ニュース

2008年10月 8日 (水)

ノーベル物理学賞を益川教授ら日本人3氏が受賞

今年のノーベル物理学賞で、陽子や中性子など「素粒子」を構成する「クオーク」という物質が6種類あることを予見した≪小林・益川理論≫の小林誠教授、益川敏英教授と、やはり素粒子研究の南部陽一郎教授が受賞されました。3先生、おめでとうございます。

「ノーベル物理学賞:益川教授ら日本人3氏に授与」(毎日jp)

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、08年のノーベル物理学賞を、米シカゴ大の南部陽一郎名誉教授(87)=米国籍▽高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)の小林誠名誉教授(64)▽京都産業大理学部の益川敏英教授(68)の日本人3人に授与すると発表した。素粒子の理論で先駆的な役割を果たしたことが評価された。日本人のノーベル賞受賞は、02年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授(物理学賞)、田中耕一・島津製作所フェロー(化学賞)以来6年ぶりで、3氏を含め受賞者は計15人。物理学賞に限ると小柴氏に続き計7人となった。

続きを読む "ノーベル物理学賞を益川教授ら日本人3氏が受賞"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2008年3月15日 (土)

「サービス残業」が違法だということも知らない?「法律」家

無配慮な暴言を繰り返す自治体の首長が「歯に衣着せぬ」「辛口」などともてはやされる風潮が見られますが、東の都だけでなく、西の都にもそんな人が就任しましたね。

「橋下知事VS女性職員 若手対象の朝礼でバトル」(スポニチアネックス)

 大阪府の橋下徹知事(38)は13日午前、30歳以下の若手職員約330人を集め、初の朝礼を開催した。終盤には「朝礼を始業前にやるとなったとき、組合とかが超過勤務どうこう言ってきたら僕が現場を回り、勤務中のタバコ休憩や私語をした分、減額します」と“橋下節”がさく裂。女性職員(30)から「どれだけサービス残業していると思っているんですか!」とかみつかれる騒動を巻き起こした。

◆ 女性職員「現場バラバラにしている」と痛烈批判 ◆

 午前9時15分から始まった朝礼。序盤こそ「大阪を変えるには現場が変わらないといけない」など演説に終始していた橋下知事だったが、これだけでは終わらないところが“らしさ”なのか…。

続きを読む "「サービス残業」が違法だということも知らない?「法律」家"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

派遣法改正の声、国会にも広がる

「ワーキングプア」が大きな問題になっているなかで、非正規雇用を拡大する大きな要因となってきた「労働者派遣法」の改正を求める集会が、国会で開かれ、与野党の5政党から参加があったそうです。

「派遣法改正 今国会で/手元の残金月2万/やけどでも病院行けず/5党から参加 青年訴え/全労連が集会」(しんぶん赤旗)

 今国会で労働者派遣法の抜本改正を求める集会が二十七日、全労連の主催で衆院議員会館で開かれました。日本共産党、民主党、社民党の議員があいさつし、自民、公明の議員秘書らも出席。労組、学者、弁護士など幅広い参加者が一堂に会し、連帯して抜本改正を実現させようとの発言が相次ぎました。

続きを読む "派遣法改正の声、国会にも広がる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

「正社員化は0.2% 偽装請負で厚労省の指導後」(アサヒ・コム)

雇用の現場で、違法な「偽装請負」が大きな問題になっています。厚生労働省が是正を指導する必要があるわけですが、指導がされた後も、労働者の正社員化がほとんど進んでいないことが、分かりました。

asahi.com:「正社員化は0.2% 偽装請負で厚労省の指導後」

 違法な偽装請負をしたとして、厚生労働省から指導を受けた請負事業者の労働者のうち、指導後に発注先企業の正社員になれた人が全体の0.2%にとどまることが8日、厚労省の集計で分かった。派遣可能期間を超えて働いていた派遣労働者では、指導により派遣先の正社員になれた人はゼロ。厚労省の指導のあり方を問う声が高まりそうだ。

 同日の衆院予算委員会で、共産党の志位和夫氏の質問に答えた。06年12月に偽装請負で文書指導した219事業所の請負労働者8404人と、派遣期間の違反で文書指導した8事業所の派遣労働者74人について、厚労省が07年3月末の雇用状況を調べていた。

 集計によると、請負労働者の場合、発注先企業が直接雇ったのは全体の5.5%の467人で、そのうち雇用期間の定めがない正社員は18人だけ。32.2%の2708人は派遣労働者に切り替えられ、55.9%の4704人は請負労働者のままだった。離職者も4.2%の361人いた。

 期間制限を超えていた派遣労働者では、56.7%の42人が派遣先企業で直接雇用されたが、正社員は皆無。離職者は17.5%の13人。

 厚労省は「指導後の雇用形態まで指定して指導はできない」(需給調整事業課)としている。この日の委員会で舛添厚労相は「企業も、社会的な責任を果たしていますと胸を張っていえる企業になってほしい」と述べた。

続きを読む "「正社員化は0.2% 偽装請負で厚労省の指導後」(アサヒ・コム)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

マックの店長は「管理職とはいえない」! 残業代支払い命じる

ハンバーガーのマクドナルドの店長が「店長は管理職ではない」として、未払いの残業代の支払いを求めていたのに対して、東京地裁が請求を認める判決を出しました。

「マクドナルド残業代請求訴訟 権限なく管理職でない 熊谷の店長に755万円 東京地裁、支払い命じる」(埼玉新聞=共同通信)

続きを読む "マックの店長は「管理職とはいえない」! 残業代支払い命じる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

初もうでに「俺の婿」?

去年、作品をテレビで見ていた時には、ここまでの事態になろうとは……。

時事ドットコム:「『らき☆すた』で17万人増=鷲宮神社初詣で、あふれた参拝客-埼玉」

 あふれるほどの参拝客が来た-。埼玉県鷲宮町の鷲宮神社に正月三が日、初詣でをした人は昨年(約13万人)より約17万人増え、約30万人になったことが9日までに、県警の調べで分かった。同町は人気アニメ「らき☆すた」で町おこしを進めており、関係者は予想外の影響に驚きを隠せない様子だ。
 「らき☆すた」は、女子高生の普通の生活を描いた人気4コマ漫画で昨年アニメ化。主人公の双子姉妹が住むという設定の鷲宮神社には、多くのファンが訪れるようになった。
 三が日の参拝客は元日よりも2日、2日よりも3日と徐々に増えていき、若い人の姿が例年より目立ったという。鷲宮神社は「アニメの影響で知名度が上がり、参拝客があふれて日没になっても列が引かなかった」としている。

私は別にこの神社には行っていないし、行くつもりもなかったので、どれほどの混雑だったかは、テレビで知った程度ですが、この記事が翌10日付「しんぶん赤旗」の社会面(見開きの右側のページ)にまでカラー写真つきで掲載されていたのを見た時は、さすがに噴きましたwwww。デスクもよく決断したもんだwwww。

続きを読む "初もうでに「俺の婿」?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

「ソーセージ製法の古文書発見」(時事通信)

最近、食品の産地や賞味期限を偽装したり、使うべきでないものを使っていたり、というケシカラン事件が相次いで明らかになっています。私自身は、幼少のみぎりから郷里で慣れ親しんでいた「赤福」も30年ほど前から偽装していたニュースに、エラく衝撃を受けたわけなんですが(そういえば中学1年の時の水泳講習会で、泳ぎ疲れてあがったところに、「赤福」をお湯でといた“即席しるこ”をふるまわれたのを妙にハッキリ覚えているなあ)、食品の品質をめぐって、こんなニュースも明らかになりました。

時事ドットコム:「ソーセージ製法の古文書発見=ビール版の80年前に制定-独」

 【ベルリン4日時事】「ソーセージは混じり気のない新鮮な肉で作ること」-。ドイツの国民食ともいわれるソーセージの製法が、570年以上も前に本場の1つであるテューリンゲン地方で定められていたことを示す古文書がこのほど見つかり話題になっている。地元紙によると、アマチュア史家がワイマールの市政記録から発見した。
 1432年に制定された「ソーセージ純粋法」では、このほか「脾臓(ひぞう)や心臓、腎臓などを使ってはならない」などと規定している。
 ドイツではバイエルン公ウィルヘルム4世が1516年、添加物を入れたビールを醸造する業者を排除するために、「麦芽とホップと水しか使ってはならない」と命じた「ビール純粋法」が知られているが、ソーセージ版はこれより80年余り前に作られたことになる。

「ソーセージは新鮮な肉だけで」「ビールは麦芽とホップと水だけで」

ムムー。こちらはヨダレが止まらなくなる、なかなかケシカラン(笑)ニュースですが、それにしても、産地や品質の偽装問題は15世紀からあったということなのでしょうか。そうすると、背筋が寒くなってきますね………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

「離党期待 与党手ぐすね 『解散遠のいた』一転強気」(東京新聞)

民主党の小沢代表が福田首相と密室で会談し、連立協議についても検討するため、党に持ち帰ったら総スカンをくらった……というニュースがありましたが、小沢さんは「不信任を突きつけられた」として辞任を表明。何だかなあ。

与党は大喜びのようです。

「離党期待 与党手ぐすね 『解散遠のいた』一転強気」(東京新聞)

続きを読む "「離党期待 与党手ぐすね 『解散遠のいた』一転強気」(東京新聞)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞)

さて、「テロ対策」という美名が体を表しているとはいえるのかい、という特措法が期限切れを迎え、新法案の実態もこれから国会の審議で改めて明らかにされようとしているさなかに、「何じゃあこりゃあ!?」と腹をおさえた手をじっと見てしまいそうなニュースが。

「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞=共同通信)

 福田康夫首相(自民党総裁)と民主党の小沢一郎代表は2日午後、国会内で2度目の党首会談を行った。首相は連立政権樹立に向け協議することを提案。小沢氏は回答を保留し持ち帰ったが、民主党は同日夜の役員会で、国民の理解を得られないとして提案を拒否する方針を決定、小沢氏は電話で首相に伝えた。
 今後、自民、民主両党対立激化に加え、公明党も距離を置くことが予想され、首相の政権運営は厳しさを増しそうだ。小沢氏も会談で直ちに拒否しなかったことから、求心力低下は必至。第1党と第2党による「大連立構想」が表面化。今回実現しなかったものの、今後の政局が政界再編含みで展開するのは間違いない。
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者団に連立協議を拒否した理由について「大連立は大政翼賛会的で(国民の)批判を受ける」と説明した。

いやはや。何でこんな発想が出てきたのやら。思えば30日に福田首相と小沢代表が“密室”で会談したとき(小沢さんは「密室じゃない」と話してましたけど、2党だけで会談して、その中身が全く分からないまま、国会の討論まで延期しちゃったんだから、密室としかいいようがないでしょ)、どうもアヤシイ感じがしましたけど、こういうことだったわけなのね。

続きを読む "「首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否」(東京新聞)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

♪みっくみくにし~てやられ~~

最近、「初音ミク」さんという名前が、世間(の一部?)で騒がれるようになりました。ご存知でしょうか?

といっても、どっかの俳優でもタレントでも、何かの選手でもないのでして、というか人間ではなく、楽譜と歌詞を入力すると、女性の声で歌を歌うというソフトウェアの名前なのですが。相当人気なのそうです。

「初音ミク」の公式サイトはこちら。(デモ用の歌も聴けます)

で、初音ミクを特集した雑誌も3日で完売したとか!

J-CASTニュース「『初音ミク』特集雑誌3日で完売 ヤフオク、アマゾンで3倍の価格も」

続きを読む "♪みっくみくにし~てやられ~~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧