« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月24日 (水)

「経団連を信じてしまった」(朝日新聞)

朝日新聞が夕刊でテーマごとのシリーズで連載している「ニッポン人脈記」。1日から22日まで載せていたテーマは「手をつなげ ガンバロー」でした。

1回目は、作家の雨宮処凛(あまみや・かりん)さんを取り上げていました。19日付のシリーズ第14回では、労働団体「連合」前会長の笹森清さんを取り上げているのですが、見出しが「経団連を信じてしまった 土日スト、古田に覚悟学ぶ」と、大変面白いものになっていました。「古田」というのは、先日引退・退団した東京ヤクルトスワローズの古田敦也監督(前監督か)ですね。

続きを読む "「経団連を信じてしまった」(朝日新聞)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

役員の賞与が増えるほど、税金が下がるオイシイ仕組み

先日の記事「大企業、収益は最高でも税負担は減少」で紹介した法人企業統計調査で、2006年度分の大企業の役員の賞与について、

06年度末ではまだ集約できていないようなので、

としたのですが、実は大間違いだったようです。とはいっても、これは私がおマヌケだったせいではなく(いやマヌケであること自体は否定しませんが)、カラクリがあるということですね。

月刊誌『経済』の編集長を以前務めておられた友寄英隆さんが、「しんぶん赤旗」に時々掲載しているコラム「経済時評」で、書いておられました。

しんぶん赤旗19日付「経済時評/もう一つの隠れた大企業減税」

続きを読む "役員の賞与が増えるほど、税金が下がるオイシイ仕組み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

子どもができました!

私の友人に。(私なぞに、ホントに子どもができるわけないっての。子ども以前に、つくる相手すら、できる気配もないのに←結論)

ミクシイの方で先日(といっても実はしばらく前)、2人の知人の「バトン」なるものを踏んでしまったので、いつかやらねばなあ、と思いながら、放置していたのですが、発作的に気が向いたので、かな~~~り遅ればせながらで、やってみました。

バトンなので、やってみたい方はご自由におやりください。なお、表題は、「子どもができましたor妊娠しました」か「これが恋か」じゃないといけないそうです。てわけで……

続きを読む "子どもができました!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月11日 (木)

♪みっくみくにし~てやられ~~

最近、「初音ミク」さんという名前が、世間(の一部?)で騒がれるようになりました。ご存知でしょうか?

といっても、どっかの俳優でもタレントでも、何かの選手でもないのでして、というか人間ではなく、楽譜と歌詞を入力すると、女性の声で歌を歌うというソフトウェアの名前なのですが。相当人気なのそうです。

「初音ミク」の公式サイトはこちら。(デモ用の歌も聴けます)

で、初音ミクを特集した雑誌も3日で完売したとか!

J-CASTニュース「『初音ミク』特集雑誌3日で完売 ヤフオク、アマゾンで3倍の価格も」

続きを読む "♪みっくみくにし~てやられ~~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

賃金不払いの「サービス残業」、是正の指導は過去最多(NIKKEI NET)

本来の就業時間外に労働させながらその分の賃金を払わない「サービス残業」、労基署から是正指導を受けた企業が昨年度は過去最多となったそうです。

「サービス残業改善せず 是正指導最多の1679社」(NIKKEI NET)

 サービス残業で労働基準監督署から是正指導を受け、2006年度に未払い残業代を100万円以上支払った企業が、前年度比約1割増の1679社で過去最多となったことが5日、厚生労働省のまとめで分かった。未払い残業代の総額は約227億1400万円で、前年度より約5億8000万円減った。
 厚労省監督課は「景気回復で仕事が増えるなか、企業に労働時間を管理する意識が十分でないようだ。残業代未払い問題の改善は進んでいない」と話している。

厚生労働省の発表資料はこちら

続きを読む "賃金不払いの「サービス残業」、是正の指導は過去最多(NIKKEI NET)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 2日 (火)

「税の議論」といえば消費税の増税ばかりという思考停止

福田首相が初めての所信表明演説を行いました。インド洋に出ている自衛艦の給油問題とか、いろいろ言うべきことはあるのですが、こちらも大変重要です。

asahi.com=ロイター:「消費税含む税議論、例年より早く議論が始まるだろう=官房長官」

 [東京 1日 ロイター] 町村信孝官房長官は午後の会見で、消費税を含む税体系の抜本改革議論について「例年より早めに始まる」との見通しを示した。福田康夫首相は所信表明演説でこの問題について「早急に国民的な合意を目指して本格的な議論を進め、消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させるべく取り組む」と述べている。
 官房長官は「早急にと書かれており、議論はもちろん行う。通常は党税調の方で11月20日過ぎから議論が始まるが、津島税調会長、与謝野小委員長という布陣も決まったようなので、例年よりも早めに議論を始められると思う」と述べた。

自民党政権は、口を開けば「税制の抜本改革が必要だ」などとして、すぐ消費税の増税を持ち出してきます。マスメディアもそれにいっしょになって、「税制改革=消費税増税」という論調を張ります。

続きを読む "「税の議論」といえば消費税の増税ばかりという思考停止"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »