« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

「ネカフェ難民」5400人!(Yahoo!ニュース-毎日新聞)

住んでいる家を失うなどで、ネットカフェで寝泊りを続ける「ネットカフェ難民」が全国で5400人! 厚生労働省が初めて行った調査で、こんな実態が分かったそうです。

「ネットカフェ難民 全国で5400人 厚労省が初の調査」(Yahoo!ニュース-毎日新聞)

調査の概要は、厚生労働省のサイトのこちらをご覧ください(PDFファイルなので注意)。

続きを読む "「ネカフェ難民」5400人!(Yahoo!ニュース-毎日新聞)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

ハレ晴レフカイ

なんてのは、とっくの昔に、いろんな人が言っているだろうな~と思って検索してみたら、やっぱり。タワゴトはさておき、もともと私は、暑がり汗かき脂性の「格付けトリプルA」(何じゃそりゃ)で、真夏は大の苦手なのですが、今年の夏は連日、やたらめったらに暑くてたまりません。

♪アル晴レタ日ノコト~ 真夏以上の不快が~ 限りなく降り注ぐ~ 冗談じゃないわ~

て感じ(すみませんすみません)。先日は、真っ昼間に仕事で、都心の屋外で30分ほどいただけなのに、もう目まいがしてきました。屋外でずっとお仕事をされているみなさんには、本当に頭が下がります。体調にはくれぐれも気をつけていただきたい。

続きを読む "ハレ晴レフカイ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月16日 (木)

♪お金使こて2日泊まるのが夏休み~

やっと夏休みを少し取って、12~14日に大学時代の友人と4人(30代半ば、みなヒトリモン)で、今年も西伊豆にキャンプ旅行へ行ってきました。去年は島に行こうとして、直前に台風の襲来を受けて急きょ行き先を変更させられたわけですが、今年は計画を具体化するメドが立たないうちに、島が予約でいっぱいになってしまったため、早々とあきらめました。

で、今年の目標は、海が澄んでいると評判の沼津。沼津駅まで電車で行って、レンタカーを借り、昼飯を食べて(冷めたスープを飲まされてはいません)から出発しました。

途中、山側の道に入り、その先の連続ヘアピンカーブを駆け抜け(ポイントで何か仕掛けたりする代わりに、気分が悪くなってきました--;)、2時間ほど走って、伊豆半島の付け根、水が澄んでいると評判の井田海水浴場に到着。海岸近くのキャンプ場でテントを張って、さっそく海に出かけました。

続きを読む "♪お金使こて2日泊まるのが夏休み~"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月11日 (土)

安倍首相が原爆症の認定基準の見直しを検討と表明(asahi.com)

原爆症の認定をめぐる裁判で、認定基準を非常に厳しく設定して原爆症の認定を却下し続けてきた国が連敗したのを受けて、安倍首相が認定基準の見直しに着手すると表明しました。

asahi.com:「首相、原爆症認定基準の見直し検討を表明 被爆者団体に」

 安倍首相は5日、広島市内のホテルで被爆者7団体の代表らと会い、原爆症認定のあり方について「専門家の判断をもとに改めて見直すことを検討させたい」と述べた。原爆症認定では、申請を却下された被爆者がその取り消しを求めた裁判で国の敗訴が続いているため、認定基準の見直しも含めて何らかの対応が必要との考えを示したものだ。また首相は原爆投下を「しょうがない」と述べて辞任した久間章生前防衛相の発言について、被爆者に陳謝した。
(中略) 首相はその後の懇談の中で、原爆症の認定について、専門家の意見を聴きながら見直しを検討させる考えを説明した。
 また、各地で国の敗訴が続いている裁判への対応については「法律的な観点から各省庁で検討している」と述べるにとどまったが、同時に「裁判は別として、国として何ができるのかを検討させる」とも述べた。
 国が原爆症の認定申請を却下した処分の取り消しなどを求める集団訴訟では、7月30日の熊本地裁での判決など、国側の却下処分を取り消す判決が6回続いている。いずれも国の認定基準が批判されており、政府の対応が問われていた。
 首相発言について厚労省幹部は、見直しを「これから検討する」と語るにとどめた。同省はこれまでに相次いだ敗訴を受け、すでに認定基準の見直しが可能か内部で検討してきた。だが、科学的知見に基づいて作った現在の基準を変更するのは容易でないうえ、敗訴した6地裁の判決で認定された疾病の種類や爆心地との距離などは様々で、統一的な基準づくりは手詰まりなのが実情だ。

続きを読む "安倍首相が原爆症の認定基準の見直しを検討と表明(asahi.com)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月 1日 (水)

参院選で自民党が歴史的な大敗

29日に投票が行われた参院選で、自民党が改選64議席に対して当選が37議席にとどまりました。自民党は非改選議席を合わせても半数を大きく割り込んだだけでなく、60議席を獲得した民主党に第1党の座を奪われるという、歴史的な大敗北を喫しました。

政党間の力関係を直接的に表す比例代表での得票率を見ると(数字は、今回←05年衆院←04年参院です)、

自民党 28.1%←38.2%←30.0%
公明党 13.2%←13.3%←15.4%
民主党 39.5%←31.0%←37.8%
共産党  7.5%← 7.3%← 7.8%
社民党  4.5%← 5.5%← 5.3%
新党日本 3.0%← 2.4%←未結成
国民新党 2.2%← 1.7%←未結成

となりました。

続きを読む "参院選で自民党が歴史的な大敗"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »