください^^。

|

« 「月刊テーミス」が共産党に注目 | トップページ | 四角い頭をマルクスる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「八雲会」記念演奏会のお知らせ:

» マグロ消費と環境(下−3) [関係性]
   (副題:地球温暖化・海水面上昇・京都議定書)  これまでマグロ問題から食の問題に拡大してきた。結局、地球温暖化問題に行き着く。そして、この克服のための個々人の意識と努力が大きな役割を果たすことが、新聞記事やブログのコメントから容易に理解できる。  「2040年夏、北極の氷ほぼ消滅」(Sankeiweb 2006/12/12)によると、「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの増加をこのまま放置すれば、北極の氷はこれまでの4倍のスピードで減少、2040年夏にはほぼ消滅するという試算... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 午前 09時11分

» マグロ消費と環境(おわり−前) [関係性]
  (副題:核戦争危機・環境破壊そして人間破壊)  「終末時計『5分前』に」(しんぶん赤旗1月19日付け)では、米科学誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』の理事会で核戦争による地球滅亡までの残り時間を02年2月から針を2分進めて「5分前」としたことを伝えた。  「米国が改めて核兵器の必要性を強調したことで、他の諸国も核兵器は自分達の安全に必要だと考えるようになった」と批判し、同時に、気候変動(地球温暖化)の危険性も核兵器に等しく差し迫っているとこの理事会で批判している。  「ゴ... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 午前 09時53分

» マグロ消費と環境(おわり−中) [関係性]
  (副題:Boys be suspicious.)  「温暖化 突然熱気」(朝日新聞1月28日付け朝刊)で、ダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)が地球温暖化問題に集中したことを伝えている。  01年に「京都議定書」から米国が離脱していた。そして、この会議直前にブッシュ大統領の一般教書演説で気候変動に立ち向かう姿勢を見せたこともこの会合の雰囲気を盛り上げた。「ハリケーンや竜巻、干ばつ、洪水、熱波、寒波。『変化』の背景にはここ数年、異常気象による自然災害が大規模化してきた現実がある」と。米の遅すぎ... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 午後 02時58分

« 「月刊テーミス」が共産党に注目 | トップページ | 四角い頭をマルクスる? »