« 本棚の備忘録 | トップページ | ヘリウム3採掘めざし月探査という漫画のような現実の話へ? »

2007年2月 5日 (月)

なめる「傷」って何だったっけか…

友人のTさんから、共通する友人A氏が呼びかけて飲み会をやるから来ないか、とお誘いを受けました。私とA氏は、私がTさんと知り合うより、また、TさんとA氏が知り合うよりもずっと以前からの知り合いではあるのですが、そのころA氏は私が住む街とは遠い地方にいたこともあり、ともに飲むということはありませんでした。

A氏はその後、上京してこられ、文学を志すようになり、働きながら小説を書いて、数年前に、文学関係では著名な新人賞を受賞されたのですが、時々お見かけし、一言二言、言葉を交わすことはあるものの、ともに飲む機会はやっぱりありませんでした。

Tさんから、その飲み会の趣旨が「傷のナメ愛新年会」だと聞いたとき、「結婚したいけど結婚できないんだ」と悩んでいるらしいA氏の顔がパッと浮かび、「そのあたりの話題がメインの肴のようだから、私みたいのが参加して盛り下がることはあっても、座の足しにはならないんじゃないかしらん」というためらいもあったのですが、A氏と宴席を囲むのは確か初めてのこと(だったはず)なので、参加することにしました。

ところが、実際には、当日は会社の宿直明けで、しかも人に会ったり、やるべきことがいろいろあったりで、午後7時開宴のところが、私が合流したのは午後9時半。もうすっかりヤマ場は越えてしまっていたようで、“黒一点”だったA氏は、何かすっかりできあがっていて、宴会に出席していた方々から、あれこれツッコミを入れられてニヤケた表情(ツッコミの厳しさに笑うしかなかったのか、それが快感?なっていたのか、単に美女に囲まれてニヤケていただけなのかは知りません^^)をしていました。

「結婚できないって、どういう相手がいいの?」などと問い詰められて“自分と同じ方向性の生き方の人”がいいとか、「優しい人がいい」とか語っていました。「優しい人」ってどういう人なのかいな、と思って聞いてみましたが、騒がしい店で私と対角線上の席にいたA氏には聞こえなかったのか、そんなことはA氏やご出席の皆様方には主要な問題でない、あるいはすでに済んだ話題だったのか、詳しい答えは私には明らかになりませんでした。まあ、別にいいんですが。

しかし、A氏の結婚観・恋人観はごくごく一端だけ窺えたのですが、他の出席者のみなさんの考え方は、残念ながら伺えませんでした。単に私が合流したのが、すでにお開きに近い段階だったというだけなのでしょうが、こういう趣旨の宴会にお呼びがかかることはめったにないので、少々残念。

私については……書いたってショーモないし暗いので省略^^;。ナメあう「傷」ってのも、何だったかしらねえ………(遠い目)。まあ、こんなワケの分からん輩を相手にしてもいいとか、言い寄られてもよいとかいうご奇特な趣味をお持ちの方はいないでしょうし、わざわざ相手に身の毛もよだつような思いをさせるのも、申し訳ないですからねえ^^;。

ま、そんなわけで(どんなわけだ)、世間は休日だったのですがA氏をはじめ翌日もフル出勤という方が大部分だった(私もでした)ので、あっさりとお開きになりました。宴会によって、A氏やTさんなどみなさん方の傷が癒されたのかどうかは、よく分かりません。

ちなみにTさんは、JINROとマッコリにやられ、ご帰宅して畳の上で力尽きてしまったとのこと。翌日のお仕事は大丈夫だったのかしら? それ以前に、この季節にそんなことしていて、お風邪召してませんかしらね。

|

« 本棚の備忘録 | トップページ | ヘリウム3採掘めざし月探査という漫画のような現実の話へ? »

コメント

かわうそさん、先日はお疲れ様でした。
かわうそさんと同僚O氏が途中から加わるまで、みんなに集中攻撃されていたA氏でした・・・。みんな、久々にA氏に会ったのでツッコミも激しくなってしまったのでせう。きっと。
私は、どうにかくしゃみ程度ですみました。ご心配ありがとうです。またね。

投稿: わた☆てら | 2007年2月 8日 (木) 午後 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/13806185

この記事へのトラックバック一覧です: なめる「傷」って何だったっけか…:

« 本棚の備忘録 | トップページ | ヘリウム3採掘めざし月探査という漫画のような現実の話へ? »