« 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか | トップページ | 今年のネコ写真 »

2007年12月 2日 (日)

「生活保護水準以下世帯」解消の画期的方法

働いているのに、生活保護以下の水準しか収入がない、という貧困層の問題がここ最近、大きな社会問題になっていますが、厚生労働省の検討会議がそうした階層を解消する画期的な方法を編み出したそうです。

「生活保護:扶助基準の引き下げ容認 厚労省の検討会議」(毎日jp)

 生活保護費の見直しを議論していた厚生労働省の検討会議(座長・樋口美雄慶応大商学部教授)は30日、生活保護費のうち食費など日常生活にかかわる「生活扶助基準」の引き下げを容認する内容の報告書をまとめた。生活扶助基準の引き下げは、同基準と連動している低所得者向け低利貸付などの福祉施策や最低賃金にも影響する。厚労省は来年4月実施を目指すが、具体的な引き下げ額については「慎重に検討する」としている。
 07年7月現在の生活保護受給者は153万2385人。その7割以上が一人暮らしで、ほぼ半数が60歳以上。既に老齢加算が06年度に全廃され、母子加算も段階的削減され09年度に全廃されることが決まっている。しかし、生活扶助基準が、生活保護費を受けていない低所得世帯の消費実態に比べて高めだとの指摘もあり、見直しを検討してきた。
 報告書は、04年全国消費実態調査の結果を基に、収入が全世帯のうち下から1割の低所得世帯と生活保護世帯を比較。夫婦と子供1人の低所得世帯の月収は14万8781円だが、生活保護世帯の生活扶助費は1627円高い15万408円だった。また、60歳以上の一人暮らしも低所得世帯は6万2831円だが、生活保護世帯は8371円高い7万1209円だった。このため、低所得世帯の水準に引き下げることを事実上容認する内容になっている。
 生活保護制度は、地域の物価差などを基に、市町村ごとに受給基準額に差をつけている。最も高い東京都区部などと最も低い地方郡部などでは22.5%の格差があるが、報告書は「地域差は縮小傾向」と指摘した。
 検討会議は、小泉内閣時代の骨太の方針06(経済財政運営と構造改革に関する基本方針)に、08年度に生活扶助基準を見直すことが明記されたのを受け、先月中旬から行われていた。厚労省は今後、報告書の内容に沿って具体的な引き下げ内容を決め、厚労相が告示する。地域差を縮める形で引き下げるとみられる。【柴田朗】
 ▽生活扶助基準 飲食、衣料、光熱水費など、生活保護費の中でも基本となる費用の基準。このほか、生活保護受給者の実情に応じて住宅扶助、医療扶助、教育扶助などが加えられ、その総額が支給される。
(2007年11月30日11時33分 最終更新時間 11月30日18時16分)

要するに、生活保護を受けていない低所得者の収入が、生活保護を受けている人の収入より少ないから、生活保護の水準を引き下げよう、という話。

……………もう何だかね。アフォかと、ヴァカかと。そんなことやったら、確かに「生活保護水準以下の貧困層」は減るでしょうけど、貧困層自体は変わらないし、かえって生活保護の打ち切りでいっそう生活に苦しむ人が増えるだけですよ。こういう冷酷なことを、どうして平然とやれるのでしょうか、いややろうなんて発想さえできるのでしょうか!

|

« 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか | トップページ | 今年のネコ写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73960/17706189

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活保護水準以下世帯」解消の画期的方法:

« 「市場経済」をトータルにとらえる――なぜ今『資本論』なのか | トップページ | 今年のネコ写真 »