« 今年のネコ写真 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2007年12月16日 (日)

高尾山で紅葉を見る

仕事関係で知り合った友人のTさんが、出向期間が満了して、出身地の京都に戻ることになり、「東京の思い出に高尾山に行ってみたい」ということなので、いっしょに行ってきました。で、このさいだからと、やはり仕事関係で知っているKさんもお誘いし、3人で行ってきました。

ちなみに、Kさんの方は、ずっと以前からお顔は存じ上げていながら、残念ながらお話しする機会は全くなかったのですが、最近、思わぬところでお人柄の一端をうかがう機会があり、山歩きがご趣味ということを知ったので、この機会(どの?)にお誘いした、というわけです。

ちなみに、他にも何人かお誘いはしたのですが、みなさんご都合が合わなくて(なかには、「山はいやだ。平地がいい」ということをぬかしたおっしゃった方もおられましたが、標高も600㍍程度で、ケーブルカーやリフトだってあるのに全く………、いやまあそれぞれの趣味の問題ですから……ね)、3人のみでの高尾山となりました。

ルートは高尾山北側の1号路から。急な坂を上り、ヘアピンカーブを歩き、日ごろ運動不足のみには大変な道のりでしたが、それでも黄色や赤色に染まった葉の下を歩くのは、気持ちのいいものでした。途中、城見台で休憩していたときに、6月に開通した圏央道ジャンクションから自動車のザーッとした騒音がひっきりなしに響いてきたのには興ざめでしたが。こんな静謐な環境に、高速自動車道路を通して自動車の騒音を持ち込んで、あまつさえ、トンネルまで掘り抜こうとするなんて、それだけでも日本の道路行政がいかにイジョーか分かろうというものです。

それはさておき、ケーブルカーの駅を越えて、タコ杉の前を抜け、浄心門の前で参拝路には入らず、手前で右へ曲がってイヌブナ林のある4号路に入りました。高尾登山の“定番”たる参拝路に入らず、4号路に入ったのは、持っていったガイドブックに「4号路は落葉広葉樹が多い」とあったので、さぞ紅葉もきれいだろうと期待したのですが、実際にはそれほどでもなく、案内した手前のバツの悪さを感じながら歩きました。

そんなこんなをへて、やっとこさ山頂に着いたのですが、山頂は弁当を広げたり、宴会(?)をしている人で超満員。もうずっと人大杉! な状態でしたorz。

それでもやはり紅葉は見事で、3人で紅葉の写真をだいぶ撮ってきましたよ。

Takao

帰りは南側の6号路を歩いて降りてきました。途中は沢でぬかるんでいましたが、すべりもせず、修験者の滝行が行われることで有名な琵琶滝も見ながら、無事歩いてきました。

Tさんのいい思い出になるといいのですが。帰ってからも頑張ってほしいものです。

|

« 今年のネコ写真 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/17706828

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山で紅葉を見る:

« 今年のネコ写真 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »