« 石原都知事が「低所得者減税」の公約を撤回 | トップページ | 安倍首相が「あべしっ!」 »

2007年9月11日 (火)

名前を変えたって「残業代ゼロ」は変わらない

ホワイトカラーの労働時間規制を撤廃する「ホワイトカラーエグゼンプション」。労働組合などから猛烈な批判を浴びて、法案提出を一度は断念に追い込まれましたが、名前を変えただけで性懲りもなく提案しようというのだから、あきれるばかりです。

Yahoo!ニュース(時事通信)「『家庭だんらん法』に言い換え指示=『残業代ゼロ法』で舛添厚労相」

 舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、一部事務職を割増賃金の支払い対象から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」について、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したことを明らかにした。その上で、「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」と評価、働き方の改革の一環として取り組む考えを示した。
 WEは厚労省が先の通常国会での法制化を目指していたが、「残業代ゼロ制度」と批判を浴び法案提出を見送った。

残業代が出なければ、いくら残業させても、どんだけ~働かせても、雇用主のフトコロは痛まないんだから、「早く帰る動機づけになる」どころか、残業を増やす動機が増えるだけですよ。

マルクスは『資本論』の「労働日」の章で、休憩時間を削り取るなどして、労働時間を少しでも長くしようという資本家の思惑を告発しました(そういえば、学習会で作ったレジメをアップしてないなあ)。時代が下がろうが、ホワイトカラーだろうが、資本の本性が変わっていないことは、過労死の労災事件が後を絶たないことを見れば、一目瞭然ですよ。

何が「家族だんらん法」やねん。アフォいうなっての。

本当に「家族だんらん」のための「早く帰る動機づけ」をさせたいなら、残業代の不払いに重い罰則をつけるとか、残業代を大幅に引き上げるかすれば、雇用主が無理やりにでも早く帰らせるようになりますよ。(「風呂敷残業」を取り締まる仕組みは必要ですが)

|

« 石原都知事が「低所得者減税」の公約を撤回 | トップページ | 安倍首相が「あべしっ!」 »

コメント

ダメ!ゼッタイ!
そんな法律。

まあ大臣もろとも沈没しそうですが。

それはそうとかがみんは俺の嫁法案の提出マダー?

投稿: kiddy | 2007年9月13日 (木) 午後 12時44分

「家庭だんらん法」って……。。
このニュース聞いたとき、厚労相が冗談言ってるのかと思ったくらいです。。

かわうそさん、お元気ですか? 夏休みはちゃんと楽しまれたようでよかったです(^-^)

投稿: わた☆てら | 2007年9月14日 (金) 午前 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/16415637

この記事へのトラックバック一覧です: 名前を変えたって「残業代ゼロ」は変わらない:

» 貧乏人一揆を [再出発日記]
今朝の朝日の記事。年収200万円以下、1千万人超える 民間給与統計この統計記事はほかの新聞には載っていないようなので、記事全文を載せてみる。 民間企業で働く会社員やパート労働者の昨年1年間の平均給与は435万円で、前年に比べて2万円少なく、9年連続で減...... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 午前 10時40分

« 石原都知事が「低所得者減税」の公約を撤回 | トップページ | 安倍首相が「あべしっ!」 »