« 安倍首相が原爆症の認定基準の見直しを検討と表明(asahi.com) | トップページ | ハレ晴レフカイ »

2007年8月16日 (木)

♪お金使こて2日泊まるのが夏休み~

やっと夏休みを少し取って、12~14日に大学時代の友人と4人(30代半ば、みなヒトリモン)で、今年も西伊豆にキャンプ旅行へ行ってきました。去年は島に行こうとして、直前に台風の襲来を受けて急きょ行き先を変更させられたわけですが、今年は計画を具体化するメドが立たないうちに、島が予約でいっぱいになってしまったため、早々とあきらめました。

で、今年の目標は、海が澄んでいると評判の沼津。沼津駅まで電車で行って、レンタカーを借り、昼飯を食べて(冷めたスープを飲まされてはいません)から出発しました。

途中、山側の道に入り、その先の連続ヘアピンカーブを駆け抜け(ポイントで何か仕掛けたりする代わりに、気分が悪くなってきました--;)、2時間ほど走って、伊豆半島の付け根、水が澄んでいると評判の井田海水浴場に到着。海岸近くのキャンプ場でテントを張って、さっそく海に出かけました。

海岸は砂浜でなく、砂利場(?)。しかもカンカン照りのなかで、海に入ろうにも、足の裏が石で痛いやら熱いやら。それでもやっとこさ水に入りました。

やはりこれだけ暑いと、水につかるだけで気持ちいいのですが、友人が貸してくれた水中メガネとシュノーケルで、水の中をのぞいてみると、評判通り澄んでいて、足元を小さな魚の群れが泳いでいるのが、よく見えました。私はド近眼なので、「眼鏡がないとどーせ何も見えないよ」と思っていたのですが、意外にはっきり見えたのは驚きでした。

小指の先ほどの大きさをした青い魚の群れや、手のひらぐらいの黄色っぽい魚……。浮かんでいるとすぐ手が届きそうな距離にいて、見とれてしまいました。カメラが防水仕様でないので、写真を紹介できないのが残念です。

それにしても、長いこと運動してないから、すっかり泳げなくなっちゃったなあ………orz

昼過ぎまで泳いだ後は、車で温泉(かどうかは分かりませんが)に行き、風呂でゆったり(やはり、人類の生み出した文化の極みですね。そう感じませんか^^?)。行った時間が遅くて漁協の直売所は閉まっていたので、スーパーまで足を延ばして食材やら酒を購入してから、戻ってきて宴会となりました。

炭火をおこして肉を焼き、海を見ながらの飲み食い。しばらくぶりの顔合わせで、お互いの近況やら学生時代の思い出話やらを話題に、夜がふけていきました。何せヒトリモン4人なので、《結婚とも恋人とも無縁》な状態をめぐっても、かなり突っ込んだ(?)話題になりました。

ちなみに、私については………異性(相手)に対して誠意を持ってのぞむのはいうまでもなく当然のことですし、そう心がけてはおりますが、その効果的(?)な伝え方が全然分からないので、相手から怖がられたり、ウザがられたりすることは多々あっても、好かれることはないわけで(笑)。てゆーかそれ以前に、世代の近い異性と交友する機会自体全くないぞ(爆)

そんなこんななうちに初日の夜はお開き。

で、2日目。海辺もやたら暑くて、早朝には目がさめてしまいましたが、夜中まで飲んでくれいたため頭が重い(他の3人はみなさん元気でした、歳もそんな違わないはずなのにorz)。今度は、車に乗っけられて、大瀬崎の海水浴場まで出かけました。こちらは入口に車がずいぶん混雑していましたが(週刊誌読んでやってきたのかどうかは知りません)、何とか駐車場に入ることができました。

海の家で荷物を置いて、海に向かったら、砂がやたら熱くなっていて、裸足ではとてもまともに歩けない! サンダルをはいて出直しました。こちらも、水が澄んでいると評判ですが、人が多かったこともあってか、あまりよく見ることはできませんでした。

夕方近く、風呂に行った後、早めに漁協の直売所でサザエやホタテなどメイン食材を確保。前夜に続いての宴会となりました。

3日目、またキャンプ場の前の井田で水遊びし(といっても、私は頭が重かったので泣き濡れて(ウソ)カニとたわむれておりました)、昼には沼津に戻って、旅行はお開きとなりました。

独りではなかなかこうした旅行をする気力もわかないのですが(とんだ出不精ですね)、気心の知れた友人たちとの旅行は、本当にのんびりできていいものですね。また機会をつくって出かけたいものです。

|

« 安倍首相が原爆症の認定基準の見直しを検討と表明(asahi.com) | トップページ | ハレ晴レフカイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/16215350

この記事へのトラックバック一覧です: ♪お金使こて2日泊まるのが夏休み~:

» 『シッコ』で描く医療の現実(上) [関係性]
[画像]  マイケル・ムーア監督の『シッコ』(SiCKO)(=“ビョウキ”)の全国上映が始まった。  ブッシュ政権はムーア監督に、取材でキューバへ不法入国容疑をかけ、上映中止のオドシをかけたので有名な作品である。  「医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく、官僚形式主義によってしばしば締め付けられながらも保険料を律儀に支払っている、その他数百万人の市民... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 午後 04時26分

« 安倍首相が原爆症の認定基準の見直しを検討と表明(asahi.com) | トップページ | ハレ晴レフカイ »