« 東京都知事選で辛淑玉さんが発言 | トップページ | くらやみ祭り »

2007年4月18日 (水)

伊藤・長崎市長が銃撃され死亡

バタバタ続きななかですが、言論の自由と民主主義から見て大変な事件が起きたので、一言だけ。

長崎市の伊藤一長市長が17日、ご本人の選挙事務所前で銃撃され、18日未明に亡くなりました。犯人は暴力団幹部とのことです。

長崎新聞速報「銃撃された伊藤長崎市長が死亡 死因は大量出血」

十七日夜に長崎市大黒町のJR長崎駅前にある本人の選挙事務所前で指定暴力団幹部に拳銃で撃たれ重篤だった伊藤一長市長(61)は十八日午前二時二十八分、搬送されていた同市坂本一丁目の長崎大医学部・歯学部付属病院で死亡した。

伊藤さんのご冥福をお祈りします。事件の背景はまだ分かりませんが、どのような理由であれ、こうしたテロ行為は、民主主義を掲げる社会では絶対に許されないものです。長崎市では前の市長の本島等さんも銃撃され重傷を負う事件がありました。また、最近では自民党の加藤紘一元幹事長の実家が放火された事件、民主党の石井紘基衆院議員が刺殺された事件もありました。

捜査を徹底して行い、これらの事件を絶対に起こさせないための措置を取ってほしいと思います。

【そのほかのいろいろな問題や、ツブヤキについては、また後日、落ち着いたころに】

|

« 東京都知事選で辛淑玉さんが発言 | トップページ | くらやみ祭り »

コメント

けさ、伊藤市長死亡の報を知り、なんともやるせない怒りが湧いてきました。
ゆうべのニュース報道番組のなかで、元長崎市長の本島氏が、怒りをこめて、ふりしぼるようなコメントをしていました。まったくその通りと思います。

投稿: Kyawa | 2007年4月18日 (水) 午後 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/14752009

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤・長崎市長が銃撃され死亡:

» 預金・貯金は何に利用されているのか? [関係性]
 前回エントリー「原子力発電所 本当に安全なのか?(終)」の最後の部分に「石油資源をめぐって戦争が起き、石油消費と戦争によってCO2を大量に排出し、環境破壊が繰り返され、このCO2削減に原発が必要だという。この悪循環の全てに大資本が係わり、どちらに転んでも収益を手にする経済主義が当たり前のように横行している。  この当たり前と関係性を切るには、余分なコンセントを抜き、電気使用量を減らし、そして、政治や経済から眼を離さず、知らず知らずのうちに私たちや私たちのお金(税金や預金)が環境破壊に利用されていな... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 午前 10時31分

» ブログを立ち上げて1年 [関係性]
 昨年の4月21日に初めてのエントリーをした。  ワクワクとドキドキの出発であった。  自分でブログを立ち上げられるとは思っていなかった。  それをさせるエネルギーが何処かにあった。  ビジネスを30歳で始めて立ち上げ、親戚に頭を下げてカネを集めた。  それを軌道に乗せたと感じる瞬間はないまま拡大再生産に追われ、次の資金投入の必要性が出てくる。親戚からの借入は返済したものの、代わりに金融機関からの借入は膨らんでいく。  組織もそれなりに大きくなるが、社員の家族も含めて責任が一層大きくなってきてい... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 午後 03時35分

« 東京都知事選で辛淑玉さんが発言 | トップページ | くらやみ祭り »