« 「経団連を信じてしまった」(朝日新聞) | トップページ | 「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞) »

2007年11月 1日 (木)

アフガン米軍支援は「国際貢献」といえるのか

2001年9月のアメリカの同時多発テロに対するアフガニスタンへの米軍の報復戦争を支援するとして、自衛隊を「給油」活動に派兵していた「テロ対策特別措置法」が1日、期限切れとなりました。

政府は米軍への支援が「テロ対策」であり、したがって「国際貢献」だと主張して、特措法の延長や新法案に反対している野党各党を批判してきたわけですが、果たして、米軍の報復戦争が本当に「テロ対策」となっているかどうか、あまり検証されていないまま、議論が行われているように感じます。しかも、そのうえ、自衛隊の行った給油はアフガン関連だけでなく、イラク作戦でも使われていたというんだから、何をかいわんや。

「はぅ~っ! も~いいよ~っ! 自衛隊お持ち帰りぃ~っ!」て感じ。

さて、そんななかで、東京新聞が1日付から、「問う! 『給油新法』」という連続インタビューを始めました。その1回目はアフガンで医療活動に取り組んでいるNGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲さんです。第2回以降、どんな人が出てくるのかは知りませんが、中村さんの話は、さすが現地で医療活動をしている人だけあって、実情と本当に求められる「支援」は何か、ということが、よく分かる話だなあと思います。

東京新聞1日付「問う! 『給油新法』 現地の実情踏まえよ NGO『ペシャワール会』現地代表 中村哲さん(61)」

 アフガニスタンは今、大干ばつで国民の半分がまともに食べられない状況だ。日本ではそうした実情すら知られていないが、「タリバン=国際テロ組織=悪」とのつくられた図式は定着している。現地の実態を踏まえずに賛成・反対を言う論議は、哲学論争のようだ。
 アフガン国民は9割以上が農民や遊牧民。2000年以降は干ばつに襲われ、急速に国土の砂漠化が進んでいる。以前は100%近かった食料自給率は今年、3割を下回る可能性があり、国民は飢餓の恐怖で、戦争どころではない。
 そこへ爆弾の雨が降り、誤爆で多くの市民が犠牲になっている。ある建物にテロリストが潜んでいたなら、たとえ市民がいてもロケット砲が撃ち込まれる。それが「対テロ戦争」の実相だ。
 当然、米国などへの反感は広がっている。農村に根を下ろすタリバン勢力は、今や首都を包囲した状態。力でテロを抑え込むのは不可能だ。ただ、実態は国粋運動に近く、国外に広がりようはない。国際テロ組織と一部つながりがあっても、本質的に別物だ。
 アフガン国民の多くが自衛隊の給油活動を知ったのは最近のこと。今回の日本での延長問題が現地で報道されたからだ。従来、対日感情は非常に良く、私たちの活動もそれに支えられてきた。日露戦争、ヒロシマ・ナガサキ、非核三原則は、よく知られている。
 しかし、今や人々の目に日本の給油活動は、「殺人ほう助」のように映っているのではないか。民生支援をすると言っても、給油をしながらでは説得力に欠けるだろう。
 自衛隊の派遣は有害無益だ。日本は慌てず、まずは戦争に参加しないこと。それだけで積極的な意味がある。その上でかんがい事業など民生支援を独自にやればいい。
 対テロは、国際社会の要請だという声がある。しかし、その国際社会の中に、少なくともアフガンで苦しむ一般の民衆は含まれていない。

 なかむら・てつ 1946年福岡市生まれ、医師。国内の診療所勤務を経て、84年にパキスタン・ペシャワルに赴任した。ハンセン病を中心にアフガニスタン難民の医療活動に従事し、アフガン国内にも診療所を開設。2000年の大干ばつ後、大規模な農業用水路や井戸の整備なども進めている。「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞(03年)など受賞多数。

|

« 「経団連を信じてしまった」(朝日新聞) | トップページ | 「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞) »

コメント

自民は7日にもテロ特措新法を衆院で委員会採決するつもりとか。国会も会期延長するつもりらしいし、民主党が混乱している間にちゃっかり準備を進めているのがくやしい。テレビも民主党のニュースばっかりだし。現地ではカルザイ政権が政治的な解決の方向に動いているのに、日本が和解の足をひっぱる役割をするなんて、ぜひくいとめたいです。

投稿: yasuko_kanda | 2007年11月 6日 (火) 午後 09時59分

すみません。先のコメント、腹が立つあまりにぞんざいな言葉遣いになっておりました。失礼いたしました。

投稿: yasuko_kanda | 2007年11月 6日 (火) 午後 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/16983814

この記事へのトラックバック一覧です: アフガン米軍支援は「国際貢献」といえるのか:

« 「経団連を信じてしまった」(朝日新聞) | トップページ | 「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞) »