« 本棚の備忘録・2月分 | トップページ | メーワクメール【mixiの日記を転載】 »

2007年3月 4日 (日)

「政党の責任として疑義」民主党に石原都知事

東京都知事選で出るのかとか出ないのかとか、いまの現職が8年前にやった“じらし戦法”をソックリそのまま(はっきりいえば二番煎じ的に)やっている人がいますが、そんな人にフラレてるのに、あきらめられずにラブコールを送っている人たちのお話。

しんぶん赤旗3日付「石原知事 民主党に疑義 “共産党のように組み替え動議出すべきだ”」

 東京都の石原慎太郎知事は2日の定例記者会見で、都知事選で候補者擁立が迷走している民主党についての評価を問われ、「(民主党は)予算を今度は否決(反対)するようですからね。それなら対案として共産党のように組み替え動議を出すべきだと思うが、それをされないようでしてね。政党としての責任性とすると、疑義を感じますな」とのべました。
 また、「いまの予算案だって民主党の復活折衝を受けて、民主党の言うことをずいぶん聞いた部分もある。だからよく分からんね」と話し、「民主党の中にも私への賛同者はたくさんいる」とも語りました。
 なお、都議会民主党はこれまで、石原知事の提案した予算案にはすべて賛成してきました。

民主党は、完全に足元を見られていますね。しかし、石原知事に対する態度を選挙の間近になって180度変えたというのに、これまでの8年間近くの来し方について、何の弁明もないんだから、こういわれても仕方ないかもしれませんね。

さて、都知事選をめぐって、「反石原の野党共闘を」と主張するブログなどのネット論調をよく見かけます。そうした主張のなかには、“じらし”A野氏の態度表明に期待して、「共産党は独自の候補を一方的におろすべきだ」という方も多く見られます。

A野氏はまだ政策を明らかにしていませんが、少なくとも民主党は野党じゃなくて100%与党だったんだから、そういう来し方に何ら言及がないままの民主党と、共産党に「反石原の野党共闘」を組むことを期待するなんて、本人の意図はともかくとしても、率直にいわせていただけば東京の実態を全く知らない主張ではないかなあ、と思います。あるいは、もしかしたら、民主党が石原知事の与党だという事実ははなっからどーでもいいとお考えの(それってちょっとどーよといいたくなる)方もいるのかもしれませんが。

|

« 本棚の備忘録・2月分 | トップページ | メーワクメール【mixiの日記を転載】 »

コメント

かわうそさま、コメントを頂戴しありがとうございました。これお・ぷてらと申します。

浅野氏が立候補を匂わすやいなや、ブログ界の反応はすざまじいものがありますね。推す理由がなくても「石原都政をかえたい」という,何かに憑かれたかような思いなのでしょう。仰るように、こうした動きは少数派を排除するという手法をつねにとっていますね。
これでは、これまでの歴史のくりかえしにすぎません。ほんとうに石原に対決できるのはだれか、きちんと見抜くリテラシーこそ今求められていると思います。
浅野氏は反石原でもなんでもなく、ましてや社会的弱者の立場にはたてないだろうと思います。
拙いブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: これお・ぷてら | 2007年3月 5日 (月) 午後 10時46分

休み。。。休み。。。
そして仕事。。。ということで。

花粉症もお大事に。
では。

投稿: ばぶ | 2007年3月11日 (日) 午後 07時59分

うーん・・・・結局、囚人のジレンマをまた実地でなぞるだけじゃないかと思うのだけどね。

フツーの都民の立場で正直な話、イシハラで問題ないし。

投稿: 天婦羅★三杯酢 | 2007年3月22日 (木) 午後 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/14145436

この記事へのトラックバック一覧です: 「政党の責任として疑義」民主党に石原都知事:

» 都知事選−予定調和のにおい [花・髪切と思考の浮游空間]
東京都知事選に浅野史郎氏が立候補することが確実となりました。すでに東京都知事選を楽しむ方法というエントリーで基本点をのべていますので、この時点での率直な感想を簡単にのべておきたいと思います。結論めいたものを先にのべると、浅野氏の「立候補劇」に予定調和のにおいを感じるということです。浅野氏をふくめて、いまのところ4人が立候補を表明しています。石原現都政に賛成か、反対か、そしてこれを転換するのか否か、これが今回の選... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 午後 10時29分

» すべては「政権交代ありき、石原おろしありき」だけでいいのか? [+++ PPFV BLOG +++]
「政権交代真理教」被害者の実態が垣間見れるスレッドいくつか。 「選挙は決断までが8割」 浅野流「当選の仕方」 [J-CASTニュース](阿修羅2007/3/2) http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/458.html 共産党志位委員長があらためて浅野史郎氏を攻撃「宮城県の“実績”は..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 午後 11時59分

» 天木直人氏も浅野さんの「埼玉新聞(2003年8月28日掲載)・埼玉知事選への寄稿文」をブログで取り上げてます。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 「2007年03月03日 浅野史郎氏を応援したい」です。  偶然天木さんもネッ [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 午前 05時57分

» 福祉を売り物にイメージづくり? [紋邪刃]
 が、その実態は・・・  浅野氏、宮城県での〝実績〟とは自民党政治そのものじゃないか。浅野氏が宮城県知事在任中の3期12年で借金が約2倍に膨れ上がった。いったい何に使ったのか... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 午後 06時37分

» 9条と国際貢献 (かっこいい) [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
お玉の大好きな伊勢崎賢治様がマガジン9条に登場!! 以前お玉は「武装解除」という本を紹介しましたが、この人、かなりかっこいいです。 武装解除 -紛争屋が見た世界 こりゃあ書かねば・・最近本業の(おい、何が本業なのだ、お玉)護憲がなかなか語れなかったけど、や...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 午後 09時06分

» 埼玉新聞(2003年8月28日掲載)・埼玉知事選への寄稿文、浅野史郎さんの人柄がうかがえます。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 ネットサーフィンしていて見つけた埼玉新聞(2003年8月28日掲載)の記事です [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 午後 09時45分

» さて浅野史郎とはなにものか [TRIAL AND ERROR(underwater mix)]
 浅野史郎氏が、東京都知事選へ正式に出馬表明をしました。  一躍「時の人」扱いな彼ですが、果たしてこの人は政治家としてどれほど期待できるものなのか。そこら辺がズッポシと抜け落ちたままなのもなんなんで、日本共産党... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 午前 12時30分

» 東京都知事選:浅野氏の「本気」度を測りかねる。私は吉田氏を支持する。 [M. H. Square.]
浅野氏が正式出馬表明 都知事選、石原氏と対決色 from 東京新聞 2007. ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 午前 01時45分

» 悩まないロボットと教育 [関係性]
 金利差が「円安」を演出している、とする金融機関や証券会社そして経済評論家が皆で寄ってたかって消費者をだましてきた。これについては、今までに何度もブログで伝えてきた。  要するに、政府による「円安」誘導(税金投入で)を進め、その後の金融機関等の後押しで、「円安」を持続させてきた。この金融機関や郵便局等は「外貨預金」や「投資信託」で庶民のお金(老人がかなり含まれる)を引き出し、ヘッジファンドを喜ばせてきた。  言うまでもなく、国家の金と庶民の金を動員して「円安」誘導をさせた理由は、大手製造業の輸出利益... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 午前 11時42分

» 浅野史郎支持で馬脚を現した民主シンパの「共闘」 [★反日ブログ監視所★ hatena TB sender]
#このエントリーは共産党支持者ブログを持つ諸氏へ奉げよう。 アンチ石原なら誰でもよいのなら何故共産党の吉田氏や黒川氏を支持しないのか。今回、東京都知事選に浅野が立候補する運びとなったのだが、民主党シンパの「野党共闘」が完全に崩壊したことを記録するためにエ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 午後 01時45分

» オリンピックに無駄ガネかけたい石原、安倍/はっきりしない浅野/やめて費用を他に回すと宣言する万三 [どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)]
都知事選 石原五輪は幻―「日刊ゲンダイ」(ゲンダイネット) http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/664.html 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 3 月 05 日 18:15:56: 2nLReFHhGZ7P6 2007年03月05日 掲載 都知事選 石原五輪は幻  どうやら、“チャレンジャー”浅... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 午前 05時20分

» 東京都知事は気楽な商売か? [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
オフイス・マツナガです。TBさせていただきます。「東京都知事は気楽な商売か?」というエントリーです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 午後 06時00分

» 「命」軽視の呆れた「朝日社説」 [関係性]
 先ずは、朝日新聞社説「看護新基準 メリハリをつけて適用を」(2月26日付け朝刊)の全文を是非読んでみてください。  何か違和感は覚えませんか?  「看護師が足りない」。こんな悲鳴が全国の病院で上がっている。入院時に1人の看護師が7人の患者をみるという新しい看護基準の導入がきっかけだ。  保険でまかなう看護の費用は、1人の看護師がみる患者の数で決まる。看護が手厚いほど病院の報酬は高くなる。昨年4月の診療報酬改定で「7対1」が新設されるまでは、1人で10人の患者をみるのが最高ランクだった。  看護師... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 午後 04時12分

» 東京都知事選・首長選はどうたたかわれるのか [花・髪切と思考の浮游空間]
都知事選をめぐる言説があちこちのブログでみられます。しかし、この議論を分けるのは、いまの日本の政治の流れを、二大政党制という軸でみるのか、みないのか、このちがいにすぎないと私はとらえています。このちがいにすぎない、といいましたが、このちがいはとても大きい。当ブログでは、都知事選の候補者選考劇を(石原と)代替可能領域内の物語とよんできました。いいかえると、先のちがいとは、代替... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 午後 09時27分

» 【都知事選−石原三選阻止!】浅野史郎さんは決して候補者として「ベスト」ではない・・・が、それでも浅野さんを勝手に応援する理由 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
東京都知事選について。 ご覧頂ければお分かりのように、このブログでは昨日(3/8)より東京都知事選への立候補を決意された【浅野史郎さん】を勝手に応援し始めました。 浅野さん擁立の背景には、石原慎太郎都知事の三選を阻止することを目指した草の根の「市民派」の地...... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 午前 07時01分

» 【都知事選・石原三選阻止!】日本共産党はフランス共産党の「英断」から学んで欲しい。われわれは、ルペンも石原も「ノン」なのだ! [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
2002年のフランス大統領選。 この選挙、決選投票に勝ち残るのは保守・中道政党連合が推すシラク候補(現大統領)と社会党が推すジョスパン候補によって戦われるものだと誰もが考えていました。 ところが、決選投票に勝ち残ったのはシラク氏と、外国人排斥や排外主義を煽....... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 午前 07時06分

» S君の死と新たな門出 [関係性]
 新聞に載らない教え子S君(52歳)の葬式の電話が入った。大学で自然哲学を学びたいと言っていた。  私の学生アルバイト時代の短期間の教え子の一人である。この仲間10数人に教えた時代(35年前)が急激に蘇ってきた。私自身、将来をどのように生きようかと迷っていた時期であったが、S君は高校生にもかかわらず、本を色々読み、議論して自分の進む道をしっかり押さえていたのだ。  葬儀はごった返していた。それだけ人間関係の広さを匂わしていた。そこに集まっていた人たちと話す時間も余りないままに私は帰ってきた。    ... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 午後 03時22分

» 原子力発電所 本当に安全なのか?(1) [関係性]
  副題:志賀原発の臨界事故隠蔽と能登半島沖地震  志賀原発(石川県)1999年は臨界事故を起こしていた。今(3月15日)になってこの隠蔽が発覚した。明らかに、外にこの事実が漏れることは北陸電力の利害にかかわるからであり、原発の安全性を地域住民に説明してきたことを覆すからである。  そして、この事実が明らかになると、東北電力、中部電力、東京電力の4原発でも同様な事故を起こしていることが明らかになった。  ところが、志賀原発の臨界事故が発覚した翌日(3月16日)に、我々の不安を逆なでする記事が日本経... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 午後 04時10分

» なぜ「敗戦責任」にこだわるのか 上 [晴耕雨読]
● 大陸政策について 戦前の日本は英国流の対外政策を範としながら国策を進め、戦後の日本は米国の世界戦略に乗っかりながら国策を進めてきたと大枠的に捉えています。 戦前の日本は、アジアで唯一の「近代国家」となる一方で、英仏などがドイツやロシアなどとの対抗関係のためにアジアに力を注げなくなるという状況のなかで大陸での権益を拡大していきました。 1902年の日英同盟は、手薄になったアジアでの利権確保と極東ロシアの南下牽制を日本の手を借りて実現するという英国の思惑から締結されたものです。 1900年の... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 午後 08時00分

« 本棚の備忘録・2月分 | トップページ | メーワクメール【mixiの日記を転載】 »