« 酉の市 | トップページ | 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか »

2007年11月23日 (金)

2008年東京『資本論』講座・無料ガイダンスのご案内

【この記事は、11月23日までトップに貼り付けておきます】

私が顔を出している東京学習会議『資本論』講座で今月23日午後1時半から、来年の講座の無料ガイダンス新宿農協会館(地図はこちら)で行います。

大きなテーマは「今なぜ『資本論』か」。新自由主義にもとづく「市場原理」政策のもとで、雇用・労働や環境などさまざまnな分野で規制が緩和・撤廃され、貧富の格差の拡大や、環境悪化などの問題が急速に深刻になっています。これらの現象を引き起こしている「資本」とはいったい何なのか。その向かう先には何が待ち受けているのか――それを大本から明らかにしたのが、マルクスの『資本論』だと思うのです。

今回のガイダンスは午前と午後の2部構成になっています。興味をお持ちになった方は午後のガイダンス講演をどうぞ。

◆午後のガイダンス講演の内容は――、

「映画にみる資本論の世界」
  講師:山田和夫さん(映画評論家)

「今、なぜ『資本論』か?」
  講師:山内清さん(国立鶴岡高専教授、第1部講座講師)

となっています。

また、これに先立ち、午前10時から同じ会場で、「より深く突っ込んで勉強してみたい」という方に向けた記念講演もあります。(こちらは無料ではなく、参加費1000円となります)

◆午前の記念講演は――、

「世界同時金融不安の背景と見通し」
  講師:今宮謙二さん(中央大学名誉教授、第3部講座講師)

「原理で見る、経済の諸問題」
  講師:宮川彰さん(首都大学東京教授、第2部講座講師)

東京学習会議『資本論』講座は、1月から毎月1回、第1部、第2部、第3部の各部ごとに、専門的な知見と、現代の諸問題に対する知見とを併せ持った多彩な講師による講義を行っています。

来年の『資本論』講座は、以下の先生方が講師を務める予定です。

第1部:山内清(鶴岡高専教授)、中川弘(福島大学名誉教授)、明石博行(駒沢大学教授)

第2部:宮川彰(首都大学東京教授)、川上則道(元都留文科大学教授)

第3部:中川弘(福島大学名誉教授)、今宮謙二(中央大学名誉教授)、常盤政治(慶応義塾大学名誉教授)

問い合わせは東京学習会議03(5842)5646(メールはこちら)まで。

|

« 酉の市 | トップページ | 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/16983482

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年東京『資本論』講座・無料ガイダンスのご案内:

» 自分の問題としての環境問題(上) [関係性]
 前回の「原発を考える(下)」でお二人の方からコメントを頂いた。先ず、その文章をお読みください。  投稿者:愚樵 http://gushou.blog51.fc2.com/  「TBありがとうございます。  >“お前達のために危険な原発を推進しているのが分からないのか”と主張する原発推進者の責任転嫁  前エントリーでこれを『資本の論理』と仰っていましたが、これに賛同すると同時に少し違和感も感じていました。というのも消費者としての私たちの側も、まるで無責任とは思えないからです。  現在の日本では電力需... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 午後 04時36分

« 酉の市 | トップページ | 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか »